転職知識

後悔する転職を繰り返す人の特徴4選!転職癖を改善する具体的方法も紹介!

更新日:

後悔する転職を繰り返す人には必ず共通の特徴があります。

この記事に辿り着いた方は「なぜ、自分は転職を繰り返してしまうのか?」「転職を短期間で繰り返して後悔しないだろうか?」のように、様々な悩みがあるでしょう。

 

まず、本記事を読み進める前に知っておいてほしいのが、転職を繰り返すこと自体が悪いことではないということです。

 

 

結局、転職を繰り返すなどの違いというのは、その人自身が転職をどのように考えているかです。

キャリアやスキルアップのために何度も転職して、最終的には良い会社に勤める人もいます。

 

転職を繰り返さないといけない例としては、実績も職務経験、スキルもない人がハイキャリアを目指す場合です。

いきなり、大手の会社に勤めたり、自分の理想通りの職業に就くのには無理があります。

なので、どうしてもハイキャリアを目指すのであれば、実績を積みながら転職を繰り返していく必要があるでしょう。

 

このように、自分の目指す場所によっては、手段として活躍できる職場に転職を繰り返さないといけない人もいるというわけです。

ただ、転職を繰り返している人の不安な部分は「思い通りに自分の満足できる転職ができるのか?」ということろだと思います。

 

本記事ではそんな、後悔する転職を繰り返す人の特徴や、転職を繰り返す上で失敗しないための注意点を解説していきます。

転職を繰り返すのが不安な方は本記事を参考にして、自分に合った職業と出会ってください。

 

後悔する転職を繰り返す人の4つの特徴

 

ここでは実際に転職しても後悔してしまう人の特徴について解説していきます。

繰り返しの転職で失敗する人の特徴は以下の4つになります。

 

  • 自分のレベルを勘違いしている
  • 市場の衰退している企業に転職している
  • 自分のしたいことに固執している
  • 何らかの避けられない事情がある

 

この4つの特徴に当てはまっていると転職を繰り返しても失敗してしまう可能性が高いです。

ですが、反対にこの4つの特徴の逆を行けば、成功する転職の可能性が上がるということになります。

 

転職を成功させるうえでは、重要なポイントになるのでしっかりと把握しておきましょう。

 

自分のレベルを勘違いしている

自分自身を過大評価していたり、反対に過小評価していると転職をしても後悔してしまう可能性が非常に高いです。

なぜなら、こういった自分のレベルをはっきりと把握しておかないと、どうしても自分のレベルに合ったやりがいを感じれる仕事に転職しずらいからです。

 

仕事内容のレベルが高すぎると、会社の周りについていけなくなり、自分にこの職場は合っていないと思わされてしまいます。

反対に、仕事内容のレベルが低すぎると、自分の仕事をしている意味が感じられなく後悔してしまうのです。

 

特に「自分の好きなことを仕事にしたい」「自分が活躍できる仕事に就きたい」と考えている方には注意が必要です。

 

市場の衰退している企業に転職している

市場の衰退しているサービスや商品を扱っている企業に転職してしまうと、どうしても転職しても長く続かない場合が高いです。

特に、キャリアアップを考えている方や同じ産業や業界に転職しようとしている方には注意が必要です。

 

また、低い市場で働いていた経験というのは、そこで培ったスキル自体も評価されないことがあります。

例えば、ガラパゴス携帯を作っているA社から、今現在に流行っているモデルのスマートフォンを作っているB社に転職したい人がいたとします。

 

この場合、もしかするとガラパゴス携帯の時の知識が役立つかもしれませんが、ガラパゴス携帯の知識は古いと認定される可能性が非常に高いのです。

ということは、いくら自分がガラパゴスの機能や構造について詳しくてもB社には評価されないのです。

反対に、スマホを日本で始めて作った会社で勤めていた方が前者よりも評価が高く見られるでしょう。

 

転職をするうえでは、前職で取り扱っていた商品やサービスの市場価値が高いか低いかの影響というのは、少なからず採用選考に影響するということです。

 

自分のしたいことに固執している

自分のしたいことに固執しているというのは、とことん仕事に対して「俺はこうしたい」「こういう環境に身を置きたい」と思っている方です。

ほとんどの方は、自分の市場価値が達していない場合がほとんどなのです。

 

ある程度、自分の思い通りの職場に転職するには、ある程度のその職場に見合った市場価値というものが絶対に必要なのです。

 

大抵の場合、「自分はこういう環境に身を置きたい」と思える職場というのは、それなりのスキルが求められる企業というのがほとんどです。

なぜなら、限りなくそう思える企業というのは、優秀な社員や労働条件もいいと言えるホワイト企業である可能性が非常に高いからです。

こういった企業は離職率も低いことが特徴なので、なかなか転職サイトやエージェントで掲載されていることも少ないでしょう。

 

転職サービスを使うなという意味ではありません。

ただ、自分の市場価値を上げておかないと、望む企業とはマッチングしないということです。

 

結局、数ある中の魅力的な求人を見つけたとしても、採用選考で落とされたりするのです。

ホワイト企業を目指していくには、自分のこだわりも大事ですが、いかに自分の市場価値を上げていくかが最重要になってきます。

 

何らかの避けられない事情がある

これは病気や家庭の事情の場合です。

特に精神的な病にかかっている人などは、どうしても克服するまでに不安定な時期を必要とします。

結果的に、こういった不安定な状態が転職を繰り返す原因になってしまいます。

 

中には、前職のハラスメントで精神的な病を患ってしまい苦労してしまう方もいるので、できるだけハラスメントがあった場合には転職活動を初めることをおすすめします。

 

また、別のパターンとしては共働きの方たちにも多いです。

どちらか一方の職業が転勤が多く、どうしても一緒に暮らすためには転職を繰り返さないといけないという事例もよく耳にします。

この場合ですと、キャリア形成も難しくなりますし、企業側も入社してもすぐに退職するではないかという疑いが入りますので、自分の理想を求めた転職というのは難しいのが現状です。

 

【危険】転職を繰り返してしまう人の負のサイクル

 

「後悔する転職を繰り返す人の4つの特徴」をまずは把握しないと、だんだんと自分の理想とする転職ができなくなる負のサイクルに陥ってしまいます。

負のサイクルは以下の通りです。

 

  1. 転職をして新しい会社に入る
  2. 何かしらの辞めたいと思う出来事が起こる
  3. 転職しようと思う
  4. 実績もなく、早く退職したという事実だけが残る
  5. 転職先が見つからない
  6. 転職先を妥協しないといけなくなる
  7. 自分に合わない職場になる
  8. 1~7の繰り返し

 

2の「何かしら辞めたいと思う出来事が起こる」は前章でもお話しした4つの特徴の内が原因で起こる出来事です。

このサイクルを繰り返していくことになってしまうと、いくら理想の職場を求めても転職することが難しいでしょう。

 

結局はダメな転職というのは自分の市場価値そのものを下げてしまうので、なかなか自分が納得できる転職ができなくなるのです。

そして、生活費などのお金の関係も支出のこともついてきますから、最終的には妥協した職場に転職するという結果になります。

案の定、新しい職場でも再び転職という選択肢を選んで、再び後悔してしまうのです。

 

転職活動を繰り返している状態というのは、転職活動をするハードルというものは心理的に感じていない状態です。

 

逃げの転職癖がついてしまうと、ギャンブルではまったように「次の転職なら」と希望を持ち、本来であれば現職にとどまってスキルを磨いた方が良い場合でも転職をして自分を不利な状況へと運んでしまうということです。

当然、逃げの転職ですから、新しい職場でも自分の求めている環境に巡り合う可能性は低くなります。

 

こういった危険性を防ぐためには、少なからず転職を繰り返してしまう自分自身の根本原因を解決しないといけないのです。

その方法というのが次章でお話しする「転職を繰り返さないようにする具体的な方法」になります。

 

転職で成功している方はこういった面倒な部分を疎かにしないからこそ、キャリアアップややりがいを持った職場へと転職できます。

 

具体的な方法なので、手間というのは少なからずかかりまが、この手間を避け、再び何か月もかけて転職活動を行い、新しい転職先でまた後悔してしまうのと比べるとどちらが良いのかということです。

このサイクルに入っている、もしくは入りかけている人は「転職を繰り返さないようにする具体的方法」を実践してください。

 

転職を繰り返さないようにする具体的方法

 

具体的な方法としては簡単です。

後悔してしまう転職を繰り返す人の4つの特徴とは真逆の持てれば、自然と自分の納得できるような転職が実現できます。

 

  • 自分のレベルを勘違いしている
  • 市場の低い職業についてしまっている
  • 自分のしたいことに固執している
  • 何らかの避けられない事情がある

 

この4つの内のあなたに当てはまっている問題を解決すれば良いということになります。

もちろん、他にも転職活動では面接対策、書類対策などを行う必要もありますが、まずはこれらの問題を解決してからです。

 

根本的な問題を解決しないことには、いくら面接対策や書類対策などを行っても、結局は自分が望んでもいない企業から内定を貰うようになるだけだからです。

まずは、自分のしっかりとした転職活動を行う上での軸を作ったうえで、面接対策を行っていくと良いでしょう。

 

この4つの問題を解決した状態というのが以下になります。

 

  • 自分のレベルを把握する
  • 市場の高い職業を狙っていく
  • 自分のスキルアップに集中する
  • 避けられない事情を改善する

 

それぞれ、詳しく解説していきますので、自分がどのような行動をしていけば良いのか解説していきます。

 

自分のレベルを把握する

まずは自分のレベルを知るという方法です。

自分のレベルを知るというのは、自分の市場価値を知る方法になります。

 

良い方法としては、自分の今までで得たスキル、経験を全て紙に書き出していきます。

 

この紙に、些細なことまで全て書き出していきます。

そして書き出したものの内、そのスキルや経験が他の会社でも活かすことができるものと、できないものに振り分けていきます。

振り分けた後に、他の会社でも活かせるものというものが、自分のレベルだということです。

 

このレベルに沿った企業を選ぶことができれば「やりがいがない」「ついていけない」ということは少なからずなくなります。

 

もう一つ、このスキルや経験を書き出した紙から、あなたが「どのスキルを伸ばしたい」かや「どのような経験をしたい」かを定めておけばより活躍できる企業を選ぶことができるでしょう。

 

市場の高い職業を狙っていく

市場が伸びていくだろうという業界の企業をできるだけリサーチする必要があります。

市場が衰退していくかの判断方法としては、以下の2つの条件にこだわってみてください。

 

替えがきかないサービス or 商品を持っている

今後、いろいろな企業の参入が予想される

 

反対に、これ以外の条件に当てはまらない企業というのは市場が衰退、またはキャリアアップには難しい環境の職場だと想定されます。

この2つの条件を満たしている会社でも、将来的には衰退していきます。

 

機械化やAI、業務の効率化などで結局は需要のあるものの市場というものは必ずと言っていい程、衰退してしまいます。

Wi-FiルーターやiPhoneの市場でも、一時はブームが起きたものの、だんだんと市場が飽和していることがわかると思います。

 

なので、いろいろな会社は新しい市場に参入したりするのです。

 

ですが、たとえあなたが働いている企業の市場が衰退したとしても、あなたは衰退した市場で活躍したという実績や市場が盛んな仕事をしたという経験が残ります。

再び転職活動をしたとしても、同じ産業で新たな市場開拓を狙っている企業からすれば、あなたは喉から手が出るほど優秀な人材と見てくれるので、キャリアアップなどのハイクラスの転職が実現できます。

 

自分のスキルアップに集中する

まず、スキルアップするにしても、自分がどの程度のレベルであるかを把握しないといけません。

スキルがないと、仕事を任せてもらえる機会が減ってしまうからです。

 

その為には、まずは自分の市場価値を上げることにフォーカスしてみると良いでしょう。

 

市場価値を上げる方法としては、まずは今ある仕事に結果を出すようにしてみてください。

結果を出せるようになるということは、実績とスキルがついてくるので転職する場合でも、より自分が求めている仕事に就くことのできる可能性が上がります。

 

もし「そもそも任される仕事がないよ」という方はこちらの記事を一度参考にしてみてください。

>>社内ニートが転職するのは危険?するべきことがない原因と対策を紹介!

 

避けられない事情を改善していく

この場合は、特別な方法もなく、地道に避けられない事情を改善していくしかありません。

手当などもいろいろありますので、まずは焦らずゆっくりと改善していくのが一番の近道です。

 

焦ってしまうと、またすぐに転職しないといけなくなったりなどの、長期的な目で見ると損してしまいます。

 

ただ、こういった立場に置かれているのであれば、できるだけスキルアップを中心に転職を考えていくと良いです。

どうしても、経験などで勝負してしまうと、周りと比べられると弱いからです。

 

なので、専門性のスキルや資格が必要な仕事だと転職活動を再開したときにもスムーズに職場が決まりやすくなります。

 

最期に、、転職を繰り返す人は根本的な問題から

 

いかがでしょうか?

後悔してしまう転職を繰り返している人は、第一に根本原因を解決しないといけません。

 

そうしないと、何度も転職してもキャリアアップや仕事のやりがいにも繋がらないからです。

 

そして、市場というのは常に衰退というものがつきものです。

これからの時代、さらに転職が当たり前になってきます。

 

そんな当たり前になった時に、博打ともいえる転職をするのか、それともキャリアアップに繋がる転職になるのかは、本記事で紹介した特徴にいかに当てはまらないようにするかです。

ぜひ、理想的な転職を実現して「就職して良かった」と思える企業でキャリアアップしていきましょう。

-転職知識

Copyright© 就活と転職情報が集うキャリアの城 , 2019 All Rights Reserved.