転職サイト

マイナビジョブ20‘sの電話だけで転職可能?利用するメリットを紹介!

マイナビジョブ20‘sの電話面談

マイナビジョブ20‘sで電話サポートは受けられるのか迷っていませんか?

電話サポートを受けたい人には「地方で拠点に行けない」「仕事が忙しくて面談するのがしんどい」など色々な理由があると思います。

結論から言うと、そんな理由があって電話サポートを利用したい人にとって、マイナビジョブ20‘sの利用はおすすめです。

 

この記事ではマイナビジョブ20‘sの電話面談の受ける流れや、利用するメリットなどを詳しく解説していきます。

マイナビジョブ20‘sの電話サポートの利用を検討している方は参考にしてください。

 

マイナビジョブ20‘sの電話面談を受ける前に知っておきたいこと

ここではマイナビジョブ20‘sで電話サポートを受ける前に知っておきたいことを紹介します。

電話面談を利用しよう」と思っている方は参考にしてください。

紹介する内容は以下になります。

それぞれ詳しく解説していきます。

 

マイナビジョブ20‘sの電話番号【拠点別に紹介】

ここではマイナビジョブ20‘sの電話番号を紹介します。

東京本社 0120-779-500
横浜支社 0120-956-493
名古屋支社 0120-750-153
大阪支社 0120-982-799

基本的にはそこまで利用することはないでしょう。

というのも、サポートを受け始めるとあなたの担当者の連絡先から電話が来るようになるからです。

そもそも、支社に電話やフリーダイヤルに電話していたら、小回りの利かない転職になってしまいます。

 

なので、そこまでマイナジョブ20‘sの電話番号を気にする必要はありません。

むしろ、電話サポートでもフリーダイヤル利用しない可能性が大です。

 

電話で対応してもらえる曜日・時間帯

マイナビジョブ20‘sの運営している時間は以下になります。

運営時間 9:15~17:45
定休日 土・日・祝、年末年始

注意点としては、あまり閉まるギリギリに連絡はしないでください。

おそらく、Webからの申し込みであれば、担当のアドバイザーが調整してくれますが、あまりにもギリギリの時間帯に面談を予約をするのは辞めましょう。

 

営業終了時間だと、どうしてもサポートの途中で終了してしまったりしてしまううからです。

万が一、営業終了間際に連絡するなら、一度メールなどで電話するのが可能か質問してみることをおすすめします。

 

マイナビジョブ20‘s電話だけのサポートはそもそも可能なのか?

マイナビジョブ20‘sでは電話だけでの転職サポートは可能です。

実際に公式サイトでは下記の記載もされていました。

マイナビジョブ20‘s電話面談の記載

なので、仕事が忙しい人であったり、地方で面談会場に出向くことができない方も安心して利用すると良いです。

また、電話だけのサポートだけでなく、Webカメラを利用した面談の実施なども実施されています。

なので、お互いの表情を把握しながらサポートを受けることも可能です。

 

マイナビジョブ20‘sの電話サポートを利用するメリット・デメリット

マイナビジョブ20‘sの電話面談のメリット・デメリット

ここでは実際に電話サポートを利用するメリットとデメリットを紹介していきます。

実際、手軽に転職進められる電話サポートを受けたいけど、直接受けるのとは何が違うのか知りたい方は参考してください。

マイナビジョブ20‘sの電話サポートを利用するメリット・デメリットは以下にまとめました。

それぞれ詳しく解説していきます。

 

デメリット1.やはり直接の方がサポートの質は良い

電話サポートはどうしても丁寧なサポートを受けられるのに限界があります。

というのも、電話だと伝えて貰える情報量が少ないからです。

例えば、面接対策では対面サポートを利用していると、どういった振る舞い方が良いのかまでアドバイスを受けることができます。

 

しかし、電話の場合は「こういった質問をされたら、このように答えましょう」など、振る舞い方など実際に見て教えてもらえないと限界があります。

なので、徹底的に丁寧なサポートを受けたい時は、直接サポートと電話サポートのハイブリッドで進めるのがおすすめです。

 

デメリット2.業務的な転職になる可能性が高い

また、電話サポートの場合は直接サポートより質が落ちるのと似ていますが、どうしてもサポートが業務的になります。

これは「デメリット1」で解説した通り、電話だけだとアドバイスの範囲が限定されるからです。

 

なので、ある程度の転職の進め方や面接対策などが終わると、紹介を求人するのがメインだけの業務的なサポートになります。

電話サポートがマンネリ化してきたりした場合は、居住地から近い支社でサポートをしてもらうと良いでしょう。

 

メリット1.手軽に利用できる

まず、電話面談のメリットとしては手軽に利用できるということです。

どうしても、仕事などが忙しい方もいるでしょう。

そんな方は電話面談の利用がおすすめです。

 

基本的に電話面談は面談場所に向かわなくも大丈夫なこともありますが、面談時間自体も少なくなります。

これは電話面談のデメリットにもなりますが、効率的に転職活動を進められるメリットでもあります。

 

メリット2.サービス内容が合わなかった時のリスクが低い

また、電話面談の場合は万が一、マイナビジョブ20‘sのサポートが合わなくてもすぐに退会することができます。

マイナビジョブ20‘sも含め、転職エージェント利用者は以下の理由で退会を選ぶことが多いです。

退会する理由

  • サポートスタイルが合わない
  • 自分に合う求人がない

上記の2つの理由で転職エージェントの利用を辞める人は多いです。

直接面談の場合は退会するまでに、この2つを判断するために支社に通うなど、色々なコストをかけないといけません。

 

しかし、電話面談の場合は手軽に自分に合っているか判断することも可能なので、お試し感覚で利用できるメリットがあります。

自分に合ったサービスをしっかりと見極めたうえで利用したい方はぜひ電話サポートを利用すると良いでしょう。

 

マイナビジョブ20‘sの電話サポートを利用する流れ

マイナビジョブ20‘s電話面談の申し込み法

ここではマイナビジョブ20‘sの電話面談を受ける流れを解説していきます。

電話面談をどのようにお願いすればいいのか知りたい方は参考にしてください。

電話サポートを申し込む手順は以下になります。

簡単な流れ

  • Web申し込み
  • 担当者から連絡が入る(面談日を決めるため)
  • 直接面談を受けるのが難しいと伝える
  • 電話面談になる

普通であればstep2の担当者からの連絡で、どの日にちに面談が可能なのかがメールか電話で来ます。

その際に直接いけない旨を伝え、電話が可能かを聞きましょう。

この電話面談をお願いする理由ですが「仕事が忙しい」「地方で行くことができない」など、できるだけ正直な理由が良いです。

 

というのも、結局サポートを継続して受けるとなると、バレてしまうからです。

電話面談をするのはマイナビジョブ20‘sも珍しいことではないので、気楽な気持ちで頼むと良いでしょう。

 

まとめ、、マイナビジョブ20‘sの電話面談を受けるのがおすすめな人

マイナビジョブ20‘sの電話サポートの利用がおっすめな人は下記になります。

電話サポートがおすすめな人

  • 地方で拠点に行けない
  • 仕事が忙しくて拠点に行けない
  • まずはお試しから利用したい
  • 気軽に利用してみたい

上記に当てはまる人はぜひ、マイナビジョブ20‘sの電話面談を利用してみてください。

サポートは直接の面談よりは劣るものの、それでも十分に利用する価値はあります。

転職活動で役立つことは間違いありません。

 

また、マイナビジョブ20‘sに登録すると、年間数千人が利用している適正診断を利用することができます。

この適正診断を受けることによって、職務経歴書を効率よく作成できたり、自分がどういった仕事で強みを発揮できるのかが15分ほどでわかります。

この診断を受けるだけでも転職では大いに役立つので、ぜひ利用しようと思っている方は活用してください。

>>マイナビ20‘sの利用の申し込みはこちら

 

コロナ時代は転職エージェントが必須!

転職エージェント

転職サイトを見れば求人はたくさんあります。しかし、優良企業はごくわずかなんですよね。。。

働いてみるとブラック企業…ということがあるのも現状です。

また、コロナの影響もあり優良な求人は減っています。

できるだけ情報を掴んで求人を探す必要があります。

今、転職を成功させるためには、転職エージェントが必須の時代です。

ただ、転職エージェントは100を超える会社があります。

おすすめのエージェントや選び方については↓でまとめているのでチェックしてみてください。

>>おすすめ転職エージェント16選&正しい選び方!!

エージェントはもちろん無料で利用できるので、少しでも良い企業に転職したい場合は、使っておいて損はないでしょう。

-転職サイト

Copyright© キャリアの城 , 2020 All Rights Reserved.