転職サイト

【50代におすすめ】転職エージェント・サイト9選!中高年向けサービスを比較

更新日:

50代におすすめの転職エージェント

当記事では50代におすすめの転職サイトと転職エージェントを紹介していきます。

 

50代になると、企業側も積極的に採用はしてくれません。なので、エージェントの利用は必須と言っていいでしょう!

また、キャリアがあるのなら50代のキャリアを生かして、転職先を見つけてくれるエージェントサービスを利用するようにしましょう。

 

「転職をするときには必ず登録しておきたいエージェント」と「50代のキャリアを生かしてくれるエージェント」を2つに分けて紹介します。

「自分に合った転職サービスを利用したい」「転職でミスをしたくない」という人は本記事を参考にしていきましょう。

 

【とりあえず利用したい!】転職エージェントと転職サイト

ここでは50代で転職を考えている方に、まずは登録してほしい転職サイトと転職エージェントをランキング形式で紹介します。

50代の求人は基本的に取り扱っているサービスは少なく、「サポートが良くても求人がいまいちピンとこない」という利用者も多くいます。

 

本記事で紹介するランキングはできるだけ、50代でも多くの求人を紹介してくれるつけ、かつ求人の質も見込める転職サービスに高い評価をつけて作成しました。

50代というキャリア後半であれは分自身のキャリアに一番の理解がある段階です。

「こうすればもっと出世していた」「あの頃にもっとこうしていたら実績が残せた」などの後悔も、今までの何十年と社会人経験があるからこそわかるわけです。

 

アドバイザーから意見を貰うサポートも大切ですが、アドバイザーがいなくても大体のキャリアで「自分がどのような職場や環境に在籍するべきか?」という答えはわかるはずです。

自分自身のキャリアに高い理解度がある状態なのであれば、アドバイザーの意見も聞きつつ自分の意見を優先的にキャリアを決定していった方が後々に後悔のない転職ができるでしょう。

 

なので、キャリア後半の50代の転職というのは、自分の意思で納得できる求人とできるだけ多く出会うことこそが重要なのです。

  • 「転職しようとしても雇ってくれる会社がない。」
  • 「求人の質が悪い」
  • 「アルバイトの仕事しかない」

このように転職に対して不安に感じている方は、ここで紹介する転職ランキングを参考にして利用してみると良いです。

転職サービスランキングは以下になります。

順位 サービス名 特徴
リクルートエージェント 圧倒的な求人数で様々な希望条件に応える
doda 求人の質と量、サポートのバランス力良い
リクナビNEXT 転職サイトならまずはこれ!
FROM40 40~50代に特化しているので選ぶなら
シニア求人ナビ 地方にも強く40~50代に特化している

それぞれのサービスを詳しく解説していきますので、どのような特徴や強み、弱点があるのか把握して利用していくか決めていってください。

 

リクルートエージェト

他の転職エージェントや転職サイトよりも、圧倒的に保有案件数が多いのがリクルートエージェントになります。

取り扱い求人の職種の幅も広く、転職を考えている方に、まずおすすめしたいサービスです。

 

全体的な取り扱い求人数の母数が多いので、自分の希望条件に合った求人というのが見つか助けになることでしょう。

また、転職支援実績数も転職業界No.1で過去の膨大な転職者のデータをもとにサポートしてくれることを期待できます。

まずは求人先を確保するためにも登録しておいてほしいサービスです。

 

doda

求人数はリクルートエージェントに劣るものの、それでもdodaの保有している求人数も侮れません。

また、dodaはサポートの質が高いという口コミも多く集まっており、求人数の多さとサポートの質のバランスが取れたサービスになります。

 

担当してもらうアドバイザーには知識不足という当たりはずれはあるものの、優れたサポートには定評があるので「転職は初めて」「転職活動がなかなか慣れない」と思っている方は、丁寧にサポートしてくれるdodaはおすすめです。

「今まで会社ひと筋だったので初めての転職になる」という50代の方にもおすすめのサービスです。

 

リクナビNEXT

リクナビネクストは転職サイトの中では最大の、求人保有数を持っています。

「今どんな求人があるのか知りたい」「50代で応募できる求人は、どのようなのが多いか?」などを知りたい方は、利用するのをおすすめです。

 

ただ、転職エージェントと比べると見れる求人数というのは少ないです。

それでも何千という求人の中から自分に合った求人をチェックできるわけですから、利用しておいて損はないでしょう。

いざ、転職をしようと決したときには、転職エージェントなど何万件の非公開案件を保有している転職サービスを利用することをおすすめします。

 

FROM40

FROM40は基本的に高収入の求人は望めませんが、とにかく転職先が欲しいという方におすすめの転職サービスになります。

基本的には、リクナビNEXTやリクルートエージェンントやdodaといった、たくさんの求人数を保有している転職サイトや転職エージェントを利用してもらうのがベストですが、どうしても転職先が見つからない場合には利用してみると良いでしょう。

 

あくまで、最終的な手段として知っておけば大丈夫です。

 

シニア求人ナビ

こちらの転職サイトの立ち位置も、FROM40の立場と似ていいます。

どのような仕事をしてきたかにもよりますが、清掃やタクシードライバー、管理員などの求人が多いという印象です。

 

あくまで転職先が同士ても見つからない、急ぎの転職だという場合に利用すると良いでしょう。

 

キャリアに自信がある人向けの転職エージェントと転職サイト

ここからは「今までの築いてきたキャリアを存分に生かしたい」「高収入を狙えるのであれば狙いたい」「キャリアには自信があるし管理職が良い」という方たち向けに紹介する転職サイトと転職エージェントになります。

これから紹介する転職サービスは外資系企業やスタートアップのまとめ役、経営幹部など重要な役職が多く、ハイレベルなスキルや経験が求められます。

 

リクルートエージェントやdodaなど大手転職エージェントを利用していも、ハイキャリアの求人は混ざっていますが、まだまだ取り扱いが少ないです。

これから紹介するサービスというのは、そういったエグゼクティブの転職に特化した転職サービスになります。

基本的には、今の年収が最低でも年収600万円以上の方に利用してもらいたいです。

 

ハイキャリアの転職を目指す方は、リクルートエージェントなども利用していくことも大事ですが、これから紹介する転職サービスのどれかをメインに利用していきましょう。

これから紹介する転職サイトと転職エージェントは以下になります。

順位 サービス名 特徴
JACリクルートメント ハイキャリアの転職エージェントならココ
ビズリーチ ハイキャリアのスカウトサービスNo.1
キャリアカーバー 侮ってはいけないハイキャリア向けスカウトサービス
クライス&カンパニー 国が認めたサポート力

それぞれ詳しく解説していきますので、ハイキャリアの求人を探している人はできるだけ積極的に複数のサービスを利用して自分に合う求人をたくさん見つけていきましょう。

 

JACリクルートメント

 

ACリクルートメントでは1人の利用者に対し、複数の転職アドバイザーが担当する転職エージェントになります。

本来の転職エージェントであれば、原則に1人の利用者に対し、1人のキャリアアドバイザーの場合が多く、どうしても転職の視野が狭くなる危険性があります。

何よりも、複数のキャリアアドバイザーがついてくれるので、それだけいろいろな種類の求人を紹介してもらえるチャンスもあるわけです。

 

50代のハイキャリアを目指している方には、ぜひ登録てほしい転職エージェントになります。

 

また、これから紹介する、ビズリーチなどのスカウトサービスよりもスピード感のある転職活動が行えます。

急ぎの転職かつ、ハイキャリアを目指したい方は利用していきましょう。

 

ビズリーチ

ビズリーチはスカウトサービスに特化しており「年収が50万円アップした」「こんなにも給与が貰えてビックリした」という声もあります。

というのも、ヘッドハンター数も3,000人以上と、他の転職スカウトサービスに追随を許さない多さになっているからです。

自分の力を存分に発揮したい方には是非利用するのをおすすめします。

 

有料プランと無料プランがあるのですが、他のサービスとも併用するのであれば、基本的には無料プランで良いです。

 

色々な求人と出会うチャンスが沢山ほしい方は有料プランにすると良いでしょう。

詳しく有料と無料プラン違いを知りたい方は「詳しい口コミを見てみる」のページに詳しく解説しているので確認してみてください。

 

キャリアカーバー

キャリアカーバーはリクルートエージェントを運営する会社のハイキャリア向けの転職スカウトサービスになります。

基本的には800万~2000万円の求人を取り扱っているのです、ビズリーチと変わらないと思うかもしれません。

 

ですが、一番ネックな部分は企業から直接スカウトサービスが来ることがないということです。

企業からの直接スカウトというのは、かなり企業が興味を示している指標にもなり、内定を貰いやすいオファーにもなります。

 

もちろん、そもそものヘッドハンターの数でもビズリーチには劣っています。

 

基本的にキャリアカーバーではヘッドハンター経由しかないので、企業が良いと思ってもヘッドハンターがダメと思えば、その企業とは縁がないということになります。

あくまで、チャンスを広げるという役割で利用してみると良いでしょう。

 

クライス&カンパニー

求人の質は1000万円以上を狙える求人を多くとり扱っており、ハイキャリアの中でも1000万円以上を狙いたい方におすすめの転職エージェントになります。

求人の種類としてはマネージャー職以上のものが多く、経営幹部候補など重役と言えわれる役職が多いです。

 

クライス&カンパニーは担当してくれるアドバイザーが国家資格を保有しているというのが特徴です。

なので、キャリア相談に関しての専門性が高く、的確なサポートを期待することができます。

 

ハイキャリアの転職をしたいが不安な気持ちが大きいという方は利用してみるのをおすすめします。

 

未経験に挑戦したい方におすすめの転職サイトはある?

50代で未経験の職種に挑戦するのは、難しいです。

というのも、今までのキャリアなどがあまり通用せず、やる気などもキャリア後半に差し掛かっているので、企業側も「積極的に雇いたい」と思わないからです。

ただ、それでも未経験に挑戦したい場合、または仕事のブランクが空きすぎて未経験にせざる得ない場合でも、できるだけ多くの求人を集めて応募してください。

 

基本的には、50代未経験でも応募可能な求人を集めるところから始まります。

なので、基本的には全員におすすめの転職エージェントとサイトランキングで紹介していいる転職サービスを利用すると良いでしょう。

 

50代の転職で失敗しないためのポイント

ここでは50代の転職で失敗、後悔しないためには転職活動でどのようなポイントを守れば良いのかについて紹介します。

50代の転職で守らなければいけないポイントは以下になります。

  • 年収のプライドに気を付ける
  • 対応が冷たくてもめげない
  • 人脈もフル活用する
  • 可能な限りサービスに登録する

それぞれ詳しく解説していきますので、しっかりと把握したうえで転職活動を行ってください。

 

年収のプライドに気を付ける

まず、転職活動を始める前に、自分が最低でもどれくらいの年収を貰える企業にしないといけないのかを知っておきましょう。

どうしても、職業によっては、なかなかキャリアアップが難しいなんてこともあります。

そういった時は少なからずキャリアダウンや年収が下がってしまうということは多少なりとも覚悟しないといけません。

 

この自分の最低限必要な給与を知っておくことによって、より自分の選ばないといけない求人というのが明確化になります。

明確することによって、変に「年収が下がるから」などのプライドを無くし、求人の取りこぼしを減らすことが可能です。

 

ただでさえ、50代の求人というのは数が減るわけですから、自分がどのくらいの求人だったら転職していいのか線引きをしておくことが大事です。

 

対応が冷たくてもめげない

転職エージェントなどの面談をも仕込んでも「紹介できる求人がありません。」というメールとともに、登録を拒否されるときも中にはあるでしょう。

ひどい場合は、転職エージェントのアドバイザーが冷たい対応をする方たちも中にはいます。

というのも、あくまで転職エージェントなどは人材仲介業みたいなものですからビジネスです。

 

冷たい対応をされたからと言って、文句を言うよりは当たり前ですが、自分でも応募できる求人を探すために活動をしていきましょう。

結局、転職を終えた際に、この転職サービスは冷たい対応をされたという思い出が残るだけなのです。

 

人脈もフル活用する

転職サービス以外にも今まで培ってきた人脈を頼るというのも、転職の手段の1つです。

転職活動というのは何も転職サービスを利用しないとできないということはありません。

 

もし、あなたが同業者や他社との繋がりなどがあるのでしたら、その人に「どこか良い会社はないか?」と打診してみるのも一つの手段です。

あなたが打診してみる人があなたの実績とスキルを信用してくれるほどそれに見合った企業を紹介してくれる可能性というのは高くなります。

 

企業側もできるのであれば転職サービスを挟まずに、内定を渡したいと考えています。

というのも、転職エージェントなどは内定を渡した人の予想年収の20~30%を報酬として支払うので何十、何百万円のお金が動くと予想されます。

 

なので、企業からしても人脈からの紹介というのはメリットが大きいのです。

ただ、必ずしもうまくいくわけではないので、あくまで1つの手段として利用できるなら利用してみると良いでしょう。

 

可能な限りサービスに登録する

基本的に50代でも応募可能な転職サービスというのは、もちろん今までにどのようなキャリアを築いてきたかによっても変わりますが、各サービスが取り扱っている求人数は少なくなります。

なので、1つのサービスだけしか登録しないというのは、できるだけ避けたいところです。

 

1つのエージェントだけの場合だと、どうしても手に取る求人が少なく自分の選択肢を狭めてしまうことになるのです。

「メインにこの転職エージェントを利用する」などは、アドバイザーの合う合わないの相性もあるので各自で決めて貰っても構いません。

 

ただ、他のサービスからもいろいろな求人を紹介してもらう環境は作っておいてください。

そうすることで、自分が応募する求人をより吟味することが可能になります。

 

転職エージェントのアドバイザーは一定数の割合で、求人紹介するノルマを達成するべくいい加減な求人を紹介してくることもあります。

ただでさえ、50代は求人の幅が狭い傾向にあるにもかかわらず、営業トークで求人を紹介されれば「自分に適しているか」という判断が難しくなります。

 

なので、できるだけ自分に合った求人にできるだけ多く応募して、内定を貰うためにも可能な限り複数の転職サービスを利用することをおすすめします。

もちろん、登録したのにすべての求人を確認できないとなっては本末転倒なので、自分のできる範囲で構いません。

 

仕事がない!50代転職の現実は厳しいのか?

50代の転職の難易度は20~30代の転職と比べると、難しくなります。

というのも、どうしても20~30代の転職と比べて、50代の転職は応募できる求人数がなくなるからです。

20~30代を対象とされた求人というのは、50代を対象としている求人と比べてしまうと、応募してくるであろう人材に今までで培ったスキル以外にも今後の将来性も期待されて求人が出されています。

 

どうしても、企業側は正社員にするなら中長期で働ける人材を求める傾向が強いので、キャリア後半に差し掛かっている50代を雇いたいとは思わないのです。

ただ、50代の転職が若者の転職と比べて内定を取る基準が難しいというだけあって、不可能なわけではありません。

 

50代というのは、20代や30代と比べて今までの職務経験であったり、スキルなどのレベルが高いです。

本記事でも紹介するおすすめの転職サービスも中長期を働いてくれる人材の求人を取り扱っていることが多くなります。

ですが、取り扱いの求人数は減るものの、今までの経験を活かして即戦力になれる人材やスタートアップ事業で活躍できる人材を求めている企業というのは少なからず存在します。

 

この自分のスキルや経験を求めている企業の求人に適切なアピールをすれば、50代でもかっつ役出来る職場というのは十分に手に入れることができるのです。

事実、50代の転職でも年収維持、またはアップしたという方は多いです。

なので「自分には転職は厳しい」と諦めないで、根気よく自分の力を活かせる企業を探していきましょう。

 

↓↓まずは、あなたに合った転職エージェントを選んで利用してみましょう!↓↓

【2019年最新】おすすめ転職エージェントランキング16選!人気の転職サイトと比較!

  最近では、転職エージェントや転職サイトの登録は転職活動に必須です。 ただ、転職サイトやエージェントは探せばたくさんあり、どれが自分に合っているのか判断しずらいのが現状です。   ...

続きを見る

 

転職サイト・転職エージェント一覧

サービス名 特徴
リクルートエージェント 圧倒的な求人数で様々な希望条件に応える
doda 求人の質と量、サポートのバランス力良い
リクナビNEXT 転職サイトならまずはこれ!
FROM40 40~50代に特化しているので選ぶなら
シニア求人ナビ 地方にも強く40~50代に特化している
JACリクルートメント ハイキャリアの転職エージェントならココ
ビズリーチ ハイキャリアのスカウトサービスNo.1
キャリアカーバー 侮ってはいけないハイキャリア向けスカウトサービス
クライス&カンパニー 国が認めたサポート力
【2019年最新】おすすめ転職エージェントランキング16選!人気の転職サイトと比較!

  最近では、転職エージェントや転職サイトの登録は転職活動に必須です。 ただ、転職サイトやエージェントは探せばたくさんあり、どれが自分に合っているのか判断しずらいのが現状です。   ...

続きを見る

 

-転職サイト

Copyright© 就活と転職情報が集うキャリアの城 , 2019 All Rights Reserved.