転職知識

50代の転職は「厳しい」の一言!ただし諦める必要はない

50代の転職は厳しいです。

今現在はだんだんと50代でも転職する人が増えてきて、ミドルエイジの需要も上がってきたとは言われています。

ですが、50代の転職はまだまだ簡単ではありません。

 

むしろ、50代の転職事情を知っておいて転職するのか、しないのかで納得のできる転職ができるかの結果も変わってきます。

それだけ、転職と言うのはいかに情報を集めるかが重要だということです。

本記事では、50代の転職がなぜ厳しいのかと、転職を成功させている50代の特徴を紹介していきます。

 

「失敗は許されない」「50代の転職って難しいの?」など、思っている方は参考にしてください。

 

50代の転職は「厳しい」の一言

50代の転職は厳しいです。

 

あなたが人事などの経営者の立場をイメージしてください。

最終面接で40代と50代の最終面接をすることになりました。

やや50代の方が今まで働いてきた期間が長いので、現場スキルの功が少しあることにします。

 

さて、長期的な経営を求められる現場でなら、あなたはどちらを優先的に内定にしますか?

おそらく答えは40代だと思います。

今の時代、終身雇用までの期間は伸びていますが、まだまだ長期的に考えれば若い方が選ばれるということです。

 

ましてや、40代と50代のスキルはそこまで大きな差がないことが多いです。

むしろ40代の方が現役バリバリの可能性があるわけですから、即戦力としても採用しやすいです。

 

50代の需要が上がっていることはたしかです。

厚生労働省の調査でも45歳~54歳の転職者の全体数がだんだん増えています。

ですが、あくまでも45歳~54歳の転職者の全体数が増えているものの、45歳未満の転職者の全体数も増えているのです。

 

なので、転職の受け入れ態勢が多くなっていることは確かですが、競争率が下がったということではありません。

企業側から早期退職を進めたりするニュースも度々見ていると分かる通り、50代の転職が時代的に厳しいという表れなのです。

 

50歳から職場に期待はしない

そもそも50代の転職では現場に期待しない方が良いでしょう。

特に、50代ともなると社会人としてはキャリアのベテランの部類に入ります。

なので、以下のように思っている方が多いです。

  • 「年収○○円以上は転職しても貰える」
  • 「すぐに転職ができる」
  • 「すごく満足できる職場に転職できる」
  • 「即戦力を求めている企業がある」
  • 「転職で苦戦することはない」
  • 「転職してもすぐに頼られる」

↑のような考えは、心理学的に言うと自信過剰バイアスという状態になっています。

自信過剰バイアスと言うのは、いわゆる「自分はすごい人だ」と思い込んでしまう心理状態のことです。

例えば、インフルエンザが世のなかに流行っていると、自信過剰バイアスにかかっている人は「俺は元気だから大丈夫」と思う心理状態です。

 

この心理状態で転職活動をしてしまうと、転職先を高望みしたりして転職のチャンスを潰してしまうことも多いです。

特に50代の方は職場でも先輩になり自分の実績やスキルを過信しやすいでしょう。

なので「当てはまっているかも」と思った方は、注意してください。

 

基本的に50代の転職で年収アップの実現できた割合は低いです。

そもそも職場環境の良い企業が多ければ50代の転職者は増えません。

なので、転職を考えている方はいかにポジティブでいるかよりも、ネガティブな要素を冷静に分析し、対処しながら転職活動が重要です。

 

50代で転職を成功させる人の特徴

50代の転職はなかなか厳しいことは解説してきました。

ですが、中にはて「転職する意思は変わらない」「今の職場から何としてでも離れたい」と思っている方も多いでしょう。

そこで、ここでは50代でも満足のいく転職ができた人達の特徴を紹介します。

 

「転職で後悔したくない」と思う方は、今の自分の何が足りないのかを把握するようにしましょう。

 

ハイキャリアであること

まず、今現在ハイキャリアであれば、転職も上手くいく可能性が高いです。

というのも、今現在がハイキャリアと言うことは、あなたの市場価値が高いことが多いからです。

 

しかし、今現在がハイキャリアでも上手くいく人と、上手くいかない人との差があります。

それは今現在や過去に勤めていた市場や職種が今後どうなるかです。

 

例えば、今はコンビニなどでもレジの無人化になっています。

こういった、コンビニのようなレジ打ちのように、市場が落ちていく職種はどんどん市場価値が下がり、他企業にそこまで魅力的な人材にならないということです。

なので、いくらレジ打ちの仕方を教えるのが上手い、打つのが早くても無意味だということです。

 

反対に、企業から引っ張りだこになる人材がいる市場と言うのは、無人レジの機械を開発したりする職業であったりします。

例ではレジ打ちにしましたが、他の職業でも同じです。

なので、専門知識があったりする方でも自分のいる市場が衰退するか、しないかを客観的に判断するようにしましょう。

 

また、例外としてコンサルタントや営業管理職など、他の市場に移っても即戦力として活躍できる場合は市場価値が高いとみなされやすいです。

 

とにかく行動できる人

次にとにかく転職活動に時間が取れる人は転職でもいい結果を残す傾向があります。

基本的に良い求人と出会うまでには、それなりの数の「普通の求人」「これはないと思う求人」と出会うことになります。

統計学上で「良い求人」「普通の求人」「これはないと思う求人」は2:6:2に分かれると言われ、本当に自分に合った良い求人と出会うには4倍の数の転職する意欲のわかない求人と出会うことになるでしょう。

 

転職を何度も経験していて転職サービスの扱いに詳しい、市場価値がとても高いなどの方は効率よく転職を進められるかもしれません。

しかし、そこまで転職活動が慣れていない方は「良い求人に出会うためには、多くのどうでもいい求人と出会わなければいけない」と考えてもらうと良いでしょう。

 

たくさんの求人と出会うためには、それだけ多くの転職サービスとの併用が必要ですし、企業分析なども必要です。

良く転職エージェントなどのサポートしてくれるサービスでは職場環境の情報などを教えてくれます。

ですが、嘘をついている可能性もあるので信じすぎないようにしましょう。

>>全ての転職エージェントは嘘つきが大前提!騙されやすい利用者の特徴とは

 

素直な人であること

次に50代ともなると、キャリアに自信を持つ方も多いです。

そんな時に注意しないといけないのが知った風な気にならないということです。

特に、今の時代は面接対策や書類選考の対策をしてくれる転職エージェントの利用が必須ともいわれています。

 

転職エージェントでは嘘をついてくる場合もありますが、本当の場合もあります。

例えば、どれくらいの求人に申し込んでいたほうが良いなどの、転職実績から元づくアドバイスなどです。

もし、あなたが働きながら転職活動で今現在もかなり体力的には頑張っていたとしてもアドバイザーから「もう少し多くの求人に申し込んだほうが良いです」と言われれば、どうにかして申し込み数を増やすべきなのです。

 

もちろん、アドバイスの例では「良い求人がないから応募しないんだよ」と思う時もあります。

ですが、そんなときも別の転職サービスで申し込んだり、最低限に良いと思える求人のハードルを下げたりして工夫することが大切なのです。

 

多少なりとも転職先にはこだわりを持つべきですが、あまり強すぎるこだわりは転職活動の期間が延びる、希望求人がなくなるなどのきっかけにもなるので注意してください。

 

50代の転職は頑張りすぎるくらいがちょうどいい

基本的には頑張りすぎるくらいがちょうどいいです。

特に、できるだけたくさんの求人と出会うことを意識してください。

人によっては「なかなか求人が見つからない」「応募しても内定が取れない」などのこともよくあります。

 

なので、できるだけ多くの求人を見るように努力してください。

まず、あなたが魅力的な求人と出会う可能性は全体の確認する求人のほんのわずかですし、さらにそこから応募して内定を貰うとなると希望の転職はさらに難しいです。

なので、体を壊してしまうのはダメですが「今はかなり忙しく頑張っている」と思えるくらいには転職活動の時間を取りましょう。

 

まとめ

50歳の転職は基本的に厳しいです。

ただただ、今現在がハイキャリアであっても、他の企業から評価が低いとみなされれば転職は難しくなります。

しかし、その50代の中でも「市場価値の高いハイキャリ」「とにかく行動できる人」「素直な人」は転職を成功させている傾向があります。

 

もし、職場にこだわりたい、転職を成功させたいなら多くの求人と出会うようにしてください。

色々な求人を見ていれば、どの求人が魅力的かなどもわかってくるので、ミスのない転職ができるようになります。

 

また、50代におすすめの転職サービスは↓にまとめています。

>>【50代におすすめ】転職エージェント・サイト9選!中高年向けサービスを比較

エグゼクティブを目指している人におすすめのサービスは↓にまとめています。

>>エグゼクティブにおすすめの転職エージェント5選!利用する際のポイントも紹介

 

転職の目的にあったサービスを利用して、転職を成功させていきましょう。

 

50代転職についての関連記事

50代転職エージェント・サイト9選
【50代におすすめ】転職エージェント・サイト9選!中高年なら利用必須

50代にはどの転職サイトや転職エージェントを利用すれば良いのか迷っていませんか? 今のご時世、転職サイトや転職エージェントは利用必須と言われています。 2つのサービスを利用することによって↓が期待でき ...

続きを見る

全ての転職エージェントは嘘つきが大前提!騙されやすい利用者の特徴とは

全ての転職エージェントは嘘つきです。 転職エージェントを利用したことがある人であれば↓のように思ったことありませんか? 「サポートが雑に感じる」 「納得いくサポートが受けられていない」 「何かサポート ...

続きを見る

エグゼクティブにおすすめの転職エージェント5選!利用する際のポイントも紹介

エグゼクティブに転職したいけど、どこの転職エージェントを登録すればいいか悩んでいませんか? 転職エージェントはそれぞれに得意とする「年代」「キャリア」「求人」に違いがあります。 なので、自分に合った転 ...

続きを見る

時間の無駄になる転職エージェントの特徴とは?絶対に外せない考え方も紹介!

どうせ転職エージェントを利用するのであれば、時間の無駄と思うようなことはしたくないですよね。 転職エージェントは転職をするなら利用必須とも言われています。 しかし、利用してよかったと思う人もいる中、利 ...

続きを見る

-転職知識

Copyright© キャリアの城 , 2020 All Rights Reserved.