転職知識

【悩める人必見】2年目社会人の転職は難しい?転職のベストなタイミングとは!

投稿日:

 

本記事では「入社2年目で転職は難しい?」という疑問を解決していきます。

入社1年目を終えて仕事が慣れてきたにつれて、自分の仕事について考える時間が増えるのではないでしょうか?

少なからず、こういった悩みがないと当サイトを目にすることもないでしょう。

 

  • 本当に高の仕事が自分に合っているのか?
  • もっと良い職場があるのではないか?
  • この会社を信用していいのか?
  • 仕事にやりがいが感じられない。

このように、常に将来を見据えている人であれば、いろいろな事を思ってしまうのではないかと思います。

 

結論から言うと、入社2年目で転職するのは、難しくありません。

そして、人それぞれによって転職するべきか、しないべきかの適した答えというのは違ってきます。

 

そもそも、人それぞれによって、周りとの関わり方であったり、任されている仕事量、職場の環境、学歴や実績というのは違います。

良くネットでは「2年目に転職した方が良い」「石の上に3年なんてことは古い」などの内容が書かれていますが、それを鵜呑みにしてしまうのは危険です。

 

なぜなら、転職をしたから絶対により良い職場に勤めれるかなんてわかりませんし、保証もありません。

生活費などもあるのですから、収入が下がってしまうリスクを避けるためには転職をしないほうが良い可能性もあります。

 

入社2年目の市場価値なんて、需要は上がってきていますが新卒と比べると、まだ新卒の方が好まれる傾向も強いです。

 

転職を判断するのに重要なのは、決まった答えを鵜呑みにして転職を決意するのははなく、自分自身に本当に転職するべきなのかをしっかりと自分で吟味し、様々な情報を自分で集めて決断するということです。

 

本記事では2年目の社会人で転職を失敗する人と成功する人の違いや、転職するためにはどうしたらいいのかについても解説していきます。

 

転職を考えている人は、本記事の内容を参考にして後悔のない仕事選びをしていきましょう。

 

絶対に後悔!入社2年目の転職は難しい?

 

まずは、社会人2年目の転職が難しいのかについて解説していきます。

もし、転職を考えているのであれば、自分が企業にどのように見られているのかついて解説していきます。

 

どこを転職で重要視していけばいいのかについても、わかってきますので目を通しておきましょう。

 

企業が社会人2年目に求めること

まず、企業が社会人2年目に求めていることについて解説していきます。

社会人2年目の転職者は、第二新卒の枠で採用選考に受ける立場です。

 

 

こちらのグラフは厚生労働省が作成した資料で使用されていたデータになります。

まずこのグラフを見て、赤色の第二新卒者枠は中途採用で必要な実務経験というのは採用選考ではあまり重要視されないことがわかります。

 

このことから考えると、社会人2年目というのは、ほとんど新卒生と採用基準が同じだということです。

そして、社会経験があるということは、より質の高い志望意欲の高さが求められるということになります。

 

第二新卒の方が新卒者やより、1年間社会人経験が多いので「自分がなぜこの会社に入りたいのか?」「将来は○○したいからこういう仕事に入った」などより具体的な根拠が必要になってくるからです。

 

独立行政法人 労働政策研究・研修機構のレポートでは、第二新卒者を採用したことのある約4割の企業が新卒者と同じ採用枠で選考を行っているという調査結果も出ています。

どうしても、入社2年目で退職してしまったという事実があるので、企業側もそういった面で志望度の高さを重要視しているのでしょう。

 

企業が社会人2年目を採用するメリット

次に企業が社会人2年目を採用するメリットについて紹介します。

社会人2年目を採用する理由としては「将来がある」「新人研修が必要ない」というところが大きな理由でしょう。

 

1961年から教育研修費用の調査を行っている産労総合研究所の調査では2018年度、1人あたりに使用した研修費用は47,138円となっています。

もちろん会社の規模によって多少前後はしますが、平均的にこれくらい使用されていると考えてください。

 

第二新卒はこの研修費用が必要ないかつ、新卒者と1歳しか年が変わらないということを考えると、企業側からすれば非常にコストパフォーマンスが良いわけです。

 

最近では、約3割の新入社員が入社3年目で退職してしまうという結果もあるので、このコスとパフォーマンスが良い社会人2年目の需要が上がってきているのでしょう。

そして、需要が上がってきているからこそ、2年目でも迷わず転職をするべきと言われている理由でしょう。

 

社会人2年目の採用状況

次に、社会人2年目の採用状況について解説していきます。

実際にどのくらいの割合で第二新卒や社会人2年目の方が、歓迎される求人があるのかについて紹介します。

 


引用元:マイナビジョブ20‘s

 

こちらのグラフは2016年にマイナビが調査した中途採用状況調査になります。

2016年は少し前になるのですが今現在はむしろ、離職率などの割合からもう少し需要が高くなっていることが予想できます。

 

もちろん、マイナビ自体が若手向けに特化したサービスなので、他社が調査するともう少し数が減るとも予想できます。

ただ、この調査自体かなりの数からのアンケートを取ったものなので、信用度は高いです。

 

【分析からの結論】社会人2年目の転職はあまり難しくない

上の解説を踏まえると、社会人2年目の転職はそこまで難しくありません。

分析からもわかるように、社会人2年目の転職者の需要が上がっているからです。

 

もちろん、次の章で紹介する「【状況別】転職した欲に従うべきかの判断方法」で自分の転職が正しいのか判断したのちに、「2年目社会人の転職成功させるマインド2選」を踏まえないと転職できたとしても、後々に後悔してしまうでしょう。

 

正しい方法で転職すれば、スムーズに転職はこなせます。

反対に、安易に転職に挑戦してしまうと新しい会社に入社してから新しい職場の問題が生まれたり、最終的にはもう一度転職を考える未来を引き寄せてしまうでしょう。

 

結局は転職する、しないの問題というよりも、いかに正しい転職活動をして、自分に適した企業から内定を貰っていくかが重要なのです。

そして、次の章からは実際に「転職をするべきか、しないべきかの判断方法」と「転職活動の具体的な手順」をどのように行えばいいのか解説していきます。

 

転職に関する知識や注意点をしっかりと把握したのちに、転職活動というステップに乗り出しましょう。

 

【状況別】転職した欲に従うべきかの判断方法

 

ここでは実際に、社会人2年目で起こる、転職の動機について解説していきます。

一つ一つ、この転職したい欲や動機というのが正しいのかを解説していきますので、自分に当てはまっている動機があれば自問自答してみてください。

 

社会人2年目で「転職したい欲」の種類は以下になります。

  • 将来プランの変化
  • 理想と現実とのギャップ
  • 給与アップしたい
  • 労働環境が悪い
  • 人間関係が上手くいっていない
  • 仕事内容にやりがいを感じない
  • ブラック企業である

それぞれ詳しく解説していきますので、自分の転職したい欲に従えば、後悔しない転職になるのかそうでないかを判断していきましょう。

 

将来プランの変化

新卒生で入社した方の中には「自分はこういったキャリアアップをしたい」「こういったことに貢献したい」という思いで、会社選びをした方もいます。

ですが、入社1年目で何らかのきっかけで他のことを目標にしていきたいということがあります。

 

自分の本当にしたいことが見つかり、現職では実現できないとわかれば、もちろん今の会社で働く意味はなくなるので転職という選択肢が正しい答えになります。

 

自分のキャリアプランや将来の目標がしっかりとした綿密な計画があるのであれば、転職に踏み切りましょう。

 

反対に、漠然とした目標なのであれば、転職をする前にもう一度、その目標が本当に長期間仕事を継続できるモチベーションになるのかを判断しないといけません。

結局、安易な目標というのは、長期的な働くもいベーションには繋がりません。

 

結果、転職しても「こんなはずではなかった」と後悔する可能性が非常に高いんですね。

もし、自分の目標が漠然としていると感じたのであれば、一度自己分析を行い、その「やりたいこと」がどこから来ているのか判断する必要があります。

そのうえで、その目標が本当に自分が達成したいものであるのであれば、自分の目標を叶えてくれる企業に転職しましょう。

 

理想と現実とのギャップ

期待していた仕事内容と現実が違い過ぎた場合です。

この場合の解決策としては、最短で自分の理想の仕事内容にしたいのであれば、転職をして環境を変えてしまうのが一番手っ取り早いでしょう。

 

ただし、転職活動を実際に行う上では入念に企業分析を行わないといけません。

 

しっかり応募する企業には「こういった根拠があるから、この会社に応募する」という根拠が必要です。

この根拠がないと、運任せな転職活動になってしまい、転職しても再び同じ問題が起こる可能性が非常に高くなってしまいます。

 

記事後半でも、企業分析の方法については解説していますので参考にしてみてください。

 

給与アップしたい

まず、給与アップをしたいのであれば、自分がいま働いている業界の相場の給料を知ってください。

もし、業界の相場通りなのであれば、それは間違った転職したい動機だということです。

 

結局、転職活動を行っても今の給与が真っ当な額なので、なかなか自分のスキルを高く評価してくれてる応募先が見つからなかったりするのが関の山です。

まずは現職の会社で正当に評価されているのか、今の給与は正しいのかというところを徹底的にリサーチしてください。

 

リサーチの方法としては記事後半でも解説しているのでそちらを参考にしてみてください。

 

労働条件が悪い

残業が多かったり、業務内容が忙しい場合です。

休みの日が少ないというのも、ここに当てはまります。

 

この場合は、ゆくゆくは転職することを前提として、転職が有利になる実績職務経験が積めそうか判断してみてください。

給与が上げたり、役職系に就ける転職というのは、第二新卒などのフレッシュさ寄りも実務経験などが重要視されます。

 

忙しさが自分の中の許容範囲の場合は、自分を追い込む環境に身を置いて着実に実績を作っていった方が将来のためになります。

ですが、身体を壊しそう、将来があまり期待できないという場合には転職に踏み切っても良いでしょう。

自分の将来がどのようになるか予想しながら仕事をするのが、キャリアアップであったり将来のゆとりに繋がります。

 

人間関係が上手くいっていない

こちらの場合は、今の人間関係が誰が問題の原点なのかを振り返ってみてください。

少なからず、人間関係というのは人と人とのコミュニケーションで成り立っています。

 

もちろん、あなたが原因という場合もあるのです。

あなたがその人間関係に悩んでいる人に対し、あなたは問題の人を不快にさせるコミュニケーションを取ているかもしれないということです

 

どういった人との関係が悪いのか、どういったコミュニケーションが嫌なのか、自分が周りとどのような関わり方をしているのかを自問自答してください。

自問自答をした際に、自分のコミュニケーションの取り方が悪い場合は、転職という選択肢はいったん保留し、関わり方を改善しましょう。

 

相手が、明らか原因な場合は転職という手段が良いでしょう。

見方を変えれば、追い出されたようにも見えますが、気にする必要はありません。

 

改善にも苦労する環境で我慢するよりも、心地よい環境で仕事をする方がはるかに仕事のパフォーマンスも上がりますし、将来的に見てもそっちの方があなたのキャリアアップに繋がります。

 

仕事内容にやりがいを感じない

仕事内容に飽きている場合は自己分析を行い、将来自分が何をしたいのかをはっきりさせましょう。

もし、自分の将来実現したい目標、キャリアアップのためには必要なのであれば転職はしないほうが良いでしょう。

 

キャリアアップにも繋がる仕事をしているのに、転職するということは自分の求めている将来に遠回りをしているようなものです。

 

もし、自分の目標に全くつながらないのであれば、転職するという手段で正しいです。

転職したほうが目標達成の近道になるからです。

 

もし、仕事内容自体が少ない場合は、社内ニートの可能性が非常に高いです。

自分が社内ニートに当てはまっているかもという場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

>>社内ニートが転職するのは危険?するべきことがない原因と対策を紹介!

 

ブラック企業である

この場合は、問答無用で転職を考えていけばいいでしょう。

身体を壊すかもしれませんし、心が病んでしまう可能性もあるからです。

 

長期的なキャリアアップのことを踏まえても、居残る意味はありません。

もし、身体や心が鬱になってから、転職を考えるのは遅いです。

 

辞める理由も何でも構いません。

一刻も早く転職を考えるの最善の解決策に繋がります。

 

2年目社会人の転職を成功させるマインド2選

 

ここでは、実際に転職活動を成功させるための絶対に必要なマインドを2つ紹介します。

この考え方がないと転職活動のモチベーションであったり、なかなか内定に繋がらないといったことが起こってしまうかもしれません。

 

次の章では具体的な転職の手順を解説しますが、自己分析や面接対策、転職サービスの利用というのは小手先のテクニックです。

理想の企業から内定を勝ち取るための手段にしか過ぎないのです。

 

反対に、この章で紹介するポイントというのは転職を上手くいかせる手段を扱うための土台作りです。

しっかりとしたテクニックがあるのに、この土台がないと宝の持ち腐れになってしまいます。

 

例えばでいうと、野球の素人が試合でホームランを打つために、いくら性能の高いバットを買っても意味がないのと同じです。

 

転職活動を扱うために必要な心構えというのは以下の2点になります。

  • 情報をできるだけ集める
  • 常に自己責任であることを把握する

それぞれ詳しく解説していきますので、しっかりと覚えておきましょう。

 

情報をできるだけ集める

転職活動は情報戦です。

応募する会社はどのような職場なのか、どのような商品、サービスがあるのかなどなど、情報を集めれば集めるほどミスマッチを防ぐことができます。

自分に合っている会社をより明確化できるからです。

 

また、企業だけでなく自分の情報についてもしっかり理解しておきましょう。

どういった目標があるのか、どういったことでやりがいを感じるかなど、自分自身を深く理解するつもりで自己分析などを行いましょう。

 

自分の情報を集める上で注意点があります。

それは、自己分析などで答えを見つけようとしないでください。

 

自分を知ることはこだわれば、終わりがありません。

こだわれば、こだわるほど終わりが見えなくなります。

 

他の転職活動の支障をきたさない程度にこだわって自己分析など自分を知る作業をしていきましょう。

 

常に自己責任であることを把握する

転職活動は自己責任です。

他人に転職の相談をして、転職することを促されても、それは自分で選んだ行動です。

 

誰かのせいにしてはいけません。

 

「○○さんが転職なんか勧めるから……。」など悔やむくらいでしたら転職活動は行わないほうが良いでしょう。

こうならないためにも、できるだけしっかりとした自己分析であったり、自分が将来したいことをフォーカスすることが大事です。

 

内面的な動機から転職の決断を判断することで、より自分が納得できる答えを出すことができ、最終的に納得できる転職ができるようになります。

そして、どうしても外面的な動機から転職を始めてしまうと、モチベーションの維持が難しくなります。

 

常に自分が自分のために転職を選んでいると考えてください。

 

入社2年目が円滑に転職を進めるためには?

 

次に転職活動を行う時の具体的な方法について解説していきます。

転職活動には必要不可欠な部分を解説していきますので、しっかりとこなしていきましょう。

 

辞めてから or 働きながら転職どちらが正しいか?

まず転職でつまづいていしまうのが、この「働きながら転職するか」「退職してから転職するか」です。

この2つの選択肢に正解、不正解はありません。

 

転職を早めにするか、しないかと同じように自分の今置かれている状況に合わせた転職をすればいいのです。

どちらの選択肢にもメリットとデメリットがあり、そこを把握して自分に適した転職を選ばないといけません。

 

辞めてから転職か働きながら転職を始めるかのメリットデメリットをまとめた表にまとめました。

まず、働きながら転職するメリットとデメリットは以下になります。

メリット デメリット
退職を知ってからの職社員が冷たくなっても期間が短い 現職の業務が忙しいと転職活動に支障をきたす
同僚や上司が冷たくなっても短期間で去れる 仕事があるので転職の予定が決めにくい
収入がない状態を避けれる 新しい資格などの取得が難しい
現職があるので、強気の希望条件を交渉できる なかなか面接対策などをしっかりするのが難しい
勤め先が決まっているので、上司から退職を渋られにくい 引継ぎが短くなるので恨みを買って退職する可能性がある
ある意味、労働条件を吟味して転職できる 急いで転職を進めた場合労働条件が悪く泣てしまう

 

そして、退職してからのメリットとデメリットは以下になります。

メリット デメリット
転職活動に集中できる 収入がないので貯金、またはアルバイトをする必要がある
落ち着いて自分に合った転職先を吟味できる 正社員でない空白期間が長くなると、転職が不利になる
資格などのアピールポイントを増やせる 同僚や上司が冷たくなった対応をする期間が長い
しっかりと面接対策、書類対策ができる 自己管理をしっかりしないと、だらけた生活になってしまう
たくさんの企業に応募できて将来の選択肢を増やせる 転職活動中は無職なので、周りが不安がる

 

このように、どちらの選択してもデメリットというのはたくさんあります。

自分がどのように転職したいかをしっかりと考慮して、転職活動がスムーズにいくような工夫をしましょう。

 

また、転職活動を退職してから行うか、行わないかの具体的な方法はこちらの記事にまとめてありますので、気になる方は一度目を通しておくと良いでしょう。

>>【失敗しない】転職の手順を紹介!転職活動は退職してからするべき?

 

自己分析を行う

自己分析をしっかり行います。

自己分析の方法はたくさんありますので、自分に合ったやり方をしていけばいいでしょう。

 

ただし、自己分析を行うポイントとして「自分がどのような時にやりがいを感じるか」「自分が将来どのような目標があるか」を重点的に分析してみてください。

 

転職したいという欲が出るのは、自分のしたいことと仕事内容がミスマッチしている時です。

そもそも、仕事自体にやりがいを感じているのであれば、少し業務が忙しいくらいでは苦にはなりません。

 

この、ミスマッチを防ぐためには、できる限り自分がどのようなことをしたいのか明確にしていきましょう。

 

企業分析を行う

次に企業分析です。

長期的な安定を求めるのであれば、財務諸表なども確認しておきたいところです。

 

仕事内容や評価のされ方、職場の雰囲気などは最低限は調べておきましょう。

 

企業分析はいわば、自分という労力を投資するためのリサーチです。

株などでも、どんな企業かリサーチしないで投資するということは、適当に株を買っていくのと同じ行為です。

 

自分の時間を分け与えるわけですから、ある意味人生をかける投資と言っても過言ではありません。

しっかりと、自分が納得いくくらいまで企業分析を行いましょう。

 

また、職場がどんな雰囲気化を調べる方法と押してはVorkersなどを利用すると便利ですよ。


>>Vorkersの公式サイト

この企業分析を行っていき、あとは自己分析でわかった自分がどのようなところでやりがいを感じるかを確認し、自分に合った企業を厳選していきましょう。

 

転職エージェントを利用する

次に、転職活動を行う時にはできるだけ、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用することで、書類対策や面接対策、そして倍率が少ない非公開案件の確保をすることができます。

 

また、エージェントによっては、企業ごとにどのような質問が面接で質問されやすいかなど、内定率をグッと上げるサポートもしてくれるので、内定率をできるだけ上げたい方は利用しておくのが良いでしょう。

他にも、転職を早めにするか、現職で実務経験を積むかの判断も、転職エージェントの面談で相談すれば正しいアドバイスをいただけます。

 

このように転職活動で転職エージェントを利用しないのはかなり、損をしている行動になります。

転職エージェントを利用するデメリットと言えば、面談など少し行動するのに時間が取られるくらいでしょう。

 

ですが、登録する面倒を避けて転職を円滑に進めることを諦めるか、転職エージェントを利用して転職活動を円満に進めるのか、どちらが正しい選択肢かというのは明白です。

できるだけ、転職に迷った段階で転職エージェントを利用することをおすすめします。

 

次の章では、実際にどの転職エージェントが社会人2年目という立場に適しているのか紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

転職を成功させるために使いたいエージェント

ここでは、転職活動をするなら利用しておきたい転職エージェントを紹介します。

どの転職エージェントを利用するかを選ぶ基準としては、以下の基準を設けることが必要です。

  • 保有案件数が多い
  • 案件の質が高い
  • サポートの充実具合
  • 提案力がある

このように、総体的に能力が高いエージェントに登録しましょう。

 

そして、総体的な評価の高いエージェントは以下になります。

サービス名 特徴
リクルートエージェント 支援実績から的確なサポート受けるのであれば
doda アドバイザーが平均的に優秀、支援実績も多数あり
マイナビエージェント 20代の信頼度No.1
type転職エージェント 満足度の高い手厚いサポートに定評あり

 

まずは、この4つのエージェントのどれかを利用していくことをおすすめします。

そして、利用に慣れてきたら、これら以外にも第二新卒、既卒向け、ハイキャリ向けなどの様々なエージェントがありますので、自分のニーズ合った特化型の転職エージェントを使うのも良いでしょう。

 

まずは、転職エージェントを一つも登録していないのであれば、紹介した4つのエージェントを登録してみてください。

特化型の転職エージェントを知りたい方はこちら

>>【2019年最新】おすすめ転職エージェントランキング16選!人気の転職サイトと比較!

 

最後に、、社会人2年目の転職は難しくないが…

社会人2年目の転職は難しいことはありません。

ただし、転職を成功させるマインドであったり、自己分析を怠ってしまえば転職したとしても後悔してしまうことがあります。

 

どうしても、転職でどういうことをしていけばわからない場合は、転職エージェントの面談を利用して知識を蓄えてください。

「強引に転職を勧められるのでは?」と心配する方もいますが、営業感が強いと感じたときは他のエージェントに切り替えたりしましょう。

結局、転職エージェントも商売なので、一定の割合で営業感が強い人はどうしてもいます。

 

ただ、そういった面倒になるかもしれないという行動を避けて、転職活動をしてしまうと、転職を終えた後に後悔することがあるのです。

 

少しの面倒を避けて、後々に大きな後悔を生み出してしてしまう結果は、本記事を読んでいる人は未然に防いでいきましょう。

-転職知識

Copyright© 就活と転職情報が集うキャリアの城 , 2019 All Rights Reserved.