転職知識

社内ニートが転職するのは危険?するべきことがない原因と対策を紹介!

更新日:

会社に行ってもやることがない社内ニートを脱出したいですか?

転職しか手段がないのか?」そう思っている方も一度冷静になって、本記事に目を通してください。

 

社内ニートが転職するのは、最終手段です。

転職を決意する前に、どうやって社内ニートの現状を脱するかを考えたほうが一番安全的な手段であり、リスクもありません。

 

 

転職するにしてもメリット・デメリットがあり、そこを把握しておかないと転職してもまた、新しい職場でも社内ニートまたは、劣悪な環境で働くことになってしま可能性があります。

 

今回はそんな社内ニートが転職するメリットやデメリット、また社内ニートになってしまう人の特徴や、根本的な原因を解説していきます。

記事後半では、どうしても転職する選択した方のための、最適な転職方法も紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

 

目次

社内ニートになってしまう原因

社内ニートになってしまう原因は以下になります。

  • 仕事量が少ない
  • 仕事の難易度が簡単
  • 仕事を貰おうとしない

 

基本的にはこの状態が当てはまってしまうと、どんどん仕事をしないという悪循環に陥ってしまいます。

社内ニートは仕事量も少なく、任される仕事もさほど重要でないことが多いです。

 

重要であれば、もっと社内での評価もあり、仕事もある程度は暇にならないくらい任されているはずです。

社内ニートの原因が当てはまっている状態では、実績上げたり仕事スキルを身に着けるのも難しいので、キャリアアップにも繋がりません。

ある程度、現職で働いた期間が長くなったとしても、役職にもなかなか就けず、転職しようとしてもアピールできる部分がない状態になってしまいます。

 

警告!意識が高くても社内ニートになってしまう原因2選

ここでは「社内ニートになってしまう原因」には当てはらない、例外パターンの原因2選を紹介します。

  • 新卒社員に多い!会社が忙しすぎるパターン
  • 職場の人にいじめられているパターン

この2つをそれぞれ詳しく解説していきます。

 

ぜひ「当てはまっているかな?」と感じた方はその対処法も紹介するので、目を通していってください。

 

新卒社員に多い!会社が忙しすぎるパターン

 

会社が人手不足や忙しい場合、部下の面倒を見切れず放置されてしまうパターンです。

右も左もわからない新卒社員が社内ニートになってしまう人に、このパターンが多い傾向があります。

 

新卒社員を教育するほどの時間的に余裕がないと、会社側も新卒社員に振る仕事を簡単にせざるえません。

結果、新卒社員は「やりがいを感じない」「面白くない」「何のために会社に入ったかわからない」という心理になってしまうのです。

 

この場合は、どうしても新卒社員の面倒を見る上司が気を遣う余裕がないので、新卒社員から能動的に仕事を貰いに行くのが一番の解決策になります。

 

上司も常に新しい仕事を新卒社員に振っていくにつれて、その人の力量を把握してくれます。

把握してくれた後は、新卒社員の力量に合った仕事を徐々に振ってくれるようになるでしょう。

 

職場の人にいじめられているパターン

上司から、理不尽に嫌われているパターンです。

いわゆる窓際族に追い込まれたりされている状態です。

 

この場合は、上司と話し合い仲良くするのが解決策の一つですが、このパターンに当てはまるほとんどの人は実践するのを難しいと感じているはずです。

難しいと感じた方はもう一つの選択肢を検討してみてください。

 

もう一つの選択肢とは、転職活動をしてしまうという方法です。

どうしても、解決できないのであれば職場を変えてしまうのが一番手っ取り早いでしょう。

 

後半にはそんな社内ニート向けの転職方法も紹介するので参考にしてみてください。

 

社内ニートになってしまう人の特徴5選

 

ここでは社内ニートになってしまう人の特徴について解説します。

どんな特徴になってしまえば、社内ニートの原因を呼び起こしてしまうのか、自分に当てはまっていないか確認してみてください。

 

以下がその社内ニートになってしまう人の特徴です。

  • 上司とのコミュニケーションが苦手
  • 仕事に対してのやりがいがない
  • 器用貧乏である
  • キャリアアップしようとしない
  • 指示通り動けない

 

詳しく解説していくので、自分がどういう特徴を持っていて社内ニートになってしまったか、確認してみてください。

自分の特徴を知ることによって、どこを治せば社内ニートから脱出できるかのヒントにしてください。

 

上司とのコミュニケーションが苦手

上司と上手く連携が取れていないと、仕事を振ってくれる量は少なくなります。

この上司との上手く連携が取れていない原因は2つあります。

  • 自分自身のコミュニケーション能力が低い
  • 会社が年功序列で意見が言いずらい

このように2つの要因のどちらかで上司との連携が取りずらくなってしまいます。

 

自分自身のコミュニケーション能力が低い

この場合は自分自身を変えるしか、方法はありません。

コミュニケーション能力は会社に属している限り、最低限は必要になってきます。

 

例え、転職して職場が変わっても、同じような状況が起きてしまう可能性が大きいです。

もちろん、人によって連携が取れやすい、取れにくいという原因はあります。

 

  • 意見を言うところで言えない
  • 質問するのにためらって、していない
  • 過度に上司を怖がっている
  • 状況説明が上手でない

上に当てはまっている場合は一度、上司との関わり方を振り返って、できるだけ改善する努力をしてみましょう。

 

会社が年功序列で意見が言いずらい

歴史が長い企業などでは年功序列を重んじるところがあります。

若手の意見を取り入れるよりも、経験を重要視する会社です。

 

この場合は、上司から気に入られるように努力していきます。

媚を売りまくるというよりは、仲良くなるイメージで大丈夫です。

 

自分が満足できる仕事量を振ってもらえるくらいまで、良好なコミュニケーションを取っていく努力をしていきましょう。

 

仕事に対してのやりがいがない

仕事に対してやりがいがない状態は社内ニートになる通過点です。

仕事にやりがいがないと、「社内ニートになる原因」でも紹介した「仕事量が少ない」「仕事を貰おうとしない」に繋がります。

 

この場合に当てはまる方は、できるだけ社内ニートになる前に転職するか、しないかを考えたほうが良いでしょう。

ただ、仕事にも得意、不得意というものがあります。

 

仕事への思い 仕事の相性 将来性
やりがいを感じている 悪い キャリアアップは望めない
やりがいを感じない 良い キャリアアップできる

 

この表のように、仕事には相性があり、やりがいは感じないが今の仕事を続けたほうが将来的に良い場合もあります。

もちろん、やりがいを感じて仕事ができ、自分のスキルも活かせれば、仕事そのものに対して充実感を得ることができるでしょう。

 

ただ、仕事に対しやりがいを感じ、かつ自分のスキルを活かせる仕事を見るつけるのは難しいです。

それなりのキャリアも必要ですし、求めらるスキルも多くあるからです。

 

なので、もし新しいやりがいを求めて転職するのであれば、自己分析などを入念に行い、自分の合っているいる仕事を把握してから転職活動するようにしましょう。

転職エージェントサービスなどの面談でもいろいろアドバイスをもらえたりするので、利用してみるのもおすすめします。

>>自分に合った転職エージェントを探すのならこちら

【2019年最新】おすすめ転職エージェントランキング16選!人気の転職サイトと比較!

 

キャリアアップしようとしない

キャリアアップする気がないということは、立場的に仕事を無難にこなせばいいということになります。

社内ニートも仕事を集中してすることはありません。

 

なぜなら、仕事も少なく全力での力で仕事を終わらせる必要がないからです。

 

キャリアアップしようとしない状態というのは、非常に社内ニートと似ている状態です。

最終的には、上司からも無難な仕事しか任されないようになり、社内ニートになってしまいます。

 

指示通りの仕事ができない

仕事で言われたこと以上のことをするのも、指示されたことができてからです。

仕事意識が高い人に多いミスなのですが、指示されたこともこなせていないのに、その先の仕事をしようする傾向があります。

 

結果、任された仕事も中途半端になり、上司からの評価も下がって任される仕事が少なくなっていきます。

「仕事に対してやりがいがない」の表でもあったように、「仕事にやりがいはあるが、キャリアアップは望めない」に当てはまります。

 

まず、自分がそうなっていると感じたのであれば、日頃の仕事から上司に確認を取る回数を増やしたり、落ち着いて仕事をする努力をしましょう。

もし、自分には今の仕事が相性が悪いと感じたのであれば、転職という手段も考えてください。

 

もちろん、転職を考えるのであれば自己分析からしっかりしましょう。

 

社内ニートは「転職するか・しないか」しかない

社内ニートになってしまった場合「転職するか・しないか」の選択肢しかありません。

転職しない場合は、勤めている会社でいかに仕事を貰うように努力して、仕事のない状態を打破するしかないのです。

 

もう一つは、新天地でもっと自分のスキルを使ってもらう選択肢です。

基本的に中途採用は即戦力として採用されるパターンがほとんどなので、うまく転職すればそれだけで社内ニートの毎日から脱出できます。

 

どちらもメリット、デメリットがあり次の章で詳しく解説していきます。

転職するメリットとデメリットを知って、選択肢を間違わないようにしましょう。

 

社内ニートが転職したときのメリット・デメリット

 

主にここでは転職したときのメリット・デメリットを紹介します。

社内ニートが転職したときにどのようなメリットがあり、どのようなデメリットがあるのか知っていきましょう。

 

転職するデメリット

転職する際の一番大きなデメリットととしては転職したとしても、自分がまたやりがいであったり、理想としていた働き方を実現できない可能性があるということです。

 

【転職失敗談】

SE 26歳 男性

前職では社内ニート状態で、会社にいても暇な状態が続くだけでした。1日に任される仕事量は朝出社して昼前までに終わるくらいです。昼までに終わる仕事をダラダラ行い長引かしたり、それでも退勤時間まで時間が余ってしまうので上司の目を盗みネットサーフィンをする日々でした。

さすがにこの状態を続けても将来性がないと感じ、思い切って転職を決意しました。しかし、急いで転職したせいもあるのですが転職先では超が付くほどのブラック企業でした。サービス残業が当たり前ですし、一日の仕事量もかなり多かったです。結局、2回目の転職することを決めました。2回目の転職は、前の転職の失敗を教訓にして、転職エージェントなどを複数登録し選択肢を増やす工夫をしました。

応募する企業の質を選んだ結果、採用選考で落とされてしまう企業も多かったですが、今では無事に転職ができ心地よい疲労感がある職場で働けています。初めのころは、給与も社内ニートの頃よりは少なかったのですが、今では実績も評価され、社内ニート時代の給与も超えました。

一回目の転職は遠回りでしたが、めげずに2回目の転職活動をしてよかったです。

 

この方のように安直に転職をしてしまい、劣悪な労働条件のもと働かなければいけなくなった方もいます。

転職をしたからと言って、絶対に今の状況より改善されるというわけではありません。

 

中には、普通に働いてみたけど、社内ニートの方が全然良かったという声もありました。

 

 

上の画像はGoogleサジェストキーワードと言われ、検索されている回数が多いキーワードをgoogleが選定して表示しているものです。

 

検索窓に「社内ニート」と打ち込んだのですが、サジェストキーワード欄に「社内ニート なりたい」というキーワードが出てきているのがわかると思います。

丁度、赤枠で囲っている部分です。

 

ここからわかることは、今現在にも社内ニートになりたいと思っている方も多く存在するということです。

いかに、いま働いている人たちが自分とマッチした仕事と出会うのが難しいかということがわかります。

 

安易に現状が嫌で転職しても、自分が納得できる仕事に就くのは難しいということなのです。

 

転職したときのメリット

社内ニートが転職したときのメリットは、今の仕事に対する不満の全てを解決できる可能性を秘めているということです。

また、給与アップなどの労働条件も良くなる付加価値もついてくる可能性もあります。

 

「転職したときのデメリット」では自分に合った職場を探すのが難しいと散々解説しました。

 

ですが、自分に合った職場に転職できさえすれば、今までとは一味も二味も違う仕事へのやりがいであったり、楽しさを感じれます。

先ほどの口コミでも、1回目の転職先では失敗しましたが、2回目の転職で見事やりがいのある仕事を見つけ、社内ニートの頃よりも労働条件も良くなっています。

 

このように、転職には失敗するリスクもありますが、反対にちゃんとした転職活動を行えば、自分にマッチした仕事に転職できるということです。

 

今日から試そう!社内ニートから脱出する過ごし方

 

ここでは社内ニートが職場でどういう日々を送っていけば、現状から脱出できるかの具体的な過ごし方を紹介します。

実際に、社内ニートの方に試してもらい、改善できたことは確認済みです。

 

一つずつ具体的に解説していきますので、ぜひ自分が今どの状態にいるのか比較しながら取り入れていってください。

1日の過ごし方の全体像は以下になります。

  1. 上司とのコミュニケーションを図る
  2. 仕事を普段より早く終わらせていく
  3. 徐々に仕事量を増やしていく
  4. 社内ニートから脱出 or できない

 

コツとしてはすべてを一気に試さず、一つずつ無理なく着実にこなすようにしてください。

いきなり、全部を試そうとすると、モチベーションも続かなくなるからです。

 

最初は「少し物足りない」くらいから始めていくと良いでしょう。

それでは詳しく解説していきます。

 

【1ステップ】上司とのコミュニケーションを図る

まずは、仕事を振ってもらえない上司とコミュニケーションを図ります。

挨拶するのも苦手な状態でしたら、挨拶を普通にできるように心がけていくなどで構いません。

 

段々と仲良くなっていくイメージで行っていきましょう。

上司とコミュニケーションが取れるということは、仕事でも連携が取れるということになってくるので仕事を振ってもらいやすくなります。

 

また、媚を売るわけではないのですが、上司と仲良くしておくと評価も上がりやすくなるので、キャリアアップにも繋がりやすくなります。

 

【2ステップ】仕事を普段より早く終わらしていく

仕事を普段よりだんだんと早く終わらしていきます。

いきなり早く終わらせてしまうと上司から「今まではサボっていた」と思われてしまうので、さりげなく早く終わらせていきましょう。

 

普段より2割増しで早くしていくなど、だんだんと仕事が慣れてきたように上司に錯覚させていきます。

くれぐれも早く終わりすぎて、今までサボっていたという印象は残さないように気を付けてください。

 

【3ステップ】徐々に仕事量を増やしていく

仕事をだんだんと早く終わらせていくと、当然ですが時間が余ります。

そんな時に上司の仕事を手伝ったり、他に何か仕事がないか聞きに行きましょう。

 

その時に、上司とのコミュニケーションが活きてきます。

上司とコミュニケーションが取れているのであれば、上司も喜びながらあなたに仕事をくれるでしょう。

 

【4ステップ】社内ニートから脱出

この作業を2か月くらい続けていくと、社内ニートをしていたころの仕事量よりもはるかに増えているでしょう。

もし、あなたが2か月も努力して現状が変わらないのであれば、社内ニートのもう一つの選択肢である転職を考えなければいけません。

 

または、1~4もステップもすべてこなせなかった場合もです。

ステップ1から4を試そうと歩み寄ろうとしたのにかかわらず、それを上司ないし会社の人は拒んできたというのであれば、改善の余地がありません。

転職して新しい環境に身を置くのが良いでしょう。

 

次の章では実際に社内ニートであれば、どういった転職方法がおすすめなのかについて紹介します。

また、転職するかしないかで迷っている方にもおすすめな方法なので、ぜひ目を通していってください。

 

社内ニートにおすすめ転職方法

社内ニートが実際の転職活動で困ってしまうのは、転職理由自己PRなどの部分です。

どうしても、社内ニートの場合、普通の会社員よりもアピールポイントを探すのに苦労してしまいます。

 

一番、簡単な方法としては「転職エージェントのアドバイザーに頼り切ってしまうという方法」です。

 

転職エージェントのアドバイザーはいわば、転職のプロです。

面談などをもとに、あなたの自己PRポイントであったり、退職理由などを上手に伝える方法を提案してくれます。

 

また、転職エージェントは転職するかしないかを迷っている方にもいろいろと相談に乗ってくれるので、ぜひ利用してもらいたいです。

利用するのも無料なので、ぜひ使い倒してください。

 

次の章では、そんな社内ニートでも転職を成功させる、または転職するかしないかの正しい選択を手伝ってくれる、おすすめ転職エージェントを紹介します。

 

【社内ニート向け】おすすめ転職エージェント5選

リクルートエージェント【膨大なデータをもとにアドバイス】

 

株式会社リクルートキャリアが提供してくれるサービスの一つです。

リクルートの他サービス「リクナビNEXT(求人サイト)」は自分でたくさんの仕事を探さないといけない手間があります。

しかし、リクルートエージェントは、膨大なリクルートの求人の中からエージェントがあなたに合った求人を見つけてくれます。

 

転職支援実績No.1」というのもエージェントたちの「サポートの質の高さ」と「紹介できる求人の多さ」の裏付けでしょう。

 

圧倒的な求人の多さが売りなので、他のエージェントや転職サイトの求人数が少ない時の補助的な役割で登録する方も多いようです。

転職活動を始めるならまず登録することをおすすめします。

 

 

doda【アドバイザーの質をこだわるなら】

 

求人数も多く、特に以下の通信、営業、企画系の3つがdodaの転職先では人気です。

もちろん、大手ということもあり、上3つの職種以外にも多くの求人があります。

 

エージェントのサポートの質には定評があるものの、あくまでどこかの業界に特化した転職サービスではないので、専門性の高い職業ではエージェントの知識不足があるという不満点を持つ利用者もいます。

 

担当してもらうアドバイザーには知識不足という当たりはずれはあるものの、優れたサポートには定評があるので「転職は初めてでどのように対策すればいいのかわからない」と思っている方は、丁寧にサポートしてくれるdodaはおすすめです。

 

 

マイナビエージェント【20代におすすめ】

 

20代利用者の信頼度がNO.1 という実績があります。

 

マイナビエージェントはサポートが手厚く、求人数が大手業界の3、4番手あたりにもかかわらず、満足度が一番高いのが特徴的です。

サポートが手厚い分、エージェントとのやりとりも多いので、中には頻度が多すぎて重たいと思ってしまう方もいるようです。

 

また、中小企業の独占求人も他のサービスよりかなり多く取り扱っており、優良企業と巡り合う可能性も高いと言われています。

20代で転職のプロと綿密な話し合いをして、しっかりと企業を選びたい方には必ず登録してほしいサービスになります。

 

 

ビズリーチ【スキルに自信があるのであれば】

 

ビズリーチはキャリアアップできる高収入の求人が多いのが特徴です。

ただ、やはり給料が良い求人をメインに扱っているだけあって、求められるスキルレベルも高いです。

 

市場を調べるために利用してみるのは良いのかもしれんませんが、あまりスキルなどに自信がないのであれば他の大手のサービスを利用したほうが良いでしょう。

 

また、転職をサポートしてくれるヘッドハンターを選べるという点でも、あらかじめ自分が転職したい職業に強い人を選べるのは大きなメリットです。

無料では完全に利用しきれないサービスもあるのですが、有料だからこその質の高いサービスを提供してくれます。

 

 

ウズキャリ【既卒の方におすすめ】

 

転職をする方にはブラック企業に就職してしまうのは避けたいと思っているのが普通でしょう。

初めての正社員や、前職がブラック企業で退職された方は転職活動をするうえでは大部分を占める不安要素です。

 

ウズキャリではそんなブラック企業の求人を徹底的に排除しているのが特徴なサービスです。

 

紹介する求人には、離職率や労働時間、雇用形態などの基準を設けているだけでなく、ウズキャリ経由で入社した方からのフィードバックによってブラック企業をできるだけ紹介しない点も好感をもてます。

 

どの会社がブラックかそうでないか判断するのがめんどくさいと思っている方は、徹底的にホワイト、働きやすい職場を紹介してくれるウズキャリがおすすめです。

 

 

最後に、、、正しい転職活動にしよう

社内ニートについて詳しく紹介させていただきました。

どういった選択肢をとれば、自分は良いのかと少しでもヒントを見つけれたら幸いです。

 

下の表は、先ほど紹介した転職エージェントをまとめた表になります。

サービス名 特徴
リクルートエージェント 支援実績から的確なサポート受けるのであれば
doda アドバイザーが平均的に優秀、支援実績も多数あり
マイナビエージェント 20代の信頼度No.1
ビズリーチ 満足度の高い手厚いサポートに定評あり
ウズキャリ既卒 既卒でブラック企業に当たりたくない方におすすめ

 

注意点としては、できるだけ転職エージェントを利用する時は複数登録するようにしましょう。

転職エージェントのアドバイザーも結局は人です。

 

あなたに合う合わないというものがあります。

一つの転職エージェントサービスのアドバイザーと合わなかったからと言って、他のエージェントの利用を辞めるのはすごくもったいないことです。

 

むしろ、自分に合うアドバイザーが見つかるまで登録して利用することをおすすめします。

 

複数登録して、しっかりと自分に合った転職エージェントを選んでください。

 

転職エージェントを詳しくまとめたページはこちらです。

>>【2019年最新】おすすめ転職エージェントランキング16選!人気の転職サイトと比較!

-転職知識

Copyright© 就活と転職情報が集うキャリアの城 , 2019 All Rights Reserved.