転職サイト

リクルートエージェントの書類選考が通らない!平均的な通過率はどれくらい?

リクルートエージェント 書類選考

リクルートエージェントの書類選考について以下のように思っていませんか?

  • 選考に通らない
  • 一般的な通過率はどのくらい?
  • 結果が出るのが遅い
  • 対処法はあるのか?

上記のような疑問はよくあることです。

 

そこで本記事ではリクルートエージェントの書類選考に落とされる理由や対処法、通過率など詳しく解説します。

書類選考について詳しく知りたい方は参考にしてください。

 

リクルートエージェントの書類選考に通らない理由

リクルートエージェントの求人で書類選考が通過しないのには理由があります。

主に理由は以下になります。

通らない理由

  • 希望する範囲が限定的すぎる
  • 企業側にあミスマッチな人材だと思われている
  • アドバイザーの力不足

それぞれ詳しく解説していくので、なぜ書類選考に落ちるのか知りたい方は参考にしてください。

 

希望する範囲が限定的すぎる

まず、応募する求人が少ない場合です。

どんなに職務経歴書を整えようが100%選考に通過するなんてことはありません。

例えば、希望転職期間を半年だったりにしていると、そもそもの応募する求人数が少ないこともあります。

 

応募する求人数を増やしたら書類選考に通ったということは珍しくありません。

もし、希望転職期間が半年以上だったりする場合は、応募している企業数がそもそも少なくないか疑ってください。

 

企業側にあミスマッチな人材だと思われている

紹介してもらった求人があなたのキャリアとミスマッチしていると、書類選考に落とされる可能性は高いです。

特に、職務経歴書をテンプレート化し、使いまわしている人には注意していください。

当たり前ですが、企業によって求める人材像というのは違います。

 

応募企業ごとに職務経歴書を書き換えるのは面倒です。

しかし、こういった少しの工夫だけでも書類選考の通過率は変わります。

担当のアドバイザーに頼めば丁寧に添削をサポートしてもらうことも可能です。

ガンガン頼るようにしましょう。

 

アドバイザーの力不足

最後にアドバイザーがシンプルに力不足な場合です。

やはり、あなたをサポートするアドバイザーも人になります。

なので、アドバイザーのサポート力が低かったりすると、書類選考に落ちる可能性が高いです。

 

アドバイザーによってはあなたの職種のサポートが不慣れだったりします。

また、サポート歴自体が短い場合もあるでしょう。

職務経歴書を修正したりしても、なかなか書類選考に通らない場合はアドバイザーの力不足を疑ってください。

 

リクルートエージェントの平均的な書類選考通過率は?

リクルートエージェントの書類選考通過率は30%と言われています。

なので、計算的には10社に申し込んで3社選考に通過すれば平均と言えるでしょう。

 

反対に、書類選考通過率が30%を下回るようでしたら、対処する必要ありと考えてください。

ただし、注意点としてはあなたがどれだけ目標を高くしているかで選考の通過率は変わってきます。

例えば、大幅なキャリアアップや年収アップを目指すのであれば、それだけ選考通過率を上げるのは難しいでしょう。

 

通過率を30%に設定し、応募している求人の様子を見ながら通過率が良いかを判断してく行くのがおすすめです。

 

リクルートエージェントの書類選考期間が遅いのは落ちている?

リクルートエージェントの書類選考の期間は1週間以内と言われています。

稀に2週間かかる場合もありますが、大体は1週間と考えるのが良いでしょう。

 

また、あまりにも遅い場合は担当しているアドバイザーが放置している可能性もあります。

というのも、リクルートエージェントは利用者が多いからこそアドバイザー1人に対し、複数の利用者をサポートしています。

なので、選考に通過していない場合は、連絡を放置していることも。

 

もし、事細かに報告が欲しいのであれば、こまめにアドバイザーと連絡をすることをおすすめします。

 

リクルートエージェントの書類選考が通らない時の対処法

ここでは書類選考が低い時の対処法を紹介します。

書類選考の通過率を上げたい方は以下の対処法を実践すると良いでしょう。

対処法

  • 応募数を増やす
  • アドバイザーを変える
  • 転職エージェントを併用する

それぞれ詳しく解説していくので、参考にしてください。

 

応募数を増やす

シンプルに応募する企業を増やせば、書類選考に通過する企業の数も増えます。

質よりも数を取る戦略になります。

応募する求人数が少ないと感じている方は利用すると良いでしょう。

 

しかし、この方法にもリスクがあります。

それはブラック企業に出会ったりするので企業分析する負担が増えるということです。

なので、効率の良い転職活動をしたい方には、やや不向きな対処法と言えるでしょう。

 

アドバイザーを変える

次にアドバイザーを変更してしまうという方法です。

利用者によってはアドバイザーを変更しただけで、書類選考の通過率が変わった人も少なくありません。

リクルートエージェントは問い合わせから簡単に担当者を変更することが可能です。

 

「なんかアドバイザーが合わない」と感じる方は試してみると良いでしょう。

しかし、利用者によってはそもそもリクルートエージェントのサポートスタイルが合わない可能性もあります。

人によっては「変更するのが申し訳ない」と感じる人もいるでしょう。

 

このように罪悪感があったりする方は次に紹介する対処法を実践するようにしてください。

 

転職エージェントを併用する

リクルートエージェント以外の転職エージェントを利用する方法になります。

この対処法には「多くの求人数と出会える」「違ったやり方のサポートを受けられる」というメリットがあります。

まさに、先ほど紹介した応募数を増やすのとアドバイザーを変更する2つのハイブリッドと言えるでしょう。

 

当サイトでも一番おすすめの方法になります。

もちろん、面談に再度受けないといけないなどのデメリットもあります。

しかし、デメリットは時間が必要にないですし、転職を成功させたいのであれば小さすぎるリスクでしょう。

 

書類選考通過率が低い人にはまず試してもらいたい対処法になります。

また、どの転職エージェントを利用すれば良いのかわからない方は以下の転職エージェントがおすすめです。

それぞれサービスの特徴を詳しく解説するので、自分に合ったサービスを利用して書類選考の通過率を改善しましょう。

 

doda

doda

dodaは求人数が転職業界トップクラス、かつサポート力の高い転職エージェントになります。

なので、自分のキャリアに合った求人数が見つからない心配をする必要はありません。

サポート力も高いことで有名で、書類選考や面接対策も効率良くこなしたい方には力になってくれるでしょう。

 

幅広い年代・キャリアでの転職実績があり、年収を何十万円と大幅にアップした実績も数々。

まさに、どの転職エージェントを利用すれば良いのかわからない方におすすめのサービスになります。

>>doda公式サイトはこちら

 

パソナキャリア

パソナキャリア

「20~30代」「キャリアを活かした転職がしたい」と思っている方からの満足度が高い転職エージェント。

特にサポート力が高いことで人気があり、初めての転職で「どうしたらいいのかわからない」と思っている方におすすめです。

 

模擬面接などのサポートも対応していますし、しっかりと対策をして内定の取りこぼしをしたくない方には間違いなしになります。

また、利用者の67.1%が年収アップを実現しているので、キャリアアップしたい方にも利用してもらいたいサービスです。

>>パソナキャリア公式サイトはこちら

 

キャリアスタート

キャリアスタート

キャリアスタートは、求人の平均給与が高いことで有名な転職エージェント。

約6割の求人が月収25万円以上で「低い給与は嫌だ」「確実に手取りは20万円超えたい」と思っているかたにはおすすめになります。

キャリアスタートの特徴は以下で簡単にまとめました。

特徴

  • 転職ノウハウをまとめた本が貰える
  • 寮や引っ越しのサポートまで完備
  • 給与25万円以上を目指せる
  • 転職した先輩や求職活動中の仲間に出会える

このように給与が高い求人を取り揃えているだけでなく、サポート体制も抜群に良いです。

現在の給与からもっと稼ぎたいと思っている方に利用はおすすめです。

>>キャリアスタート公式サイトはこちら

 

JACリクルートメント

JAC リクルートメント

JACリクルートメントはキャリアを活かした転職を実現したい方には、必ず利用してもらいたい転職エージェントになります。

というのも、利用者の満足度も高く、求人も多く保有しているからです。

 

求人は日系の大手から外資系まで、グローバルの市場を狙っている企業の求人を多く保有しています。

利用者の満足度も高く、約94.7%の人が知人や友人に勧めたいという結果もあります。

ハイキャリアを目指すなら利用必須と言って良いサービスでしょう。

>>JACリクルートメント公式サイトはこちら

 

まとめ、、書類選考の結果に落ち込みすぎないでください

いかがでしょうか?

リクルートエージェントでは書類選考で通らないことは珍しくありません。

なので、結果に落ち込んで転職活動がストップしないように注意してください。

 

重要なのは、書類選考通過率が悪い時にどのように対処するかです。

おすすめな対処方法としては、他の転職エージェントと併用しておく方法になります。

もし、どの転職エージェントを利用すれば良いのかわからない方はdodaの利用がおすすめです。

 

dodaはリクルートエージェントより求人数は劣るものの、日本トップクラスのサポート力と転職支援実績があります。

まず、リクルートエージェントと併用して間違いなしの転職エージェントになるでしょう。

>>dodaに登録してみる

また、dodaの評判やサービス内容についてはこちらの記事で解説しています。

 

コロナ時代は転職エージェントが必須!

転職エージェント

転職サイトを見れば求人はたくさんあります。しかし、優良企業はごくわずかなんですよね。。。

働いてみるとブラック企業…ということがあるのも現状です。

また、コロナの影響もあり優良な求人は減っています。

できるだけ情報を掴んで求人を探す必要があります。

今、転職を成功させるためには、転職エージェントが必須の時代です。

ただ、転職エージェントは100を超える会社があります。

おすすめのエージェントや選び方については↓でまとめているのでチェックしてみてください。

>>おすすめ転職エージェント16選&正しい選び方!!

エージェントはもちろん無料で利用できるので、少しでも良い企業に転職したい場合は、使っておいて損はないでしょう。

 

リクルートエージェント関連記事

転職エージェント・転職サイトおすすめ16選
【目的別】おすすめ転職エージェント・サイトの比較ランキング16選!正しい使い方も!

転職エージェントや転職サイトの登録は転職活動に必須です。 自分に合った転職エージェントとサイトを上手く活用できるほど、納得のいく転職ができる確率が上がっていきます。 なぜなら、あなたが満足のいく求人と ...

続きを見る

dodaとリクルートエージェントを簡単比較!どちらがおすすめか教えます?

dodaとリクルートエージェントのどちらを利用しようか迷っていませんか? 特にこの2つの転職エージェントは転職を考えたときに第一に利用を検討するサービスでしょう。   そこで本記事ではdod ...

続きを見る

リクルートエージェントの求人解説
リクルートエージェントの求人を徹底分析!強い業界・職種Top3を公開!

リクルートエージェントの求人に関して以下のようなことを思っていませんか? どういった業界や職種に強いのか? 苦手な業界とかあるの? 求人がないと感じるのは本当? リクルートエージェントの利用を検討して ...

続きを見る

リクルートエージェント
【悪い評判アリ】リクルートエージェントの評判は?おすすめな利用法も紹介!

>>リクルートエージェント公式サイト   リクルートエージェントは転職で利用するべきかどうなのか、口コミをもとにした評判をもとに解説していきます。 強みとしては、業界最大級の案件保有数になり ...

続きを見る

リクルートエージェントの面談をしたくないはあり?
リクルートエージェントで「面談をしたくない」はあり?デメリットに注意すれば大丈夫!

仕事が忙しいから求人チェックだけしたい 会場が遠くてめんどう 情報集めのために利用したい 上記のような理由でリクルートエージェントに登録しても面談したくないと思っていませんか?   実際、リ ...

続きを見る

doda
dodaエージェントが優秀すぎる!評判と口コミから見てわかることは?

>>doda公式サイト   dodaは転職で利用するべきかどうなのか、口コミをもとにした評判をもとに解説していきます。 強みとしては大手だからこその求人数多さと、アドバイザーに当たり外れが少 ...

続きを見る

-転職サイト

Copyright© キャリアの城 , 2020 All Rights Reserved.