転職サイト

広告業界におすすめの転職エージェント7選!成功する人の特徴も紹介

広告業界におすすめ転職エージェント

広告業界には、どの会社の転職エージェントが良いか悩んでいませんか?

転職エージェントはどれも、ある程度の数の広告業界の求人を取り揃えています。

なので、転職エージェントはいかに自分に適したサポート求人を取り揃えているかを基準に選ぶことが大切です。

 

本記事では、そんな広告業界の転職エージェントを状況別に7つに厳選しました。

どの転職エージェントを利用するか迷っている方は、参考にしてください。

また、記事後半では「広告業界の転職が成功する人の特徴」と「転職エージェントをうまく活用するコツ」も一緒に紹介していきます。

 

少しでも広告業界への転職を成功する確率を上げたい方は、しっかりと目を通していきましょう。

 

【状況別】広告業界におすすめ転職エージェント7選

広告業界の転職に役立つ転職エージェントを状況別に紹介していきます。

転職と言っても様々な状況があります。

  • ハイキャリアかそうでないか
  • あなたの年齢
  • どんな広告代理店に働きたいか
  • 転職で重要視したい部分は何か
  • どれくらいの期間で転職したいか

↑のように上げればきりがありません。

なので、あなたが納得のいく転職をするには、あなたに合った転職サービスを利用する必要があるのです。

広告業界の状況別におすすめの転職エージェントは以下になります。

サービス名 どんな人におすすめか?
ワークポート ITに特化した広告企業にたくさん出会いたい
JACリクルートメント ハイキャリアを狙いたい
リクルートエージェント たくさんの求人を見たい
doda 求人数とサポートのバランスを求めるなら
AMBI 若手ハイキャリアを目指すなら
マイナビエージェント 20代の自分に理解力を求めるなら
マスメディアン とにかく広告に特化したサービスを選びたい

それぞれ詳しく解説しているので参考にしてください。

 

ワークポート【ITに特化した広告企業にたくさん出会いたい】

ITに力を入れている求人が多いです。

現にワークポートはプログラミングスクールなども運営しています。

なので、オフラインの広告をメインに取り扱っている企業というよりは、インターネットを中心とする広告を狙っている方におすすめです。

 

また、転職サポートの仕方が、他の転職エージェントと比べて、どんどん求人に応募していくスタイルなの早めに転職活動を終わらせたい方にマッチしています。

もちろん、どんどん応募していくスタイルだけであって、サポートが雑ではないので、IT業界の広告代理店を狙っている方は利用してみると良いでしょう。

 

 

JACリクルートメント【ハイキャリアを狙いたい】

JACリクルートメント

JACリクルートメントは現場で活躍というよりは役職など、ステップアップに適した転職エージェントになります。

今までの経験を活かし、広告業界のキャリアアップとして利用するのが良いでしょう。

どちらかというと管理職を狙える方がメインかつ、30代以上を対象としたサービスになります。

 

JACリクルートメント経由で転職すれば、1000万円以上は狙えるのでスキルに自信がある方はぜひ利用してみましょう。

 

 

リクルートエージェント【たくさんの求人を見たい】

リクルートエージェント

日本最大級の求人数を保有している転職エージェントになります。

広告業界に特化している転職エージェントではありませんが、持ち前の保有求人数の多さで様々な広告業界の求人と出会えることが可能です。

とりあえず、転職するならリクルートエージェントに登録と言われているくらいです。

 

なので、まず様々な広告業界の求人を「チェックしてみたい」「知っておきたい」と考えているのであれば登録してみるといいでしょう。

 

 

doda【求人数とサポートのバランスを求めるなら】

doda

dodaもリクルートエージェントに並ぶ、転職業界最大級の転職エージェントになります。

やや、リクルートエージェントよりも求人数が少ない代わりに、丁寧な転職サポートに定評があります。

ただ、ポジション的にリクルートエージェント被るところがあるので、余裕があれば登録してみて良いレベルです。

 

または、リクルートエージェントの代わりにdodaを登録する形でも大丈夫です。

こちらも広告業界に特化していないものの、持ち前の保有求人が魅力のサービスになります。

 

 

AMBI【若手ハイキャリアを目指すなら】

AMBI

20代の方で「自分の市場価値は高い」「もっとハイキャリアを目指したい」と思っている方も多いでしょう。

AMBIは転職エージェントではなく、若手特化のスカウトサービスになります。

なので、転職エージェントのようなサポートはありません。

 

ですが、最先端の広告業界で活躍したいと考えている方は、転職エージェントと併用していくのがおすすめです。

広告業界で波に乗っている求人が多いので、入社するだけで将来のあなたの市場価値アップを見込めます。

将来は1000万円以上を目指したい方には利用してもらいたいサービスです。

 

 

マイナビエージェント【20代の自分に理解力を求めるなら】

マイナビエージェント

20代の信頼度No.1と言われている転職エージェントになります。

若者への信頼度が高いだけあって、サポートに対しての評判は高いです。

他の転職エージェントを利用していた時は冷たく対応された方でも、マイナビエージェントは丁寧な対応でよかったという口コミも見られました。

 

なので、20代で自分のキャリアに将来役立つ仕事を選びたい方には、満足度の高い転職エージェントになるでしょう。

 

 

マスメディアン【とにかく広告に特化したサービスを選びたい】

メディア広告に特化した転職エージェントになります。

さすが、メディア広告に特化しているだけあって、細かいニーズやこだわりの希望条件を理解してくれるという口コミが見られました。

ミスマッチを絶対にしたくないと思う方は一度、マスメディアンのサポートを受けるのがおすすめです。

 

ただ、取り扱っている求人は主要都市が多く、地方の求人が少ないです。

なので、地方で転職を考えている方は、他の転職エージェントの利用が必須と言っても良いでしょう。

 

広告業界の転職が成功する人の特徴3つ

ここでは、広告業界の転職でうまくいきやすい人の特徴を紹介します。

色々な転職の仕方があるように、広告業界の転職にもうまくいくやり方があります

なので、広告業界の転職を考えている方は参考にしてみてください。

 

1.未経験の職種にしない

職種とは広告業界ではなく「営業」「事務」「企画」などのことを指します。

基本的に、転職では前職とは違う職種を変更しないほうが良いでしょう。

というのも、転職は今までのキャリアで、企業があなたの市場価値を判断するかです。

 

いきなり、広告業界でも未経験の職種にチャレンジすると、どうしても企業からの評価がもらえません。

結果、転職でも思ったより内定がもらえないなど、苦戦するなどハプニングが起こります。

しかし、そうはいっても「今の職種が嫌で広告業界にチャレンジしたい」など、思っている方も多いでしょう。

 

もし、未経験の職種にチャレンジするのであれば、今までのキャリアを作った職種が広告業界の未経験の職種に行かせる部分を探してみてください。

例えば、広告業界の企画を狙っていて、前職が営業の場合だと「コミュニケーションスキルを活かして周りとの連携をしっかりとる」などです。

とにかく、自分のキャリアをよく見せる工夫をしていきましょう。

 

2.ある程度実績がある

そして、次に広告業界である程度、実績を作ったエピソードがある人は広告業界でもあっさりと転職先を見つける方が多いです。

例えば、コピーライティングを学んで、前職では広告を手掛けていたなど、即戦力とみられることが多いです。

その際に、前職に迷惑が掛からない程度に、どれくらいの売り上げアップに成功したなどの実績があるといいでしょう。

 

また、SEOやPPC広告などの副業をしていた場合も、求人を出している広告代理店からすれば、魅力的な人材に見えることが多いです。

なので、過去に広告系の仕事経験がある方は前面に押し出していくといいです。

 

3.狙うならIT系が良い!

広告業界でもオンラインかオフラインの広告、さらに種類を分けるとたくさんあります。

そして、もし広告業界を狙うのであればオンライン系の広告会社を狙うのがベストです。

というのも、やはり今の時代は、だんだんとオンラインの広告を重要視されていっているからです。

 

同じスキルの人でも、時代のトレンドに乗っているか乗っていないかだけで市場価値は変わってきます。

しっかりと業界分析をして、流行りの波に乗るようにしましょう。

 

転職エージェントをうまく活用する4つのコツ

ここでは転職エージェントをうまく活用するコツを紹介します。

転職エージェントは書類添削から面接対策、求人紹介など全て無料で利用できます。

しかし、あくまで登録する側は無料と言われていても結局、裏でお金は動いているビジネスです。

 

なので、上手く転職エージェントを利用していかないと、担当のキャリアアドバイザーの口車に乗せられてあなたとマッチしない企業に転職してしまうリスクもあるでしょう。

転職で失敗したくない方はしっかりと転職エージェントを利用するコツを実践してください。

 

1.優秀なアドバイザーを見極める

まず、転職エージェントはあくまで利益を追求した会社です。

なので、社員には「月に〇人面接される」など、アドバイザーにはノルマが定められていることが多いです。

ノルマのために「あなたは市場価値が低いです。なので、頑張りましょう」など、不安を煽ってくるアドバイザーもいます。

 

こういった自分に合わないアドバイザーが担当になった時は、アドバイザーを変えてもらうか、他の転職サービスを利用するようにしましょう。

アドバイザーとの相性で、魅力的な求人が紹介されるか決まるといっても過言ではないので、担当してもらうアドバイザーはこだわる意識を持ちましょう。

 

2.転職するやる気を見せる

アドバイザーには「良い求人があれば、どんどん応募したい」と伝えるようにしましょう。

何度も言いますが転職エージェントはビジネスです。

なので、アドバイザーも転職してくれそうな人に力を貸してくれます。

嘘をついても良いので、アドバイザーには転職に対して前向きである姿勢を貫きましょう。

 

実際、意欲的な態度をアドバイザーに見せるだけで、紹介される求人数も変わってきます。

しかし、あくまでも紹介される求人数が増えるだけで、自分に合わない求人を紹介されては意味がありません。

なので、あまりにも希望条件が合わない求人を紹介されることが多ければ、他のアドバイザーに変更、または別の転職エージェントを利用してみましょう。

 

3.アドバイザーには面接の印象を教えてもらう

アドバイザーの質が高いか低いかの判断する方法になります。

面接を終えた後に転職エージェントでは、企業の人事からフィードバックを貰えます。

その際に自分がどのような戦力になるのか、反対に入社した時に心配された時に不安要素になった部分を聞くようにしてください。

 

例えば、印象を聞いたときに誰にでも当てはまりそうな意見であれば、アドバイザーがそのセリフを使いまわしている可能性もあります。

悪い部分を聞くときは不安要素と思うところを伝えてみましょう。

 

例えば「未経験になるので、長く続けられるか不安なので」など、聞いてください。

的確に答えられるアドバイザーはそれだけ、あなたのキャリアを考えてくれていることになります。

微妙な返答をしてきた場合は、あなたを強引にでも転職させようとしている危険性があるので注意してください。

 

4.現場の声を集める

次に役員でなく、実際に職場で働く人たちと面談をさせてもらえるか交渉してみましょう。

社員の意見を聞くことで、あなたが働くかもしれない職場の雰囲気ややる気がわかるからです。

面接の際に「長く働きたいから、出来るだけ現場の話も聞きたい」などを伝えれば大丈夫です。

 

ここで言われる返答は2パターンあります。

  • 「役員に聞いたほうが良い」
  • 「どんな社員と話したいですか?」

基本的に役員が優秀なのは当たり前であって、参考になりません。

なので、前者の返答をした会社は少し注意することおすすめします。

 

社員に質問する機会を設けてもらって、どういった意識で仕事に取り組んでいる方が多いのか知る努力をしましょう。

現場で働いているリアルな意見を聞くことで、転職後のミスマッチが防げます。

 

まとめ

転職エージェントは今の時代、必須と言われています。

なので、上手く活用して、満足いく結果を手に入れてください。

特にオンラインの広告業界は、これからさらに需要が上がってくるので、務めているだけであなたの市場価値もどんどん上がっていきます。

 

仕事は人生の投資とも言っていいくらいですし、満足のいくキャリア構築を目指していきましょう。

サービス名 どんな人におすすめか?
ワークポート ITに特化した広告企業にたくさん出会いたい
JACリクルートメント ハイキャリアを狙いたい
リクルートエージェント たくさんの求人を見たい
doda 求人数とサポートのバランスを求めるなら
AMBI 若手ハイキャリアを目指すなら
マイナビエージェント 20代の自分に理解力を求めるなら
マスメディアン とにかく広告に特化したサービスを選びたい

 

広告業界の転職エージェント関連記事

ワークポートの評判・口コミとおすすめ利用法!転職コンシェルジュがしつこいって本当?

>>ワークポート公式サイト   ワークポートは転職で利用するべきかどうなのか、口コミや評判をもとに解説していきます。 強みとしてはIT・Web系の求人が多くなっているというところです。 ワー ...

続きを見る

IT転職エージェント
IT業界におすすめ転職エージェントとサイト11選!転職の失敗を無くすコツも紹介

IT業界におすすめの転職エージェントやサイトと言っても一概に「コレがおすすめ!」とは言い切ることができません。 というのも、転職サービスによっても、強みであったり弱みであったりがあるからです。 極端な ...

続きを見る

JACリクルートメント
JACリクルートメントの評判は?口コミをもとにおすすめ利用法を紹介!

>>JACリクルートメント公式サイト   JACリクルートメントは転職で利用するべきかどうなのか、口コミや評判をもとに解説していきます。 強みは、ミドルエイジのハイキャリアに特化した転職支援 ...

続きを見る

リクルートエージェント
【悪い評判アリ】リクルートエージェントの評判は?おすすめな利用法も紹介!

>>リクルートエージェント公式サイト   リクルートエージェントは転職で利用するべきかどうなのか、口コミをもとにした評判をもとに解説していきます。 強みとしては、業界最大級の案件保有数になり ...

続きを見る

【悪い評判あり】マスメディアン(MASSMEDIAN)の口コミはどうなの?おすすめ利用法も紹介!

>>マスメディアン(MASSMEDIAN)公式サイト   マスメディアン(MASSMEDIAN)は転職で利用するべきかどうなのか、口コミや評判をもとに解説していきます。 強みは、広告やWEB ...

続きを見る

-転職サイト

Copyright© キャリアの城 , 2020 All Rights Reserved.