転職サイト

転職エージェントは使うな!を信じていい人とは?転職エージェントの役割も紹介!

「職エージェントは使うな」と言われて、素直に信じるのは危険です。

というのも、ほとんどの求職者は転職エージェントを利用したほうが良いからです。

「安易に転職エージェントは悪」と思ってしまうと「転職先が決まらない」「良い求人がない」などの悩みの沼に陥ってしまいます。

 

そこで本記事では、転職エージェは使うな」を信じていい人の特徴と、そもそもの転職エージェントの役割を解説していきます。

今の時代、転職エージェントの利用は必須と言われていますが、本当の役割を理解していない人が多いです。

転職で失敗をしたくない人は、これから解説する事実を知って、ミスらない転職をしていきましょう。

 

「転職エージェントは使うな!」を信じていい人の特徴

今の時代、転職エージェントは転職活動をする上で利用必須と言われています

というのも、転職エージェントを利用することで受けるメリットは計り知れないからです。

なので、当サイトでも基本的には利用をおすすめします。

 

ですが中には「転職エージェントは嘘ばかりだから」「利用してもブラック企業しか紹介されないのではないか?」と思っている方も多いでしょう。

確かに転職エージェントもあくまで人材仲介サービスなので利益第一重視で利用者をサポートします。

「転職エージェントは悪」と言う評判が立つことも仕方ないのです。

>>全ての転職エージェントは嘘つきが大前提!騙されやすい利用者の特徴とは

 

なので、まずはこの記事を読んでいるあなたが転職エージェントを利用しなくても良いかどうかを判断するようにしてください。

これから紹介する特徴に当てはまる人はは、転職エージェントを利用しないほうが転職の結果が上手くい可能性があります。

「転職エージェントを使うな」と推したい人は↓になります。

  • ミドルエイジで人脈がある人
  • 自分から企業にアプローチできる人
  • 市場価値が高い人
  • 利用したくてもできない人もいる

それぞれ詳しく解説していくので、あなたが転職エージェントを利用しなくてもいいのか判断する材料にしてください。

 

ミドルエイジで人脈がある人

まず、ミドルエイジにもなると、質は置いといて今までに色々な人と出会ってきたと思います。

そういった今まで出会ってきた人たちと関わりがある人から高い評価を貰っていれば、いくつかヘッドハンティングされたこともあるでしょう。

こういった人は転職エージェントを利用するよりも、高い評価を貰いながらで転職活動ができることでしょう。

 

ただし、このパターンのヘッドハンティングで転職ができる人の注意点として、なるべくヘッドハンティングする側が役職系であることが大前提となります。

結局、人事に影響が持てない人から「ウチに来てくれ」「こんな会社が君を欲しがっている」と言ってきても何も変わらない可能性があるからです。

 

とはいうものの、こういったヘッドハンティングは色々な人から評価されるので「好待遇」「役職を任される」などのやりがいを感じる仕事のパターンが多いです。

もし、今まで色々な他会社からなど高い評価を貰っている方はヘッドハンティングされる可能性が高いので転職エージェントを利用しなくても良いでしょう。

他の会社からスカウトされているなど方は「転職エージェントは使うな」です。

 

自分から企業にアプローチできる人

自分から面接を受けさせてください」と会社にアピールできる人は転職エージェントを利用しなくても転職が可能です。

今の時代、企業はホームページを持っていることが多く、その中には「人材募集」の記事を掲載していることがあります。

 

他にも、やる気がある人であれば、自分で会社に電話やメールを送って面接の機会を作れる時もあります。

ただし「自分で企業にアプローチしよう」と思っている方に注意点があります。

それは気になる企業に100%面接の機会を作れないですし、100%内定を貰えるわけではないということです。

 

なので、転職エージェントよりも求人探しはかなり大変ですし、内定を貰うのもかなり難しいと覚悟しましょう。

変に自信過剰に上手くいくと思っていると失敗する人多いいです。

 

市場価値が高い人

市場価値が高い人は無条件で他の企業から求められます。

「ミドルエイジで人脈がある人」との内容と似たパターンです。

こういった市場価値の高い人は転職エージェントを利用しなくてもヘッドハンティングされます。

 

もちろん、職種によってはなかなか自分の市場価値の高さを知ってもらえる機会がない人もいます。

そんな時はヘッドハンティングサービスを利用して、あなたを求めている企業と出会うようにしましょう。

ヘッドハンティングは転職エージェントと違い、会社があなたに「面接を受けてください」と頼んでくるパターンになります。

なので、ブラックな企業を紹介される可能性は少ないですし、転職エージェントで転職するよりも失敗する可能性は少ないです。

 

おすすめのヘッドハンティングサービスは以下になります。

↑で気になるサービスをタップすると口コミからの評判などを解説しているので、自分のスキルに自信がある人は参考にしてください。

 

利用したくてもできない人

今の時代、色々な転職エージェントがあります。

  • 第二新卒・既卒に特化
  • 20代に特化
  • 職業別に特化
  • 地域に特化
  • ミドルエイジに特化
  • エグゼクティブに特化

↑のように色々な転職エージェントが多いです

なので、自分が利用できない転職エージェントを探す方が難しいでしょう。

しかし、中には「自分にあった求人がなかった」「結局、登録しても放置された」「登録を断られた」など、利用したくても利用できなかった人も多いです。

 

こういった人は、もう転職エージェントを利用できないですし、するべきではないのです。

転職エージェントで魅力的なのは非公開求人と面接対策などのサポートになります。

なので、利用できないのであれば、ハローワークなど、転職エージェント以外を頼るしかありません。

 

よほど市場価値が低い方以外は転職エージェントがすべて使えないということはほとんどないです。

もし、転職エージェントを全て断られた時は、気持ちを割り切って他の転職サービスを利用するしかありません。

転職エージェントの利用をすべて断られるのはかなりショッキングですが、ここでこ祖気持ちの切り替えが大切です。

 

転職エージェントのたった1つの役割とは

転職エージェントの役割は主に「サポート」も魅力的ですが、あくまで「非公開求人の紹介」がメインの役割になります。

というのも転職で重要なのは、いかにたくさんの求人と出会うかです。

 

結局、転職エージェント以外のサービスを利用しても、どうでもいい求人はたくさん出会います。

特に、あなたが本当に良いと思える求人は転職活動中に出会った全体の中で2割あればいい方です。

もちろん、良い求人に出会ったとしても、そこから書類選考や面接があります。

 

自分の満足できる転職を実現するためには、圧倒的な数のに求人を出会う必要があるのです。

もちろん、転職エージェントは非公開求人の保有数の多さと面談をもとにあなたに合った求人を紹介してくれます。

ですが、転職エージェントもあくまでも利益重視なところがあるので、適当な求人も混ざるのは仕方ないのです。

 

なので、転職エージェントで自分に合った求人をたくさん紹介してもらうのが役割になります。

 

まとめ

「こんな人は転職エージェント使うな」と言いたい人の特徴は↓になります。

  • ミドルエイジで人脈がある人
  • 自分から企業にアプローチできる人
  • 市場価値が高い人
  • 利用したくてもできない人

このような方は転職エージェントを利用しなくても、満足のできる転職ができる可能性が高いです。

 

ただし、あくまでも転職エージェントの役割は出会える求人数を増やすことになります。

そして、良い求人と出会うためには、その分だけ魅力的でない求人を沢山見る必要があるのです。

なので、転職エージェントは利用しなくても自分と相性の良い求人と出会うためにも利用するべきという結論になります。

 

また、ただ転職エージェントはあなたを騙してくる時もありますが、しっかり嘘を見極めさすれば影響はありません。

騙されないようにするには複数の転職エージェントを利用して、色々な求人を見ていくのが番おすすめです。

なので、転職を上手くいかせたい積極的に利用していきましょう。

 

どんな転職エージェントを利用すればいいのかわからない方は↓を参考にしてください。

>> 16 【目的別】おすすめ転職エージェント・サイトの比較ランキング16選!正しい使い方も!

用途別におすすめの転職エージェントをまとめているので自分に愛想なエージェントにまずは登録してみましょう。

-転職サイト

Copyright© キャリアの城 , 2020 All Rights Reserved.