転職サイト

dodaに内定辞退を伝えたい!求人紹介してくれなくなるのは本当?

doda 内定辞退

dodaは転職業界トップクラスの求人数を保有している転職エージェントです。

なので、人によっては内定を数社から貰うことは珍しくなく、内定辞退をする必要があります。

なので、doda利用者は以下のようなこと不安を持つのも珍しくありません。

  • なんかこの企業はもったいない気がする
  • 他に良い求人があるのでは?
  • 内定辞退する・しないか迷う

この記事ではそんなdodaを利用していれば、起こりやすい内定辞退について解説していきます。

 

dodaに内定辞退を伝えるのは悪くない

基本的には担当者に伝えるだけで大丈夫です。

あなた自身が、直接企業に伝える必要はありません。

内定辞退を伝えると担当しているアドバイザーから、渋られることもあります。

 

しかし、もしアドバイザーの意見に流されて転職してしまうと後々後悔しても遅いです。

結局、最終的にdodaを含め、転職エージェントは転職者の責任を負いません。

なので、しっかりと納得のいかない企業からの内定は「辞退する」という決意をしてください。

 

内定辞退を伝えるベストなタイミングは?

もし、内定辞退をするのであれば、できるだけ早くがベスト。

いつまでにではなく、できるだけ早くです。

というのも、あなたに内定を渡した企業も内定をある程度、新しい人材を補給する期間を考えてdodaに人材紹介を依頼しているからです。

 

最悪、ギリギリの内定辞退になってしまうと損害賠償になってしまうリスクも。

なので、できるだけ早いタイミングで伝える意識を持つことが大切です。

 

内定承諾書を提出してしまっている場合は?

内定承諾書を提出しているということは、労働契約を締結したことになります。

なので、この場合は労働契約を働く前に解除できるかがポイントになります。

 

ちなみに労働契約の解除に関しては民放627条を参考にしてください↓

627条1 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

引用:民法

いわゆる、初出勤の2週間前に伝えられれば、法律上は問題ないと解釈してかまいません。

ちなみに「会社の退職の際は2週間前に伝えれば大丈夫」と言われているのと同じ法律ですね。

 

もし、2週間前いないであれば、法律上でも大丈夫なので、安心して内定辞退を伝えてください。

 

内定承諾書を提出して2週間を切っている

中には2週間を切っている方も珍しくはありません。

この場合は、できるだけ誠意をもって内定辞退を伝えるしかないです。

基本的に誠意に伝えればよほど悪質でない限り損害賠償をされるリスクは低いです。

内定をくれた会社に直接謝罪、かつ担当のアドバイザーに報告しましょう。

 

【事例あり】内定辞退した後のdodaの扱いがそっけなくなる?

実際に内定辞退するとdodaから「求人が紹介されなくなった」という事例があります。

以下はそんな悩みを抱えた人になります。

DODAをつかって転職活動中なんですが、エージェントとあまりウマが合いません。

一度、内定辞退してからエージェント紹介の求人が無くなりました。
別のエージェントと交代してもらいたいのですが、あまり意味がないですか?
一度、登録を消してからしばらくして再登録した方がいいでしょうか。

【ベストアンサー】

他の転職エージェントに乗り換えたらいいと思います。

引用元:Yahoo知恵袋

その他にも当サイトで集めた口コミにも以下のような方がいました。

30代 男性

4社に応募して、内定を1社からもらいました。ただ、希望の職種ではなかったので内定辞退しました。
それ以降、連絡が来ずdodaを退会し、別のサービスを利用して無事就職できました。

なんか、残念ですね。

どうやらdodaでは、内定辞退してしまうと「この人は転職の志望度が低い」とみなされることが珍しくないようです。

これは仕方がありません。

というのも、dodaも人材を企業に紹介することによって成り立っているサービスです。

なので、どうしても、転職が成功しそうな人のサポートを手厚くする傾向があります。

 

こういった「転職志望度が低い」とみなされると、中々サポートの優先度を再度上げて貰うことは簡単ではありません。

というのも、dodaのアドバイザーも複数人の求職者を担当しています。

なので、アドバイザーの担当できるキャパシティもあるので、サポートする優先度の比重をいきなり変えるのは難しいのです。

 

対応策として記事後半でも「dodaで内定辞退を考えている方におすすめ転職エージェント」に紹介しているようにdoda以外の転職エージェントを利用するのがおすすめになります。

dodaの代わりとなる転職エージェントの利用し、転職活動がストップしないようにすると良いです。

 

dodaで内定辞退をするか迷う理由と対処法

ここではdoda経由で内定を貰ったが、内定辞退をするか迷う理由と対処法を紹介します。

主に内定辞退をするか迷うタイミングは以下になります。

それぞれ、なぜ内定辞退するべきか思ってしまうのかとその対策を紹介します。

 

他の企業の面接が控えている

これはdodaで応募した企業があったり、他の転職サービスで求人応募しているなど様々です。

基本的に、この場合はできるだけ他の企業の優先度を見て内定辞退をするかを決めればいいです。

 

例えば、第3志望の求人の応募が控えていて、すでに第一志望から内定を貰てっているのであれば内定辞退をする必要はありません。

また、第一志望が控えていて、第三志望の企業から内定を貰っている場合は辞退するのも選択肢の1つでしょう。

 

この時のポイントとしては、できるだけ正確に内定が取れる可能性を判断することです。

結局、今後に控えている求人のために内定辞退し、応募した求人も不採用であれば意味がありません。

なので、しっかりと担当のアドバイザーと判断したうえで内定辞退するか決めてください。

 

なんかモヤモヤしている

「この企業で大丈夫なのだろうか?」「なんかモヤモヤする」という場合は、企業分析が足りていない可能性が高いです。

というのも、人といのは答えがわかっていればモヤモヤすることはありません。

 

なので、本当にこの求人で良いのか迷っている時はできるだけその企業徹底的にリサーチして見極めてください。

おすすめな方法としては、実際に職場の人と話をしてみる機会を作ってもらうことです。

どういった職場なのか、実際に現場で働いている人に聞ければ、一番正確に判断することができます。

 

企業に連絡して「ぜひ一度職場の人と話してみたい」と伝えてください。

なぜと聞かれた時は「できるだけ長期的な働きを考えているから」と伝えれば大丈夫です。

ベストは面接などの際に伝えるのが良いですが、面接がすでに終えている時は、会社に連絡してお願いしてみましょう。

 

dodaで内定辞退を考えている方におすすめ転職エージェント3選

パソナキャリア再就職の代わりになるサービス

ここではdodaと併用がおすすめの転職エージェントを紹介します。

どうしても内定辞退をすると担当のアドバイザーから「この人はやる気がないのでは?」と思われ求人紹介をされなくなるリスクがあります。

その際にdodaに固執していると、いきなり転職活動がストップしたなんてことは珍しくありません。

 

なので、内定辞退をしたときに転職活動がストップしないためにdoda以外の転職サービスを利用しておくのをおすすめします。

転職エージェントの利用する数を増やすと、それだけ魅力的な求人と出会える可能性も上げることが可能です。

そんな、dodaを利用している方におすすめの転職エージェントは以下になります。

それぞれ詳しく解説していきます。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

株式会社リクルートキャリアが提供してくれるサービスの一つです。

求人数が転職業界No.1の多さが特徴の転職エージェントになります。

膨大な求人数を保有しているので、あなたに合った求人がないということはありません。

 

自分に合った求人を見つけたい人には必ず利用してほしい転職エージェントになります。

また「転職支援実績No.1」というのも「サポートの質の高さ」の裏付けでしょう。

 

圧倒的な求人の多さが売りなので、他のエージェントや転職サイトの求人数が少ない時の補助的な役割で登録する方も多いようです。

 

転職活動を始めるならまず登録しておきましょう。

>>リクルートエージェント公式サイトはこちら

また、dodaとリクルートエージェントの違いを知りたい方はこちらの記事でを参考にしてください。

 

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアはサポート力が丁寧と定評がある転職エージェントになります。

実際、オリコン満足度調査でも2020年の転職エージェント部門で1位。

まさに、サポート力が高く、利用者に寄り添ったサービスだという証明になります。

 

また、全国に設置されている支社も多く、地方の方でも手厚いサポートを期待することが可能です。

まさにサポート力で選ぶならコレ!と言える転職エージェントでしょう。

>>パソナキャリア公式サイトはこちら

 

JACリクルートメント

JAC リクルートメント

30代以上で「給料のアップを狙いたい」または「キャリアや実績ではもっと評価されるポジションにいるはずだ」と思う方には利用してもらいたい転職サービスでです。

ハイキャリアでしか務まらない案件を多く持っており、求められるスキルが多いため収入アップが見込める案件がほとんどです。

 

また、JACリクルートメントでは650名ものコンサルタントが直接企業と連携を取り、1人に対し複数のコンサルタントが担当するので視野の広い転職が可能なのが特徴です。

>>JACリクルートメント公式サイト

 

まとめ

転職活動で内定辞退は珍しくありません。

dodaは求人数がトップクラスに多いので、数社から内定を貰えば「どの企業に転職しようか」と必ず迷うタイミングが必ずあります。

だからこそ、自分にマッチした企業を選ぶためにも妥協のない転職を実現するためには、時には内定辞退してください。

 

また、dodaでは内定辞退をすると求人を紹介されなくなったなどの口コミがありました。

どうしてもdodaは知名度が高く、常に利用者がいる転職サービスなので、サポートが手薄になるのは仕方ありません。

なので、内定辞退した時に転職活動がストップして活動期間が伸びないように、doda以外の転職エージェントも利用するようにしてください。

 

もし、どの転職エージェントを利用すれば良いのかわからない方はとりあえず求人数の多い「リクルートエージェント」を利用居ておけば間違いありません。

また、ハイキャリアを目指すのであれば「JACリクルートメント」を登録すれば良いでしょう。

 

コロナ時代は転職エージェントが必須!

転職エージェント

転職サイトを見れば求人はたくさんあります。しかし、優良企業はごくわずかなんですよね。。。

働いてみるとブラック企業…ということがあるのも現状です。

また、コロナの影響もあり優良な求人は減っています。

できるだけ情報を掴んで求人を探す必要があります。

今、転職を成功させるためには、転職エージェントが必須の時代です。

ただ、転職エージェントは100を超える会社があります。

おすすめのエージェントや選び方については↓でまとめているのでチェックしてみてください。

>>おすすめ転職エージェント16選&正しい選び方!!

エージェントはもちろん無料で利用できるので、少しでも良い企業に転職したい場合は、使っておいて損はないでしょう。

 

dodaの関連記事

転職エージェント・転職サイトおすすめ16選
【目的別】おすすめ転職エージェント・サイトの比較ランキング16選!正しい使い方も!

転職エージェントや転職サイトの登録は転職活動に必須です。 自分に合った転職エージェントとサイトを上手く活用できるほど、納得のいく転職ができる確率が上がっていきます。 なぜなら、あなたが満足のいく求人と ...

続きを見る

doda
dodaエージェントが優秀すぎる!評判と口コミから見てわかることは?

>>doda公式サイト   dodaは転職で利用するべきかどうなのか、口コミをもとにした評判をもとに解説していきます。 強みとしては大手だからこその求人数多さと、アドバイザーに当たり外れが少 ...

続きを見る

dodaで「相談だけしよう」と考えている人へ !転職するのを決めてからがベスト

「dodaは相談だけは可能なのか?」と悩んでいませんか? よく、ネットでは面談で相談した時のヒアリング力が高いなどの評判が多いです。 なので、転職情報や自分のキャリアはどれくらいの可能性があるか聞きた ...

続きを見る

dodaエージェントの登録から転職までの流れ!おすすめの利用法は?

dodaの登録から転職までの流れを紹介します。 今の時代、転職エージェントの利用は必要なのは感じているが、どうせ登録するのであればしっかりと理解したいと思っているはずです。 そこで本記事は、dodaの ...

続きを見る

dodaの転職後にキャリアポケットはおすすめしません!何も問題は解決しない

dodaの転職後に利用できるキャリアポケットが頼っていいのか気になりませんか? 実は当サイトではキャリアポケットに頼りすぎるのはおすすめしていません。   そこで本記事では「転職後に利用でき ...

続きを見る

-転職サイト

Copyright© キャリアの城 , 2020 All Rights Reserved.