転職面接

面接の退職理由(転職理由)はどうしてる?役立つ例文も紹介!

投稿日:

転職の面接で退職理由を正直に

  • サービス残業だから
  • 人間関係がうまくいかなかった
  • 給料が少なかった

のような、ネガティブな回答をしても内定を貰うことはほぼ不可能に近いでしょう。

面接で退職理由を聞かれた時には、面接官に納得して貰えるような伝え方が必要になるのです。

 

そこで今回は、退職理由(転職理由)を上手く伝える方法や回答例、コツなどを紹介します。

 

企業が退職理由を聞いてくる意図

まず、初めに企業側が退職理由知りたいと思う意図について解説していきます。

主な企業側の意図は下記の2つです。

  • 人間性の確認
  • 同じ理由で退職してしまわないか

 

この2つを理解すれば、自ずと面接時に企業が求める回答をしやすくなるので、面接官から高い評価を得やすくなります。

 

まずは企業側の意図を読める、応募者になっていきましょう。

それでは解説していきます。

人間性の確認

あなたが元にいた会社でどのような人だったかを知りたいのです。

企業側が退職理由を聞くことで、

  • どの部分に不満を持ちやすいか
  • どんな人間なのか

という風に、すべて理解までとは言い切れませんが、少なからず理解を得るヒントを企業側は得ることができます。

 

また、企業に

  • どのような能力が発揮されるか
  • 働く意欲は高いか

などのような判断をしてもらうヒントにもなります。

 

面接官に人間性がダメと思われれば内定から遠ざかりますし、「今回の応募者は人柄的にも信用できる」と思われれば、あとは自分が企業で働いたときにどれくらい利益をもたらせれるかをアピールできれば内定獲得にグッと近づきます。

 

同じ理由で退職してしまわないか

もう一つは、企業が前の会社と同じ理由で退職しないかを判断しています。

 

退職理由を聞かれて際に正直に「残業が多くて会社を退職しました。」と答えれば、面接官から「この人は残業に我慢できない人」と思われてしまう可能性が大きいでしょう。

 

もし応募した会社が、残業する機会が多いところであれば「この応募者はウチには合わない」と判断され、内定から遠ざかるようになります。

企業側はなるべく、社員にする人には辞めて欲しくないと思うわけですから、できるだけ退職理由には工夫して回答する必要があります。

 

この工夫の仕方については次の「面接官から受ける退職理由の作り方」で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

面接官からウケる退職理由(転職理由)の作り方

ここでは実際に面接官から退職理由を質問された際に、評価を上げる回答を作る方法をご紹介します。

基本的には紹介する方法であなたオリジナルの退職理由を作ると、面接官から掘り下げる質問をされても対応しやすくなります。

 

退職理由のベストな構成としては

「退職したエピソード」+「これからどうしたいか」

の2つの要素で構成した退職理由で返答すると、退職理由の質問する意図でもある人間性の良さ会社で働く意欲の高さをアピールできます。

 

企業側の意図をくみ取った退職理由の具他的な作り方としては以下の4ステップです。

  1. 辞めたいと思ったきっかけの明確化
  2. 辞めたいと思ったきっかけに積極性を持たせる
  3. あなたが会社でどうしたいかの明確化
  4. 二つを組み合わせる

 

それぞれ一つずつ解説していきますので、自分のペースで理解を深めていってください。

 

1.辞めたいと思ったきっかけの明確化

なぜ退職したいと思ったのかを明確化していきます。

いきなり前触れもなく「退職しよう」と思った方はいないでしょう。

 

「退職しよう」と思ったからには、そう思ったきっかけのエピソードがあるはずです。

このエピソードを徹底的に洗いざらい、ワードに残したり紙に書くなりしてまとめて明確化してください。

 

この時は特に良く書こうなど気にする必要はありません。

嫌なエピソードをそのまま書いてください。

 

この明確かしたエピソードが退職理由の軸になるかつ、自分の転職先に求めるこだわりが見えてきます。

しっかりと退職したエピソードを明確化して次のステップに行きましょう。

 

2.辞めたいと思ったきっかけに積極性を持たせる

1ステップのエピソードをそのまま面接官に回答しても、ネガティブなきっかけ程「この応募者はすぐに辞めそう」と思われ評価が低くなってしまいます。

この面接官の不安を取ってあげるためには、消極的なきっかけを積極的なきっかけに変えてあげることが必要です。

 

簡単な例を出すと、

残業して当たり前の社風が嫌になった

→残業は良いが、もっとオンとオフをはっきりして効率のいい仕事をしたいと思った

 

上司に怒られまくるのが嫌になった

→もっと積極的にアイデアを出せる職場で働きたい

 

自社の商品がぶっちゃけ微妙で売れる気がしない

→もっとみんなが良いと思ってくれる商品を販売したい

 

のように自分がどこを改善したいと思ったかに変換するようにすれば、積極的なきっかけに変換しやすいです。

仕事に対して積極性を持たせるようにしましょう。

 

3.あなたがその会社でどうしたいかを明確化

次にあなたが応募した会社に入社した際には何をしたいかを明確化します。

いわゆる、応募した企業に入社した際にはどのような働きをしたいかです。

 

どのようにしたいかを明確化することにより、あなたが入社すればどういう働きをして、企業にメリットを与えることができるかの軸になります。

このどうしたいかの部分を企業に伝えることで、よりあなたがどう働くかがイメージしてもらいやすくなり、信用できる人材と認めてもらいやすくなります。

あなたが企業にどのようなメリットを与えるかは企業側が重要視している一つなので、しっかりとした企業リサーチをもとに考えると良いでしょう。

 

4.二つを組み合わせる

後は二つを組み合せば完成です。

面接官からも評価が高くなる退職理由を伝えることができるでしょう。

 

2ステップの例から組み合わせると

残業して当たり前の社風が嫌になった

→残業は良いのですが、もっと効率のいい仕事の仕方があると思った。

→もっとオンとオフをはっきりして効率のいい仕事をして、より仕事に高い成果の結果を出したい

 

上司に怒られまくるのが嫌になった

→もっと積極的にアイデアを出せる職場で働きたい。

→もっと、上司関係なく意見を言って自分のスキルアップに繋げたい。

 

自社の商品がぶっちゃけ微妙で売れる気がしない

→もっとみんなが良いと思ってくれる商品を販売したい

→いろいろな人に胸を張って商品を売って、スキルアップを目指したい。

 

退職理由の質問をされた時は2つの要素を組み合わせれば、企業の求める回答ができるようになります。

 

企業に落とされる退職理由のNGルール

次に退職理由でしてはいけない回答ルールをいくつかご紹介します。

もし、あなたの退職理由がこのNGルールに当てはまっているか核にしてみてください。

 

面接後に気づいてからでは取り返しがつかなくなります。

しっかり退職理由を考えた後には復讐するようにしましょう。

 

他人のせいにしている

どうしても、他人に責任を押し付ける他責思考が強い回答をしてしまうと「内定を上げてもすぐに辞めるのではないか?」と疑われて評価が下がってしまうことがあります。

企業側も毎回他人に責任を擦り付ける人材より、責任感が強い人材を求めています。

 

特に上司などの人間関係が理由で退職を決めた方は要注意です。

ポジティブな理由に変換したとしても「上司に責任を押し付けていないか」を確認するといいでしょう。

 

あくまで自発的で積極的な理由から転職を選んだ姿勢を貫いてください。

 

会社のせいにしない

人のせいにしないと同様に転職理由を会社のせいにもしないようにしてください。

「会社が○○を許してくれなかったので退職を選びました」などの理由も一見、積極的な理由に聞こえそうなのですが、面接官側からすると他責思考な人と見られなくはありません。

 

あくまで、自分がこうしたい気持ちが強くて自発的な理由で退職を選んだようにしないといけません。

 

嘘の退職理由を言う

正直、消極的な退職理由を積極的な退職理由に変換するという作業は、手間がかかりめんどくさいと感じることもあるでしょう。

ただ、めんどくさいからと言って嘘の理由をでっちあげるのはNGです。

 

どこからか拾った回答例を真似るのと同じで、嘘の回答を掘り下げられればボロが出ますし、なんか嘘っぽい態度が無意識に振る舞いで出てしまいます。

また嘘の内容によっては内定取り消しになるなんてこともあるので、しっかりとしたオリジナルの積極的な退職理由を用意しておきましょう。

 

先過ぎる将来を話しすぎない

  • 「こういったキャリア構築をしたい」
  • 「こういったビジョンを最終的に持っている」
  • 「将来は親の会社を引き継ぐ」
  • 「起業しようと思っている」

というような、入社したときにどうしたいかではなく、その先の将来をほのめかすようなことを言ってはいけません。

 

 

本音を伝えることは大切ですが、建前も必要です。

もし、あなたが転職をいくつか繰り返して、キャリアアップしていこうと思っていても本音は言うべきではないでしょう。

 

企業側したら社員にはできるだけ長く活躍してほしいわけですから、あくまで会社で働いている時にどうしたいかの部分だけを伝えてください。

 

入社したらどうしたいの説明がない

退職したきっかけだけではなく、あなたがどういう働きをして今後どうしたいかも面接官に伝えましょう。

転職を考えたきっかけだけではどうしても信用性の部分で足りないです。

 

企業からしっかりした人材であると認めて貰う為にも、

「退職したエピソード」+「これからどうしたいか」

の2つの構成のうち「これからどうしたいか」の部分はしっかり面接官に伝えましょう。

 

転職理由の回答例

ここでは実際に退職理由の例を紹介します。

退職理由の作り方であまりイメージがつかめなかった場合や、どういう風にすればポジティブな理由に変換できるかのレパートリーを増やしたい方はぜひ参考にしてみてください。

 

同僚との関係が悪かった場合

(退職したエピソード)

前の仕事では個人のノルマが決まっており、個人で仕事を担当することが多かったです。周りとの私は周りとの連携を取り、いかに結果を出せないかと常々考えておりました。

(これからどうしたいか)

新しい会社では職場でコミュニケーションを取り、職場みんなの力で個人に勝る大きな結果を残したいと思い退職を選びました。

 

上司がすぐ怒る

(退職したエピソード)

前の会社では年功序列なところもあり、若手社員がアイデアを発表する機会に恵まれなかったです。

(これからどうしたいか)

私は社歴や若手関係なくアイデアを出し合い、議論できる職場に働きスキルアップしたいと思い退職を決めました。

 

勤務地が遠い

(退職したエピソード)

前の会社が転勤の勤務地として片道2時間以上かかかる所を打診されました。私としては勤務に労力をかけるのであれば、もっと顧客との深い信頼関係を築いたりしたいと思っております。

(これからどうしたいか)

顧客との信頼関係を獲得し、もっと仕事に労力をかけたい思いが強くなり退職しました。

 

残業が多い

(退職したエピソード)

前の会社ではノルマがありどうしてもスピード重視の業務が必要でした。ただ私的には、量より質を上げ、一人ひとりのお客様に満足してもらうのが需要なのではないのかと常々考えています。

(これからどうしたいか)

もっと顧客の満足度を重要視する会社に働きたいと思い退職しました。

 

給料が安い

(退職したエピソード)

前の仕事は営業なのですが配属された部署で営業トップになったにも関わらず、実績がなかなか給与に反映されずモチベーションを今後保って仕事をするのは難しいと思いました。

(これからどうしたいか)

私は実績がしっかりと評価される会社に入り、高いモチベーションで仕事をしたいと思い退職を選びました。

 

参考にする際の注意点

ここまでに簡単な例を出させてもらいました。

ただ、参考にするにあたって注意点があります。

 

それは、会社をリサーチして面接官に「ほかの会社でもいいんじゃない?」と思われないような伝え方をするということです。

どうしても紹介したのと同じように真似してしまうと、退職理由の抽象度が低く「他の会社でも良いんじゃない?」と思われてしまいます。

 

基本的には、応募した会社の

  • 社風やどういった商品
  • サービスを扱っているのか
  • わかるのであれば評価の仕方

などなどを、少しだけ退職理由に組み込める範囲で組み込んであげると面接官からも「だからうちの会社なのか」と思ってくれやすくなります。

 

履歴書に使える退職理由の書き方

次に履歴書に退職理由の書き方や注意点を紹介します。

 

字数は150~250字がベスト

履歴書や職務経歴書に退職理由を書くのであれば、150~250字くらいがベストでしょう。

150字だと内容が少なすぎてうまく伝わりずらいですが、250字以上も内容がゴチャゴチャになりやすく読み手側に伝わりづらくなります。

 

できるだけ読みやすく簡潔に

面接で話す場合と比べ、文章にする場合はより簡潔にまとまりの良い構成にしないといけません。

ダラダラと長い文章を作るのではなく要点だけを書いていきましょう。

 

読む側を思ったサラッとわかりやすい構成で書いていってください。

「それだと文章が短くなりすぎないか?」という不安点もありますが、案外150字以上というのは簡単に書けてしまいます。

 

「少し省きすぎなんじゃ」くらいが案外、ちょうどよいクオリティの退職理由が書けます。

 

内容がちぐはぐにならない

退職理由の構成は

「退職したエピソード」+「これからどうしたいか」

と解説しましたが、この2点の主張がちぐはぐにならないようにしましょう。

 

どうしてもちぐはぐになってしまうと退職理由に一貫性がなくなってしまうので、信ぴょう性がなくなってしまいます。

何をしたいから辞めて、今後はこうしていきたい内容には一本の軸を作って展開していきましょう。

 

退職理由にプライベートの内容は入れない

転職理由では「プライベートがきっかけでこの仕事に入りたい」などの理由は、あまり得策ではないでしょう。

あくまで転職理由は自分の社会経験から見出すのが普通です。

 

ただし、例外として第二新卒は社会経験が多くありません。

そういった場合には、できるだけ社会経験から見出しつつも、プライベートな部分を少し入れて根拠を書き出すという方法はやりすぎなければ効果的になるでしょう。

 

第二新卒の方は根拠がまだちょっと信ぴょう性に欠けると感じたときには、少しだけ取り入れてみるといいでしょう。

 

内容だけでなく見栄えも気にする

内容だけではなく、

  • 文字の大きさ
  • 文字のバランス
  • 文字のスペース

のような見栄えの部分も気にしていきましょう。

 

もちろん、一番重要なのは内容です。

ただ、履歴書には限られたスペースしかないので、熱意が少しでも伝わる工夫をしないといけません。

 

その為には内容だけでなく、できるだけストレスなく読んで貰う為に、文字全体のバランスを工夫したりすることも大事なのです。

 

退職理由を上手に伝えるコツ4選

 

次にできるだけ面接官に評価の上がる伝え方を紹介します。

退職理由は工夫や対策という前提を取ってしまうと、自分がいわゆるネガティブな要素を企業側に教えるということです。

 

このネガティブな理由をいかに積極性ある退職理由にしてしまうのかが工夫や戦略といったものです。

志望動機や自己PRをアピールと違い、退職理由はネガティブな要素を含んでいるので、少し他の質問を回答するより慎重にならないといけないのを頭に入れていてください。

 

ここでは、そんな退職理由の回答するうえで再確認してほしいコツをご紹介します。

もちろん他の質問するときにも使えるんですが、特に自分のネガティブな部分を伝える退職理由の回答には特に気を付けてください。

 

眉間を見て話す

できるだけ退職理由を解説する時は、面接官の眉間を見ましましょう。

よく面接官の目を見て話をしないといけないのは耳にすると思いますが、心理学的な観点を取り入れると眉間を見る方が効果的です。

 

どうしても相手の目を見てしまうと、自分の瞳も相手の目線などでブレてしまうんですね。

瞳がブレるというのは挙動不審であったり、落ち着きがない時をしている瞳と同じ状態です。

 

揺れている瞳を見た面接官は「自信のない人」「嘘ついているのか?」と疑ってしまうのです。

この目線で疑われないかつ、自信のある印象を持って貰う為にはちょうど目と目の間の眉間が良いというわけです。

 

眉間を見ていればあなたの目線ブレたり、瞳が揺れたりすることはありません。

ぜひ、相手の顔を見て話すときは眉間を意識してみるようにしましょう。

 

堂々と話す

姿勢を正してしっかりと落ち着いた動きで面接官に退職理由を答えるようにしてください。

相手の印象というのは話す内容も重要ですが、あなたのふるまい方も大きく印象にかかわります。

 

回答がしっかりしているのに、なよなよした姿勢だと面接官にせっかく良い印象を与えるのに効果が半減してしまいます。

上手く回答するには「姿勢やふるまい方もセットで対策する」くらいの気持ちが丁度いいでしょう。

 

福利厚生の話などはしない

  • 「有給が取れない」
  • 「ボーナスが少ない」
  • 「控除や手当がない」

のような、どうしようもない部分は退職理由では話さない方が良いでしょう。

どうしてもこれらが辞めた理由になってしまうと、面接官からすると「結局はお金の問題であって働く意欲はない」と捉えかねられません。

 

もし給与体などが問題なのであるのであれば「実績が評価されない」などの積極的な理由に変換してください。

ただ、有給や控除などは積極的理由にするのは難しいので、面接では触れないのが妥当でしょう。

 

具体的に伝える

退職理由は無理のない範囲で、できるだけ細かく具体的に回答しましょう。

 

  • 「評価されない」
  • 「もっとみんなとコミュケーション取って仕事したい」
  • 「スキルアップしたい」
  • 「企業に貢献したい」

だけではどうしても抽象度が低いので面接官からも「ほかの企業でもいい」「なんか考えが甘い」と思われてしまいます。

 

  • なぜ
  • なにを
  • どうやって
  • いつ
  • 誰と
  • どこで

の英語でいう5 W1Hを意識的に退職理由で解説してあげることで、あなたの発言の抽象度が上がり面接官からも「しっかりしている人」と思われ信用度が高くなります。

しっかり応募する会社をリサーチして、あなたの労力会社が求めている労力のニーズをすり合わせて下さい。

 

最後に、、、退職理由は積極的な理由が重要

適切な退職理由を答えるには、何よりも積極的な理由を回答しなくてはなりません。

退職したきっかけのエピソードは人それぞれですし、あなただけの積極的な理由を考えていきましょう。

 

ベストな積極性溢れる退職理由ができた後に、今度はふるまい方などのテクニックを気にするようにしてください。

こうすることで内容もしっかり、しかも落ち着いていてしっかりしている印象も待たれるようになり、内定獲得に一歩リードします。

 

また、志望動機などや自己PRなどもある程度、退職理由の軸と合わせておくと、面接すべての答えに一貫性が出てくるので面接官から評価が上がりやすくなります。

余裕のある方はぜひお試しを。

-転職面接

Copyright© 就活と転職情報が集うキャリアの城 , 2019 All Rights Reserved.