転職知識

飲食業界に転職する6つの手順!転職エージェントに頼るべき理由

飲食転職手順

飲食業界の転職する手順を紹介していきます。

  • 「初めての転職でどうすればいいかわからない」
  • 「今の勤めている飲食店が忙しいから、効率よく転職したい」
  • 「後悔のない転職したい」

このように思っている方は参考にしてください。

 

記事後半では、なぜ飲食業界の転職には転職エージェントを利用するべきか紹介します。

転職エージェントを利用するにしても、利用するコツがあります。

このコツを守れていないのであれば、転職エージェントを利用しても満足いかない可能性が高くなるのです。

 

飲食業界に転職を無計画に進めるのではなく、計画的に転職を進めていきましょう。

 

転職する6つの手順

転職する6つの天順

ここでは飲食業界の転職手順を紹介します。

今では、労働の仕方も見直されるようになりブラックな飲食店も少しずつ減っています。

しかし、まだまだブラックが多いのが現状で、肉体労働系の3k「キツイ、危険、汚い」と言われますが、「新3k」というのもあり「キツイ」「厳しい」「帰れない」飲食業界と言われているくらいです。

なので、せっかくの転職で失敗しないためにはしっかりと準備して、転職を進めないといけません。

 

飲食業界に転職する手順は以下になります。

  1. 事前準備
  2. 書類の制作
  3. 求人に応募
  4. 面接対策
  5. 内定
  6. 退職手続き

それぞれ詳しく解説していくので「転職の手順がわからない」と思っている方は参考にしましょう。

 

1.自己分析とリサーチ

まず、転職をすると決めたら事前準備が必要になります。

主に事前準備にする自己分析飲食業界のリサーチです。

例えば、自己分析することによって、この飲食店は自分に合っているか、合っていないかの目安になります。

 

また、飲食業界をリサーチすることによって、どういった店や企業に将来性があるのかわかってきます。

転職活動の自己分析とリサーチはすればするほど、後の転職活動に活かせるようになるのです。

「自分に合った環境でスキルを活かしたい」「将来性のあるレストランや企業に働きたい」と思っている方はこのステップを焦らず丁寧にこなしていきましょう。

 

2.書類の制作

主に転職で必要になる書類は「履歴書」「職務経歴書」の2つになります。

この2つの書類が低い状態ですと、書類選考の段階で落とされ、いっこうに転職活動が進まなくなります。

特に、飲食業界でも人気の企業は応募者も多く、なかなか面接まで辿り着くのが難しいです。

 

この2つの書類の質を上げるには、いかに自分のキャリアやスキルを上手く見せるのかが重要になるのです。

質を上げるには先ほど紹介した自己分析や飲食業界のリサーチをもとに、自分自身や業界をいかに知っているかが重要になります。

 

3.求人に応募

そして、いよいよここでは求人に応募になります。

100%面接に辿り着けるわけではないので、数社の気になる求人に応募していくと良いでしょう。

自己分析や飲食業界のリサーチをもとに作成した書類で、どんどん気になる求人に応募していってください。


引用:マイナビ

応募する求人にもよりますが、マイナビでは平均的に書類選考通過率は低くて30%、高くて50%のデータがあるので、基本的には30%の目安をもとに応募していってください。

通過率を50%と過信して、応募する求人を限定してしまうと、どうしても予想外のことが起きた時の埋め合わせで苦労してしまいます。

特に、今現在は料理の仕事をしていて、職場が忙しいなどの場合は、通過率が低かった場合の埋め合わせするのが大変になるので気をつけましょう。

 

4.面接対策

面接が決まったら次にするのが、面接対策です。

企業によって「即戦力が欲しい」「店長経験がある方が良い」「接客もできる人が良い」など、求めている人材が変わってきます。

なので、応募した企業によって対策が必要になるでしょう。

 

最低限、応募した企業の経営理念や、どういったお店を経営しているかなどは頭に入れておくようにしてください。

 

5.内定

ここまで来れば、後は貰える給料や労働条件などを確認して、魅力的であれば転職していきましょう。

また、複数から内定を貰った場合は、自分に合った企業を厳選していくようにしてください。

 

6.退職手続き

働きながら転職か、現在の仕事を辞めてから転職かによって代わります。

基本的に働きながらの転職であれば、この段階で上司に退職の旨を伝えるようにしましょう。

あなたが職場で店長候補などのポジションを任されていたり、人材が不足している職場では受理されないことも多いです。

ですが「もう次に働く職場は決まっている」と伝えて退職の準備を進めてください。

 

転職活動に時間を取りたくないなら転職エージェントがおすすめ!

転職エージェント飲食

転職の手順を知った方の中には以下のように思っている方も多いのではないでしょうか?

  • 「自己分析のやり方がわからない」
  • 「そもそもリサーチの時間が取れない」
  • 「飲食ひと筋で自分のアピールポイントがわからない」
  • 「面接対策が不安」

このように思ってしまった方は転職エージェントの利用を積極的に検討してください。

というのも、転職エージェントは転職活動の「めんどくさい」と感じるのを、全てサポートしてくれるからです。

 

ここでは、そんな飲食業界の転職活動で転職エージェントがどのように役立つか紹介していきます。

 

そもそも転職エージェントとは?

転職エージェントとは、あなたにキャリアアドバイザーが担当してくれて、マンツーマンでサポートしてくれる転職サービスです。

登録した転職エージェントのオフィスに出向く必要はありますが、対面だからこそのサポートを可能にしてくれます。

「転職活動の仕方がわからない」と思っている方には利用必須と言っていいサービスになります。

 

応募できる求人の質が上がる

まず、転職エージェントを利用することによって、あなたのキャリアにあった求人を厳選して紹介してもらえるようになります。

転職サイトやハローワークなどから、飲食業界の求人は探せばいくらでもあります。

しかし「自分に合っているのか?」「職場の雰囲気は?」と気になる部分が多いでしょう。

 

転職エージェントは企業とのコネクションが強いので、こういった疑問に思う部分を教えてくれることが可能です。

また、紹介される求人は転職サイトやハローワークでは扱っていない非公開求人なので、優良な求人でも内定が貰えやすいメリットがあります。

「気になるレストランの書類選考が通らない」と悩んでいる方も、非公開求人で書類選考が通過できるようになった方も多いです。

 

キャリアの相談をしてもらえる

このサービスは自己分析や業界リサーチが面倒と感じている方におすすめです。

転職エージェントでは、利用する前に必ず面談、または電話の面談があります。

この面談でキャリアアドバイザーが、あなたに丁寧なヒアリングを行い、将来のキャリアを提案してくれるでしょう。

 

「自己分析が面倒」「今の仕事ではなかなか時間が取れない」という方は、キャリアアドバイザーに頼ってしまえば効率よく自己分析や飲食業界のリサーチを行うことができることが可能になります。

 

サポートを受けられる

転職エージェントは企業とのコネクションが強いからこその、応募した企業ごとの面接対策書類添削が受けることができます。

なので、全く必要なわけではないですが、応募した企業のリサーチなどの時間短縮が可能です。

今の勤めている飲食店がブラックで満足いく対策をして、面接に望める気がしないと思っている方などはありがたいサービスでしょう。

 

交渉をしてくれる

「働きたいけど、給与がもうちょっと高ければ」と思う時に、あなたが企業に交渉しなくても、キャリアアドバイザーが交渉してくれます。

基本的に面接の段階で、あなたも交渉することができます。

ですが、面接などの独特の緊張感で交渉すら切り出せない方が多いのが現状です。

 

もちろん、キャリアアドバイザーの交渉も100%成功するとは言い切れません。

ですが、少しでも希望に合った職場で働きたい人は、利用する手はないでしょう。

 

転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントは転職活動に役立つサービスです。

ですが、転職エージェントを利用するにも注意点が2つあります。

 

もし、この注意点を把握しなければせっかくの転職エージェントも効果が半減してしまいます。

例えば、調理師であれば仕込みなどの時間労働外を強要される職場や、自分のスキルが活かせない職場に転職してしまうリスクなどが増えます。

なので、満足のいく転職するためにも、しっかりとこれから紹介する注意点を把握しておいてください。

 

キャリアアドバイザーには転職する意欲を示す

転職エージェントは優秀なサービスですが、あくまでも人材仲介ビジネスです。

基本的に転職エージェントは登録者を転職させて、予想年収の20~30%をあなたが転職した企業から貰っています。

なので、キャリアアドバイザーに「この人は転職する意欲がない」と思われてしまえば、サポートも後回し対応をされてしまうのです。

 

なので、キャリアの相談をするのが第一の目的でも、キャリアアドバイザーには「良い求人があったら応募したい」と伝えるようにしましょう。

この転職する意欲を見せるだけで、キャリアアドバイザーの反応も変わってくるので試してみいてください。

 

偏ったアドバイザーの情報に惑わされない

転職エージェントのキャリアアドバイザーの中には、適当な情報を伝えてあなたに転職を進めてくる場合もあります。

というのも、転職エージェントはあくまでもビジネスなので、キャリアアドバイザーにノルマがあることがほとんどです。

例えば「1カ月に〇人面接に行かせる」「月末までに〇人の転職者を出さないといけない」など、ノルマ達成に焦っているキャリアアドバイザーほど雑なサポートをしがちです。

 

実際に嘘の情報を信じて転職してしまうと「言っていた労働条件と違い、サービス労働が多い」などの後悔をしてしまいます。

こういった嘘の情報に惑わされないためには、できるだけ転職エージェントを複数登録し、色々な飲食業界の情報を集めると良いでしょう。

複数の転職エージェントからサポートしてもらうことによって、気になる求人数も増え、いろいろな角度からサポートを受けることができます。

 

そして、自分に合わないと思った転職エージェントは相手をしないようにしていけば良いのです。

なので、今の仕事が忙しくても、最低でも2つの転職エージェントには登録するようにしましょう。

 

飲食業界に効率よく転職するまとめ

基本的に飲食業界の転職をするためには以下の手順を踏むことになります。

  1. 事前準備
  2. 書類の制作
  3. 求人に応募
  4. 面接対策
  5. 内定
  6. 退職手続き

しかし、飲食業界に勤めている人の中には、自分で全て準備するのは難しいと感じる方も押いでしょう。

そんな時は転職エージェントを利用してください。

転職エージェントを利用することにより、面倒な面接対策や求人選びなどを代わりに引き受けてくれます。

 

ただし、転職エージェントもビジネスです。

なので、手厚くサポートして貰う為に転職する意欲を見せるのが重要で、質の悪いキャリアアドバイザーの対策のために複数登録をするようにしてください。

飲食業界に特化した転職エージェントを利用するのであれば、以下の転職サービスがおすすめになります。

また、質の高いサポートを受けたいのであれば、大手の転職エージェントを利用してみてください。

もちろん、無料なのでまずは気になる転職エージェントに登録しましょう。

 

飲食業界を狙う転職の関連記事

飲食転職サイト7選
飲食業界におすすめの転職サイト・エージェント7選!転職の戦略も紹介!

本記事では飲食業界の失敗しない転職するための戦略と、調査してわかったおすすめの転職サイトを紹介します。 今の時代、なんとなく見つけた転職サービスを使うだけでは満足いく転職をするのが難しいでしょう。 & ...

続きを見る

転職サイトとエージェントサムネ
【比較表】転職サイトとエージェントの違い!スカウトサービスも比較!

今の時代では「転職サイト」「転職エージェント」「スカウト」の3つのサービスは、転職活動で利用必須と言われています。 ただ、必須と言われていても中には「色々な種類がありすぎて違いがわからない」と思ってい ...

続きを見る

転職エージェントの面談
転職エージェントの面談に必要な準備や服装は?成功させるポイントも紹介!

転職エージェントの面談では「どういった準備をしたら良いのか」「どういった流れで進められるのか」と困っている方もいるのではないでしょうか? 転職エージェントの面談は上手に自分の状況や希望条件を伝えること ...

続きを見る

-転職知識

Copyright© キャリアの城 , 2020 All Rights Reserved.