転職知識

転職エージェントの面談に必要な準備や服装は?成功させるポイントも紹介!

投稿日:

転職エージェントの面談

転職エージェントの面談では「どういった準備をしたら良いのか」「どういった流れで進められるのか」と困っている方もいるのではないでしょうか?

転職エージェントの面談は上手に自分の状況や希望条件を伝えることによって、サポートの質や紹介してくれる求人数や質が変わってきます。

なので、転職活動の質を上げて自分の希望通りの職場に転職したいという方には、面談でキャリアアドバイザーに好印象を残しておくことは必要不可欠なのです。

 

この記事ではそんな転職エージェントの面談を成功させるためのポイントや、面談に臨む前に知っておくべき必要知識を解説していきます。

転職エージェントの面談で気になる部分がある方は本記事を参考にして解決していきましょう。

 

転職エージェントの面談で準備

転職エージェントの面談持物

転職エージェントの面談を受ける上での前準備や持ち物について解説します。

面談を申し込んだ後に焦らないように、事前にしっかりと把握しておきましょう。

 

面談時の服装で私服はNG?

カジュアルすぎない服装であれば問題ありません。

どうしても迷ってしまうという方は以下の様なビジカジスタイルを心がけましょう。

ビジカジスタイル1
引用元:WEAR

ビジカジ2
引用元:WEAR

例外として、もし狙っている業界が特定の服装指定をしてくることが多い、スーツなどの面接時の服装に不満があるという場合は、面接時と同様の服装をしていくというのも良いです。

面談時にこの服装でダメなポイントがあれば面接の本番までに修正できますし、何より服装の指摘は文字や電話だと伝わりにくい時も多いです。

そういったことを見越して、面談当日でも服装のアドバイスを貰えるようにするのはおすすめです。

ただ、服装のアドバイスを貰うなどの目的がないのであれば、カジュアルすぎない服装であれば良いしょう。

 

面談時に必要になる持物は?

持ち物は「履歴書・職務経歴書」と「筆記用具」だけでよいです。

また、書類やパンフレットなどを貰う可能性があるので、A4サイズのファイルなども持参しておくと良いでしょう。

 

必要な時間は?

必要な時間はその人の転職理由や、置かれている状況によって変わってきます。

特にパソナキャリアなど、サポートが丁寧といわれている転職エージェント程、必要な時間は変わってくるでしょう。

ですが、基本的に申し込んだ人の「転職理由」「転職の不安点」などの相談をするとなると1時間から1時間半くらいを目安に見ておけば大丈夫です。

>>パソナキャリアを詳しく知りたい方はこちら

 

相談したいことが多いと感じる方は2時間くらい時間を取っておけば安心でしょう。

もし、できるだけ時間を短く終わらせたいのであれば、面談へ行く前に自己分析など、あらかじめ自分のキャリアを見つめなおしておくと良いです。

キャリアを見つめなおすということは、それだけ自分の転職に関しての意見がまとまった状態ということなので、より面談がスムーズに進みやすくなります。

 

転職エージェントの面談流れ

面談流れ

基本的な流れは以下になります。

1.自己紹介

まずは自己紹介になります。

簡単に転職エージェントに登録した際の情報が間違っていないかの確認作業になります。

 

2.転職理由やあなたのキャリアの共有

次に、転職エージェントなぜ利用するに至ったかの経緯や、どういったキャリアに積んできたのかなどを履歴書などをもとにされたヒアリングが行われます。

この段階で担当してもらったキャリアアドバイザーが大まかに、あなたに合いそうな求人があるか、転職の意欲などを大まかに判断します。

なので、しっかりと転職先に求める希望条件や転職の意欲をキャリアアドバイザーに伝えるようにしましょう。

 

3.希望条件の確認

次に、あなたがどういった職場や業界が良いのか、譲れない条件などはあるかなどのヒアリングです。

この段階で、あなたに合いそうな求人を更に絞り込んでくれます。

もし、この段階で希望条件が高すぎたりする場合は、希望条件を考え直す話し合いをしたりします。

 

4.転職の進め方について相談

あなたが転職活動に対してどれくらい力を入れれるかのヒアリングになります。

もし、働きながらの転職であれば、どの曜日が休みでなどのスケジューリングします。

ここにズレがあると、転職活動が忙しすぎて今の仕事が手につかないことになったり、反対に転職活動に力を入れたいのに求人の紹介数が少ないなどが起こってしまいます。

 

ズレが起きた場合、転職活動の進め方を話し合わないといけなくなり二度手間なので、あなたがどのような転職活動が可能なのかをしっかりと伝えましょう。

また、転職の意欲がしっかりあるかなどの判断もされるので「できるだけ転職には力を入れたい」という旨を伝えるようにしてください。

 

5.質疑応答

ここでは、転職活動の疑問点などを質問する時間です。

あなたがアドバイザーと話し合い、疑問に感じた点や不安な点があれば相談しましょう。

疑問点などがない場合は次のステップに進みます。

 

6.求人情報の紹介

今までの話し合いを元に、アドバイザーが求人を紹介してくれます。

しかし、この段階では企業のリサーチなどができていないので、本当に入社するべきかの判断は難しいです。

基本的には後から、紹介してもらうスタイルで大丈夫ですが応募する余裕があれば、離職率やできるだけ応募する会社を調べてから応募するようにしましょう。

 

絶対に応募しないといけないというわけではないので、時間にゆとりがあるのであれば申し込んでも構いませんし、魅力的でないのであれば「(紹介された求人が合わない理由)なので他の求人も見たいです。」というように伝え、他の求人を見せてもらいましょう。

 

基本的な流れは以上になります。

2から5はあなたを担当してくれた人によって、前後するかもしれません。

しかし、重要なのはあくまで「優良求人を紹介してくれる」「サポートが自分に合っているか」という点になります。

 

なので、転職エージェントとの面談を円滑に進めることも重要ですが、いかに自分にその転職エージェントとの相性が良いかなども重要なポイントになります。

面談は時間がかかったりと、疲れる部分でもありますが、できるだけ自分で納得できる転職エージェントが見つかるまではいろいろなサービスの面談に申し込みましょう。

 

転職エージェントの面談基本マナー

転職エージェント面談マナー

ここでは面談時の基本的なマナーについて解説していきます。

転職エージェントを利用する時には、今まであなたがどのようなキャリアを築いてきたかも重要ですが、担当してもらったアドバイザーにどういった振る舞いをするのかも重要です。

結局、あなたに求人を紹介するのも機械ではなくキャリアアドバイザーという人になります。

 

なので、キャリアアドバイザーに「ビジネスマナーができている」「企業に紹介すれば内定が貰える」と思われるのが必ず必要になります。

紹介するのは、基本的なマナーになりますが、キャリアアドバイザーにしっかりとサポートしてもらうためには必ず必要になることなので、抜け落ちている点がないかしっかりと確認していきましょう。

 

名刺交換は不要

基本的に今ある名刺をキャリアアドバイザーに渡すのは不要です。

というのも、渡す意味がないからです。

あくまで今あなたが持っている名刺は、あなたが今現在の仕事で使用するものであり、転職活動では必要ありません。

 

そもそも、転職してからビジネスの関係になるというわけでもないですし、担当の方から名刺をいただいても「ありがとうございます。」の一言を伝えておけば大丈夫です。

 

事前に話の内容は整理しておく

転職の面談前には最低限以下のことは整理しておきましょう。

  • どういったキャリアを送ってきたのか
  • どのようなキャリアを送ってきたのか
  • なぜ転職するのか?
  • 転職活動に対しての疑問点

キャリアに関しては話し合っているうちに、変わっていくかもしれません。

しかし、全く転職に関してノータッチの状態で面談を受けるのは、転職エージェント側に「この人はやる気がない」と思われてサポートを疎かにされてしまう可能性もあります。

 

0から転職について考えるよりも、今の転職についての考えを話し合う方がより充実した転職活動ができます。

なので、事前にどのような質問をされても、ある程度はスムーズに返せるようにしましょう。

 

遅刻はしない!もし遅れた場合のマナーは?

遅刻は面談以前に社会人としてのマナー違反です。

なので、できるだけ遅刻しないのがベストになります。

万が一、遅刻してしまうという時は事前に電話などの連絡を入れるようにしましょう。

 

転職エージェントの面談を成功させるための4つのポイント

面談ポイント

転職の面談を成功させ、より良い転職活動を行うためにはポイントがあります。

ポイントは全部で4つになります。

  • キャリアアドバイザーは1人に固執しない
  • いつまでに内定を取りたいか伝えておく
  • 転職理由はしっかりと伝える
  • すぐに辞める人材と思われないようにする

それぞれ詳しく解説していくので、実践していきましょう。

 

キャリアアドバイザーは1人に固執しない

転職エージェントはなるべく一つに固執しないようにしましょう。

キャリアアドバイザーは人によって相性の良い悪いがあります。

なので、自分が納得できるキャリアアドバイザーが見つかるまで、できるだけ複数の面談に応募しましょう。

 

面談では「ここの転職エージェントは良かったけど、ここはもっと良い」と感じるパターンも良くあります。

まずは1人のキャリアアドバイザーに固執するよりも、いろいろなアドバイザーに合って客観的に良し悪しを決めていきましょう。

 

いつまでに内定を取りたいか伝えておく

基本的に転職エージェントに催促するということは、最低限の転職する意欲を見せるということにもなりますし、求人を紹介してもらえないということを防ぐ対策にもなります。

なので、自分の無理のない範囲で短期間の転職活動を成功させたいという旨を伝えましょう。

 

もし、短期間でなくても「良い求人があれば、すぐにでも申し込みたい」などの転職に対しての意欲の高さを見せることは重要なポイントになってきます。

余りにのんびり転職を進めると伝えると、キャリアアドバイザーから転職する意識が低いと思われ、良い求人を紹介されにくくなります。

 

転職理由はしっかりと伝える

基本的に転職理由に関しては正直に答えた方が良いでしょう。

しかし、中には「人間関係」「転職回数が多い」など、隠した方が良い場合もあるのではと感じている方も多いと思います。

ただ、こういった転職理由は必ず企業の面接の際でも質問内容に出てきます。

 

基本的には今後の面接対策にもなるので、しっかりと伝えましょう。

ただし、あまりに正直に伝えるのは重要ですが、「転職してもすぐに辞める人材」と思われないようにしないといけません。

この本音とを言えば、悪い印象をキャリアアドバイザーに与えてしまうということにもなりかねないので、しっかりと次に紹介する内容も理解しておきましょう↓

 

すぐに辞める人材と思われないようにする

基本的に「会社の愚痴」や「希望条件に強すぎるこだわり」はあると思いますが、あまりにもその内容が多かったりするのはNGです。

ネガティブな発言が多くなってしまうと、転職エージェント側から「この人は転職してもすぐにまた辞めそうだから求人を紹介するのは危険」と思われてしまうリスクができてしまいます。

危険と思われてしまえば当然、良い案件を紹介してもらえなくなったり、サポートが丁寧でなくなったりするかもしれません。

 

なので、自分のキャリアや今働いている会社のことをキャリアドバイザーに伝える時は、あくまで客観的に判断してから伝えるようにしましょう。

そして、できるだけ担当してもらっているキャリアアドバイザーに「転職先でも頑張りそう」と思われるようにしてください。

 

重要なのはどこ転職エージェントを利用するか

転職エージェントの面談でいかに担当してもらったキャリアアドバイザーに好感度を上げておくのは重要です。

キャリアアドバイザーに信頼してもらうだけで、サポートの質や紹介してくれる求人の質が変わるからです。

結局、キャリアアドバイザーも人なわけですから、この人を応援したい、したくないというの存在します。

 

ただ、どんなに転職エージェントのキャリアアドバイザーから応援して貰えっても、取り扱っている求人やサポートそのものが自分と合っていなければ、納得できる転職は難しいです。

なので、転職の面談を申し込む際は、あらかじめそれぞれの転職エージェントの特徴を把握して得おくことが重要になります。

そのうえで、自分に合ったサービスということを前提の上で、いろいろな転職エージェントを利用してベストなサービスを探していきましょう。

もし、まだどの転職サービスがどういった特徴があるかわからないという方は、以下の記事を参考にして自分に合った転職サービスを探してくださいね!

【2019年最新】おすすめ転職エージェントランキング16選!人気の転職サイトと比較!

  最近では、転職エージェントや転職サイトの登録は転職活動に必須です。 ただ、転職サイトやエージェントは探せばたくさんあり、どれが自分に合っているのか判断しずらいのが現状です。   ...

続きを見る

【女性向け】おすすめ転職エージェントと転職サイト14選!転職を失敗しないポイントも!

女性キャリアに特化したところの転職エージェント、転職サイトが多すぎてわからないというので迷っていませんか?   自分と合わない転職サービスを利用するだけでも、求人のミスマッチや最終的に転職し ...

続きを見る

 

転職エージェントの関連記事

転職の成功不可避!転職活動がうまくいかない人の特徴12選とその解決策!

1社落ちただけでは「転職はこんなもんだ」と余裕をもって気持ちを楽に切り替えることが可能です。 ですが、それが何社も続くと「なんで転職がうまくいかないんだ」と段々と落ち込む頻度が多くなったり、焦る気持ち ...

続きを見る

転職で後悔する事例4選とパターン別解決策!転職で守るべき大原則とは?

  転職で後悔している人、または後悔してしまうかもしれないという人には、いくつかの決められたパターンがあります。 その人自身が転職について、どのような考えや認識を持っているかで同じスキルや経 ...

続きを見る

転職するか迷う時の判断方法を紹介!転職して後悔する人の80%が持つ特徴とは?

「転職をする・しない」で迷うのは今の時代なら、誰にでもありえます。 ほんの少しの転職するかの迷いであれば「もう少し様子を見よう」で終わるのですが、この記事に辿り着いたということは転職するか本気で迷って ...

続きを見る

転職報告を円満にしたいなら!上司からも納得してくれるベストなタイミングは?

  転職報告はできるだけ円満に終わらしたいのが理想ですよね? 実は転職報告にもルールやマナーといったものがあります。   上司や同僚に転職を伝えるタイミングや話の切り出し方、順番な ...

続きを見る

転職者は知らないと損!90%の印象が決まる面接マナー20選

  転職で面接マナーを軽視してしまうと、どんなに良い内容を担当者に伝えたとしても、内定を貰うのが難しくなります。   「うまく自己PRを言えたのに落ちた」「終始、面接官の機嫌が悪か ...

続きを見る

-転職知識

Copyright© 就活と転職情報が集うキャリアの城 , 2019 All Rights Reserved.