転職サイト

dodaエージェントの面談を断られた時の対処法!あなたを放置する理由とは

dodaエージェントの面談を断られた方は多いです。

せっかく登録したのに、面談すらさせてもらえなくて腹が立ったり「そんなに自分にはサポートを受ける価値がないのか」と悲しいですよね。

それに、dodaのサイトのアカウントを作成するのも結構めんどうですし、転職活動のやる気自体下がってしまう方も多いでしょう。

 

そこで、本記事ではdodaエージェントの面談を断られた時の対処法や、あなたが放置されてしまう理由について解説していきます。

実はそこまでdodaエージェントの面談を断られたからと言って、モチベーションを下げる必要はありません。

しっかりと対処して、転職を成功に導けるようにしましょう。

 

dodaエージェントの面談を断られた時の対処法3つ

まず、dodaエージェントもあくまで企業に適した人材を仲介することでビジネスが成り立っています。

あくまでもdodaもビジネスなので、効率の良さを重要視しないといけないので、面談の段階で断るのも仕方がないことなのです。

 

そもそも、dodaエージェント含めて善意の気持ちで「この人達に仕事を紹介して救いたい」と思っているキャリアアドバイザー自体少ないのが現状です。

なので、面談を断られてショックを受ける必要はなく、それよりも早めに気持ちを切り替える必要があるのです。

常に前向きに転職活動をしているほうが、内定も早く勝ち取れますし、満足のいく結果を手に入れやすいです。

 

dodaエージェントの面談を断られた時の対処法は以下の2つになります。

  • ログインページを直して再チャレンジ
  • 転職エージェントの紹介を頼らない
  • 他の転職エージェントを利用する

それぞれ詳しく解説していくので、自分に合った対処法を見つけましょう。

 

登録情報を整えて再チャレンジ

マイページのWeb履歴書や職務経歴書をしっかりと書き込んでいない方は、訂正するようにしてください。

基本的にこの記入している部分でdodaのキャリアエージェントは紹介する求人を紹介します。

ただし、面談を断られた時点で、面談を再び取り付けるのは難しいので、そこまで効果はありません。

 

今現在、しっかり記入しているのに関わらず放置されている人は次から紹介する対処法を参考にしてください。

登録している内容がよほどひどければ、試してみると良い対処法です。

また、dodaエージェントはスカウトサービスもあるので、登録情報を抜かりなく整えておくのは必須と言っていいでしょう。

 

転職エージェントの紹介を頼らない

次に転職エージェントを頼らない方法です。

dodaを通さなくも会社に直接連絡を送れば、場合によっては面接までは取り付けることができます。

基本的にdodaエージェントの求人紹介はキャリアアドバイザーが応募していいか判断します。

 

キャリアアドバイザーはあくまで人ですから、厳しめに応募条件を設定しているときもありますし、あなたの目指す業界や職種に理解がない可能性もあります。

こういった場合は気になる企業に直接応募すれば、面接までたどり着けることが多いです。

 

直接応募は転職エージェントよりも面接にたどり着ける可能性は低いですが、どうしても諦めがつかない企業を見つけた時は挑戦してみるのも良いでしょう。

企業側からすれば転職エージェントを挟まないほうが、仲介料が必要ないので出費は減ります。

 

dodaのような転職エージェント経由で人材を確保した企業は、内定を上げた人材の年収の20~30%くらい支払わないといけません。

大手企業からすればあまり気にしないかもしれませんが、中小企業などの場合は優先的に面談の機会を作ってくれるところもあります。

 

他の転職エージェントを利用する

次に利用する転職エージェント変更する方法です。

特にdodaエージェントはややサポートするかの判断審査が厳しいと言われています。

サポートをしっかりしてもらえれば、強力な転職エージェントになりますが、サポートする利用者を選ぶ傾向がるのです。

 

なので、dodaエージェントでは面談を断られたとしても、同じ規模のリクルートエージェントを利用すればしっかりサポートしてもらえることが多いです。

もし、転職エージェントにこだわりがないのであれば、一度リクルートエージェントを利用してみるといいでしょう。

 

また、万が一にリクルートエージェントにも面談を断られた場合は、あなたのキャリアがまだまだ未熟な可能性があります。

なので、未経験に強い転職エージェントを利用してみるのも1つの手段になります。

自分のキャリアに自信がない方はリクルートエージェントの他に、1つ未経験に強い転職エージェントを利用してみると良いでしょう。

 

dodaエージェントがあなたを放置する理由

dodaエージェントで「面談の連絡が来なかい」「サポートがされない」にはある程度の理由があります。

いやゆる、サポートを放置される状態には理由があるということです。

ここではそんな、dodaエージェントで放置される理由と改善方法を紹介します。

 

これから紹介する理由は他の転職エージェントでも、同じことが起こってしまう場合があるので今後の転職活動をスムーズに進行するためにも参考にしてください。

 

他の利用者がお金になる

dodaエージェントのような知名度が高い転職エージェントのキャリアアドバイザーは、たくさんの利用者を同時並行でサポートしていることがほとんどです。

おそらく、dodaエージェントのような希望になると、1人のキャリアドバイザーに最低でも30人はサポートしているでしょう。

なので、どうしても転職活動に意欲的でない人と認定されると後回しの対応になることが多いのです。

 

担当してもらっているキャリアアドバイザーには「すぐにでも転職したい」など、嘘でもいいので「あなたの言う通りにします」アピールしてください。

キャリアアドバイザーも「1か月に〇人に面接を受けさせる」などのノルマがあるので、できるだけノルマ達成に貢献できる人ということをアピールしましょう。

「嘘をつくのは嫌だ」と感じる方も多いですが、転職は人生の分岐点です。

 

転職が上手くいかないだけで、生活の質も左右されます。

「嘘の罪悪感で転職を棒に振るか」「ちょっとの嘘で良い求人を紹介してもらう」では比べようになりません。

なので、dodaの担当してもらっているキャリアアドバイザーには転職意欲の高いと思われる工夫をしましょう。

 

紹介できる求人がない

そもそも、あなたに紹介できる求人がない場合もあります。

例えば、キャリアが未熟な未経験職や第二新卒などの場合です。

こういった場合は、希望条件の質を落としたりするのも1つの手段です。

 

また、面談を断られた時の対処法の1つの、他の転職エージェントを利用してみるのも良いでしょう。

単純に出会える求人数が増えれば、それだけ転職アドバイスの頻度も増えますし、転職も上手くいく可能性が上がります。

 

dodaエージェントに断られても大丈夫

極端な話、dodaエージェントに面談を断られても、そこまで落ち込む必要はありません。

というのも、たまたまdodaエージェントは合わなかっただけであって、他の転職エージェントはいくらでも求人を紹介してくれる可能性があるからです。

 

そして、さらに言えば転職エージェントを利用しなくても、企業に直接応募すれば転職活動を進められます。

ですが、あくまで効率よく求人を探す労力を考えると、転職エージェント利用したほうが良いということです。

むしろ、何社かくらいは転職エージェントのサポートを断れるくらいの気持ちでいたほうが、着実に転職活動を進めることができるでしょう。

 

なので、転職活動は最低でも2~3社を併用して行うべきです。

そうすれば、dodaの面談を断られても、スムーズに転職活動を行うことができます。

どういった転職活動が自分に合っているかわからない方は、↓の記事で転職エージェントをまとめたので参考にしてください。

>>【目的別】おすすめ転職エージェント・サイトの比較ランキング16選!正しい使い方も!

 

転職エージェント関連記事

転職エージェント・転職サイトおすすめ16選
【目的別】おすすめ転職エージェント・サイトの比較ランキング16選!正しい使い方も!

転職エージェントや転職サイトの登録は転職活動に必須です。 自分に合った転職エージェントとサイトを上手く活用できるほど、納得のいく転職ができる確率が上がっていきます。 なぜなら、あなたが満足のいく求人と ...

続きを見る

リクルートエージェント
【悪い評判アリ】リクルートエージェントの評判は?おすすめな利用法も紹介!

>>リクルートエージェント公式サイト   リクルートエージェントは転職で利用するべきかどうなのか、口コミをもとにした評判をもとに解説していきます。 強みとしては、業界最大級の案件保有数になり ...

続きを見る

あなたの転職を決意するタイミング10選?ベストな時期も紹介!

転職を決意するタイミングが正しいのか気になりませんか? 「今の不満が転職をすることで解決できる」という可能性もありますが、間違ったタイミングで転職して後悔することも少なくあります。 そこで、本記事では ...

続きを見る

-転職サイト

Copyright© キャリアの城 , 2020 All Rights Reserved.