転職サイト

仕事を押し付けられる人の特徴と対処法!責任感が強い人は要注意!

仕事 押し付けられる

仕事を押し付けられる人は少なくないようです。

当然、会社には色々な人が在籍しているので、あなたに仕事を押し付ける人はどうしてもいます。

また、業務時間内に終わればまだ許せるものの、わざわざ他人の仕事で残業時間が増えてしまう事例も多いです。

 

そこで、本記事では仕事を押し付けられる人の特徴と、押し付けられた時の対処法を紹介します。

仕事を押し付けられる状況から抜け出したい方は参考にしてください。

 

仕事を押し付けられる人の特徴

仕事を押し付けられる人の特徴

ここでは仕事を押し付けられる人の特徴を紹介します。

仕事を押し付けられる人と、そうでない人がいるように、押し付けられる人には特徴があります。

まず、仕事を押し付けられて困っている人は、自分がなぜ押し付けられてしまうのか理由を分析してみましょう。

 

責任感が強い

仕事に対して責任感が強いと、それだけ周りからも信頼され仕事を任せられるようになります。

もし、あなたが仕事を頼むのであれば「責任感が強い部下」か「雑に仕事をする部下」のどちらにしますか?

ほとんどの人は責任感が強い部下を選ぶでしょう。

 

しかし、中には仕事に対して責任感があっても、押し付けられない人もいます。

仕事に責任感が強いだけで、仕事が押し付けられる原因と決めつけてしまうのは危険なのです。

責任感が強くて仕事を押し付けられる人は、他の要因もないか探していきましょう。

 

責任感が強いのはキャリアアップをする上で必要不可欠なことですし、せっかくの良い部分をなくすのはもったいないです。

なので、責任感を持たないようにするのではなく、これから紹介する仕事を押し付けられ特徴に当てはまっていないかを注意してください。

 

Yesマンになっている

なんでも「はい」と言う人は仕事を押し付けられやすいです。

というのも、あまりにも「はい」と言いすぎると、周りから「この人はなんでも引き受けてくれる」印象を持たれるからです。

 

特に、今まで「はい」と言い続けてきた人ほど、押し付けられる頻度が増えやすくなります。

もちろん、Yesマンは外交的になれるなど、総合的に見れば人から頼られるやりがいのある人生になるかもしれません。

ですが、仕事上でYesマンになるのは過度に仕事を引き受けて、周りよりも仕事量と責任が増えます。

 

自分のキャパ以上の仕事を引き受けている人はYesマンの可能性があるので要注意です。

 

柔らかな印象を持たれている

柔らか印象を持っている人は、それだけ周りから「この人には何を頼んでも許してくれる」と思われやすいです。

なので、仕事を押し付けられるようなことをされてしまうのです。

「温厚な人」「優しそう」「いつも笑顔」とよく言われている人は、この柔らかな印象に当てはまっている可能性があります。

 

また、柔らかな印象を持たれていると、突然に仕事を押し付けられた時に断ったとしても「調子に乗っている」などの印象を持たれやすいです。

相手も押し付けてきたときにしつこく迫ってくることも多く、押し付けられる現状を変えるには勇気が必要になってきます。

 

今まで仕事を代わりに引き受けてきた

今まで仕事を引き受けてきた実績がある人も仕事を押し付けられやすいです。

というのも、代わりに引き受けてきた実績があるので、この人は頼めば大丈夫という印象を持たれているからです。

人はだれしも初めての行動にはメンタルに負担がかかります。

 

例えば、学校などの入学しきや、クラス替えには誰もが緊張した印象があると思います。

仕事を押し付ける人も一緒で、今まで押し付けてきたことがない人よりは、押し付けなれている人のほうが良いという心理が働きます。

なので、仕事を押し付ける人は、一度仕事を押し付けると何度も同じ人に仕事を押し付けるのです。

 

また、周りも仕事を押し付けて了承しているのを見ていれば、あなたに頼るようになります。

なので、今まで多くの仕事を押し付けられてきた人は、仕事を押し付けられるのが途切れないのです。

 

自己肯定感が低い人

自己肯定感とは、いかに自分のことを肯定的に捉えているかを指します。

自己肯定感の低い人は自分自身に対して以下のようなイメージを持っていることが多いです。

  • 自分はダメな人間
  • 素の自分でいると嫌われる
  • 周りより劣っているところを探しがち
  • 仕事を押し付けられるのが当たり前
  • 仕事があるだけでありがたいと思っている

このように思っている人は自己肯定感が低い可能性があります。

自己肯定感が低い人は、周りへの依存度が高いので、頼まれごとをされてしまうと断れないことが多いです。

ただ、この記事を読んでいるあなたは、極端に自己肯定感が低い可能性はないです。

そもそも、自己肯定感が低い人は仕事を押し付けられても「これが普通」と思うことが多く、改善しようと思いません。

 

しかし、周りの自己肯定感が高すぎる人が多い職場の場合は注意が必要です。

というのも、自己肯定感が高い人は自分より自己肯定感が低い人を下に見て仕事を押し付けることが多いからです。

なので、あなたの自己肯定感が低くなくても、周りの自己肯定感が高い人が多い職場の場合は注意しましょう。

 

ちなみに、自己肯定感が高すぎる人などは、自分ができる思い込みが強くなりやすくパワハラをしてくる人が多いです。

 

仕事を押し付ける人の対処法

仕事の押し付けの対処法

ここでは仕事を押し付けられた時の対処法を紹介します。

仕事を押し付けられる現状を変えるのは、それなりの労力がかかることは覚悟してください。

というのも、人の印象というのは変えるのが難しいからです。

 

一度、刷り込まれた印象は変えるのが難しいです

ただ、周りから「この人に仕事を押し付けるのをやめよう」と思われた時には、仕事環境にもやりがいを感じられるようになるので、現状を変えたい方は実践しましょう。

 

自分の仕事を忙しくするのが無意味な理由

まず、仕事が忙しそうなフリをするのは対策にはなりません。

むしろ「この人は仕事をこなすスピードが遅い、仕事スピードを落とし始めた」と思われるようになります。

もちろん、仕事を忙しくして実績を残せれば話は別です。

 

ですが、対して実績なども残せないにもかかわらず忙しそうな振りをするのは、後々のキャリアアップや会社の評価を下げるリスクがあります。

なので、実際に仕事量を増やすのは良いですが、下手に忙しそうなフリをするのはお勧めしません。

むしろ、やらないほうがマシです。

 

自己肯定感を高める

まず、押し付けられる根本的な対策方法として、自己肯定感を高めるという方法です。

過度に仕事を押し付けられる現状は、まず大前提として「押し付けている人があなたより自己肯定感が高い」というのが根本的な原因です。

結果、自己肯定感が高い人に下に見られる、なめられた態度をされ仕事を押し付けらるのです。

 

まず、自己肯定感を高めるために、職場の人達とは同じ人間であると思ってください。

こう思い始めるだけでも、仕事を押し付けられるのが理不尽だということがわかってきます。

そもそも仕事を押し付けられるのは相手や周りが仕事をできないわけであって、あなたが押し付けられる理由にはなりません。

 

まず、自己肯定感が低い人は、相手の態度に惑わされないように客観視することを身につけましょう。

そして、むしろ自分のほうが仕事をできると思うのであれば、少しずつでいいので指摘するようにしてください。

初めは断らなくても仕事を頼まれたら「コーヒーおごってくださいね」など、小さな抵抗をしていきましょう。

 

小さな抵抗をしていくうちに、相手と自己肯定感が同じになっていくので押し付けられる頻度も減っていきます。

しかし、あくまでこの方法は長期的な改善策で、完璧にこなすのが難しいでしょう。

なので、これから紹介する対処法を並行して実践してください。

 

仕事を断る意識を持つ

まず、自分のキャパ以上の仕事が来たときは、期限に間に合わせるは難しいと伝えてください。

そもそも自分の仕事に支障がないのであれば、頼まれた仕事を断る必要がありません。

自分のキャパ以上の仕事を理不尽に押し付けられるからこそ、不満に思うわけで難しいと一言入れておきましょう。

 

その上で、相手が押し付けてくるのであれば、難しいと一言伝えてあるので必死になる必要はないです。

しかし、中にはそれでも仕事を押し付けられる、チームの仕事で埋め合わせをしないといけない場合もあるでしょう。

 

基本的には相手の責任なので無視すればいいと言いたいところですが、そうはいかないでしょう。

なので「今度埋め合わせお願いね」と言えばいいです。

自分が仕事に困ったときに助けてもらっても良いですし、ご飯を奢ってもらう約束でも構いません。

 

注意点としては、嫌みっぽく言うとケチ臭いなどの印象を残してしまうので、あくまで半分冗談くらいの気持ちで構いません。

長期的に見れば、そういったコミュニケーションが相手に「この人は押し付けるのは申し訳ない」と思わせ、押し付けられる機会を減らす対策になります。

 

時間を貰うようにする

次に押し付けられた仕事は後回しにするようにしましょう。

何よりも仕事で大切なのは、自分の担当している仕事であって、相手が押し付けてきた仕事ではありません。

なので、ゆとりを持った期間を貰うようにしましょう。

 

あくまで無理なくこなせる範囲で大丈夫です。

むしろ、こなすのが難しいのであれば「あなたの仕事は優先できないけど大丈夫?」くらいの確認を取っておくいいでしょう。

きっぱり断ってしまうと相手に不快感を与えてしまうので、なるべく「押し付けてきた仕事は優先度が低くなるよ」とアピールしましょう。

 

部下に任せる了承を得る

次に仕事を押し付けられるのであれば「手の空いている部下に任せるけどいいですか?」と了承を得るようにしましょう。

部下に仕事を任せることが出来れば、あなたの負担も減りますし、部下の経験を詰めることもできます。

しかし、中には「あなたにしてほしい」と言ってくる場合もあります。

 

そういった時は「時間を貰うようにする」で言ったように、「自分の仕事があるので遅れますが大丈夫ですか?」と一言言っておけば大丈夫です。

結局、押し付けられる仕事は、いかに避ける、または楽にこなしていくかが重要になります。

 

20台前半は重要な仕事なら押し付けられたほうが良い

もし、あなたが20代前半で重要な仕事を押し付けられるのであれば、むしろ引き受けたほうが良いです。

というのも、特に20代前半などの場合は他の先輩と比べても、明らか仕事に対しての経験値が少ない状態です。

なので、早めに重要な仕事に絡んでおくのは将来の出世や、もし転職活動した時の武器にもなります。

 

しかし、適当な雑務などの場合は、上手くかわすスキルが必要です。

重要な仕事さへこなしていけば、重要な仕事が回ってきやすくなるので将来のためになります。

 

あまりに押し付けがひどいなら

あまりに押し付けがひどいのであれば、それは理不尽なパワハラの可能性があります。

そういった場合は自分の市場価値を調べつつ、転職活動をしてみるのがいいでしょう。

しかし、転職は「新しい職場で馴染めるか不安」「また同じような問題を振り返ったらどうなるだろう」など、悩める部分が多いと思います。

 

そういった場合は、働きながら転職活動を始めて、自分にはどういった職場で働ける可能性があるか調べてみるといいでしょう。

パワハラは最悪うつ病になるリスクがあるので、逃げるが勝ちです。

また、結局は働きやすい環境が、仕事のパフォーマンスが上がり、将来の出世にもつながります。

 

なので、あまりにも仕事を押し付けてきて精神的にしんどいと感じている方は転職活動を始めてみてもいいでしょう。

ほとんどの人は「自分はこの会社しかない」と、きつい仕事でも自分に鞭打って働きますが、この考え方はよくありません。

むしろ、自分は逃げ道があると思うだけでも、押し付けを断る勇気にもなりますし、仕事に対するプレッシャーを避けることができます。

 

投資やギャンブルでも、引き際が大事なように、仕事も人生の大半をかけた投資です。

なので、自分のことを第一に考えて、我慢できる範囲を見極めて引き際は間違えないようにしましょう。

 

転職エージェントが必須の時代!

転職エージェント

今は求人数が多い時代です。しかし、優良企業はごくわずかなんですよね。。。

結果、求人に載っているウソの情報に騙され、働いてみるとブラック企業…ということがあるのも現状です。

転職エージェントを使えば、求人を見る段階で内情も分かるので希望の職場に出会えるんです。

今は、転職を成功させるためには、転職エージェントが必須の時代です。

ただ、転職エージェントは100を超える会社があります。

おすすめのエージェントや選び方については↓でまとめているのでチェックしてみてください。

>>【目的別】おすすめ転職エージェント16選&正しい選び方!!

エージェントはもちろん無料で利用できるので、少しでも良い企業に転職したい場合は、使っておいて損はないでしょう。

 

仕事の押し付けられる人向け関連記事

上司が嫌いで転職サムネ
上司が嫌いで退職はあり!例外パターンもあるから注意しよう!

「上司が嫌で退職するのはありなのか?」と、会社で上司との付き合いが上手くいっていない人は思っていませんか? 結論を言ってしまうと上司が嫌で退職するのは「あり」です。 本記事では、なぜ上司が嫌いで退職す ...

続きを見る

転職エージェント・転職サイトおすすめ16選
【目的別】おすすめ転職エージェント・サイトの比較ランキング16選!正しい使い方も!

転職エージェントや転職サイトの登録は転職活動に必須です。 自分に合った転職エージェントとサイトを上手く活用できるほど、納得のいく転職ができる確率が上がっていきます。 なぜなら、あなたが満足のいく求人と ...

続きを見る

上司が暴言を言ってくるなら退職しろ!対処法とやり返す方法も解説!

「上司の暴言に耐えられない」 「暴言にどう対処したらいいのか?」 「暴言を吐かれた上司をやり返す方法を知りたい」 このように、思っている方は本記事を参考にしてください。 暴言を吐く上司の対処法、やり返 ...

続きを見る

転職サイトとエージェントサムネ
【比較表】転職サイトとエージェントの違い!スカウトサービスも比較!

今の時代では「転職サイト」「転職エージェント」「スカウト」の3つのサービスは、転職活動で利用必須と言われています。 ただ、必須と言われていても中には「色々な種類がありすぎて違いがわからない」と思ってい ...

続きを見る

会社を辞めれない雰囲気を感じる原因3つ!乗り切る方法や具体的な辞め方も!

勤めている会社の辞めれない雰囲気にのまれて、ダラダラと働くのは良くありません。 というのも、実現したいキャリアがあるのであれば、そのキャリアの最短の行動をするべきだからです。 長期的に見ると辞めたいの ...

続きを見る

会社の人手不足は気にする必要なし!辞められない時の対応方法を紹介!

会社が人手不足で辞められないと困っていませんか? 「上司に引き留められて辞めるのがめんどう」 「私が辞めるとみんなに迷惑をかけてしまう」 「人手不足がマシになるまで待とう」 ↑のように思っているといつ ...

続きを見る

-転職サイト

Copyright© キャリアの城 , 2020 All Rights Reserved.