転職知識

あなたの転職を決意するタイミング10選?ベストな時期も紹介!

転職を決意するタイミングが正しいのか気になりませんか?

「今の不満が転職をすることで解決できる」という可能性もありますが、間違ったタイミングで転職して後悔することも少なくあります。

そこで、本記事では多くの人が転職を決意するタイミングが正しいのかと、ベストな転職タイミングを紹介します。

 

今、転職を決意するか迷っている方は参考にしてみてください。

 

みんなが転職を決意するタイミング10選

ここでは多くの人が転職を決意するタイミング10選を紹介していきます。

まず、自分がこのタイミングで転職を決意するのが正しいかどうか判断してみてください。

 

また、転職を決意する多くの人は、これから紹介するタイミングが1つが合っているよりも、複数に当てはまって転職を考えることが多いです。

なので、紹介する全てのタイミングに注意点などを解説していくので、当てはまっている項目は目を通してください。

それぞれ詳しく解説していくので参考にしてください。

 

1.会社に経営方針に不安

会社に将来性に不安を持っていると感じると転職を決意する人が多いです。

どうしても、時代には流行りがあります。

昔は盤石と言われていた大手企業も、今では次々と経営方針を変えています。

また、副業などを大手が認めているのも、将来性に不安を持ちやすい会社が増えた証明になります。

 

また、早期リストラを促している会社も度々ニュースになったりしています。

正直、こういった経営方針は予想するのが難しいです。

というのも、経営方針を読むのは株トレードをしているのと変わらないので、おいそれと予想できるものではないからです。

 

読めて市場が伸びるかくらいなので、あまり経営の仕方だけで将来性を予想するのは難しくなります。

なので、他の要因で転職をするか決めるのをおすすめします。

 

2.会社のトップが残念

会社のトップが無能であったりすると、どうしても将来性に不安を感じ、転職する方が多いです。

特にこのパターンで転職を決意する人は、中小企業に勤めていることが多いです。

中小企業だからこそ、社長や会社の経営陣を見る機会が多いのでしょう。

 

こういったトップが残念な会社は、当然部下もいい加減になり、最終的に優秀な人材に仕事が集中します。

なので、最終的には優秀な人材はスキルを身に着け、今の会社を抜けていくことが多いので経営が厳しくなることが多いです。

正直、トップが無能な場合、トップの意識が劇的に変わる以外に解決法がないので、早めに退職を考えたほうが良いでしょう。

 

3.会社の待遇が悪い

成果を出しているのにかかわらず「給料が低い」「なかなか力を認めてくれない」などの場合も転職を決意する人が多いです。

正直、どれくらいの規模の会社にもよります。

営業職などの結果がはっきりとわかる世界で結果を出しているにかかわらず、給料や評価に反映されないのであれば転職するべきでしょう。

 

営業職はそれだけ結果が数字に出やすいからです。

 

しかし、なかなか評価を付けづらい業務内容の場合、仕事の内容よりも世渡り上手な人が優先されて評価が上がりやすい職場もあります。

こういった場合は自分もできるだけ、上司とコミュニケーションをとるなどの改善を試みるも良いでしょう。

しかし、どうしても上司と折り合いが合わなかったりする場合は、転職を決断するのもありです。

 

4.キャリアアップをしたい

今の会社での出世に魅力を感じない方は、他の会社でキャリアアップのために転職を決断する人も多いです。

また、正当な評価を貰えず出世が難しいと感じている方も、キャリアアップのために転職を決断する傾向があります。

今の時代、キャリアアップに特化した転職サービスはたくさんあるので、優秀な人は簡単に好条件の求人を探せる環境が整っています。

 

なので、できるだけキャリアアップしようと考えている方は、より好待遇な会社や、より自分の力を活かせるところへ行こうとします。

キャリアアップを考えているのであれば、役職付きの転職や自分のスキルを磨き、活かせる会社へ転職するのは賢い選択です。

ただし、必ず転職すればキャリアアップに繋がるとは限らないので、できるだけ市場を調べるなどの、ミスのない転職をするための準備をしておきましょう。

 

5.転職のオファーを貰った

他の会社からヘッドハンティングされた場合です。

ヘッドハンティングの場合、会社から「あなたにウチで働いてほしい」と頼まれる方になるので好待遇の条件を提示してくることが多いでしょう。

当然、ヘッドハンティングをしてくる会社のオファーは、責任感が必要な仕事などが多く、キャリアアップにも繋がりやすいです。

 

また、ヘッドハンティングをされるということは、自分の市場価値が高い証明にもなります。

なので、転職活動をしても、比較的スムーズに転職をすることが出来るでしょう。

転職は市場価値が何よりも重要です。

 

なので、市場価値が高いと分かった段階で、自分のスキルや経験をオークションに出すつもりで高く買ってもらう企業を見つけていくのも良いでしょう。

 

6.今の仕事が向いていないと感じた

どうしても、人には得意と不得意があるように、自分に適した仕事とそうでない仕事があります。

これは市場で取り扱う商品やサービスが合わないこともありますし、そもそも職種自体が合わないこともあるでしょう。

 

基本的に、4年以上同じ職種についている場合は、あまり未経験にチャレンジすることはおすすめしません。

というのも、未経験の職種というのは、市場価値を捨てて転職活動をすることだからです。

正直、未経験の場合、どうしても会社を落とす覚悟は必要になります。

 

なので、せめて職種は違っても同じ市場を狙うようにしましょう。

基本的には、新しい職種にチャレンジするのは第二新卒までです。

 

7.やってみたい仕事が見つかった

自分にやりたいことが見つかったタイミングで転職する決意をする人も多いです。

ただ、本当にその仕事はやりたいことなのでしょうか?

よく、隣の芝は青く見えると言いますが、企業でもその可能性はあります。

 

転職する前は「やりがいを感じて仕事ができる」と思っていても、いざ入社してみると「こんなはずではなかった」と後悔する人は多いです。

こういった後悔をするほとんどの人は、職場の雰囲気を把握していない、勢いで転職してしまった傾向があります。

なので、まず自分のやりたい仕事が見つかったときは、本当にその仕事がしたいのかをしっかりと自問自答しましょう。

 

そして、やりたい仕事に対して、良い部分しか見えていない場合は、その仕事の悪い部部を探してください。

「悪い」「良い」部分を客観的に比べて転職するかを決めてください。

とにかく、今やりたい仕事が本当にやりたいかを正しく判断する努力をしましょう。

 

8.自己評価と会社の評価に溝を感じる

自分の思っていた評価と会社が自分に付ける評価にギャップがあり、今の会社に見切りをつけて転職をする方も多いです。

仕事ができる人は一定数、こういったギャップを感じることがあります。

特に給与が歩合制でない場合は、周りよりも仕事をこなしているにかかわらず、評価が同じということもしばしばあります。

 

こういった場合は転職する判断は間違っていないでしょう。

というのも、いつまでも評価が上がらない職場にいても、将来に先はないからです。

もし、少しでも良い条件で働きたいのであれば、良い条件で働ける会社に勤めるのが一番の解決策になります。

 

基本的に会社での給与交渉はよっぽどでない限り、あなたの欲求は通りになりません。

しっかりと自分の市場価値やスキルの需要は客観的に見てください。

よくそこまで市場価値が高くないにも関わらず「自分はできる」と思い込む方もいます。

 

なので、転職する際にはしっかりと自分の市場価値を見極めるようにしてください。

 

9.人間関係に疲れた

会社ではどうしても付き合いがあります。

中には、そういった人間関係に疲れて転職を決意する方も多いです。

  • 「もっとコミュニケーションを取りながら仕事したい」
  • 「もっと黙々と自分の仕事に集中して仕事したい」

このように、人間関係に対しては何が良いと思うのは人それぞれです。

しかし、仕事と割り切ることのできる人間関係で、給与面などの満足しているのであれば転職はおすすめしません。

というのも、人間関係を耐える負担と転職する負担を考えると、後者の転職の負担のほうが大きいからです。

 

とはいっても、よほど馴染めなくてストレスが掛かるのであれば、転職を考えてみても良いでしょう。

転職を考える際は、職場の雰囲気を見学したり、同じような職場に当たらないようにしましょう。

 

10.上司のパワハラ

上司の暴言など、理不尽な圧から避けるために転職を決意する人も多いです。

今の時代、日本はパワハラなどのハラスメントに敏感になっています。

ですが、まだまだパワハラが蔓延している職場はたくさんあります。

 

こういった上司のパワハラが蔓延している会社は改善の余地がないのであれば、できるだけ早いタイミングで退職するといいでしょう。

 

パワハラは何があっても許されることはありませんし、精神的な負担があります。

耐えられる段階で我慢するの否定しませんが、鬱になってからでは遅いです。

なので、出来るだけ早めに見切りをつけて転職を検討していください。

 

転職の正しい決意の正しいタイミング

ここでは正しい転職のタイミングを紹介します。

転職を決意した人はこれから紹介するタイミングを意識して転職活動を始めるようにしましょう。

 

逃げの転職でないとき

まず、転職する動機が現状から逃げ出すためでないのであれば転職のタイミングです。

転職して後悔するパターンとして、前職の問題がぶり返してしまう人が多いです。

結局、現状に逃げる転職は、同じ問題を繰り返しえしやすくなります。

 

「現状の待遇がおかしい」と思っていても、実は他の会社と比べても同じことがあります。

そして、転職しても同じ問題が起こるは、あなたが原因かもしれません。

こういった現状を避けるためにも「逃げの転職をしているかもしれない」と思っている人は、まず自分に改善点がないか注意しましょう。

 

そして、客観的に自分の見つめなおし、あなたが逃げの転職をしていないかチェックしてみましょう。

 

正直、転職したいならするのが吉

逃げの転職でないときは、できるだけ早く転職をするのがベストです。

というのも、転職はタイミングが重要になります。

パワハラが原因で転職する時は、精神的に疲弊しきったタイミングで転職するのは遅いです。

 

また、キャリアアップなどパワハラ以外の転職理由でも、逃げの転職でないのであれば積極的に転職する決意をするのが良いでしょう。

結局、転職をしなくてもある程度、自分がどのくらいの会社に転職できるかは把握していたほうが良いです。

自分がどのくらいのレベルの会社に転職できるかを知っておくことで、転職するべきかが客観的に見られます。

 

転職エージェントが必須の時代!

転職エージェント

今は求人数が多い時代です。しかし、優良企業はごくわずかなんですよね。。。

結果、求人に載っているウソの情報に騙され、働いてみるとブラック企業…ということがあるのも現状です。

転職エージェントを使えば、求人を見る段階で内情も分かるので希望の職場に出会えるんです。

今は、転職を成功させるためには、転職エージェントが必須の時代です。

ただ、転職エージェントは100を超える会社があります。

おすすめのエージェントや選び方については↓でまとめているのでチェックしてみてください。

>>【目的別】おすすめ転職エージェント16選&正しい選び方!!

エージェントはもちろん無料で利用できるので、少しでも良い企業に転職したい場合は、使っておいて損はないでしょう。

 

転職を決意するタイミングの関連記事

貯金なしの転職活動で起こりやすい悩み!乗り切る3つの手段も紹介!

「すぐに会社を辞めて転職したいけど貯金がない」と思っていませんか? 転職活動は貯金なしの状態でも可能ですが、ある程度の計画性が必要になります。 というのも、貯金がない状態というのは、それだけ金銭面での ...

続きを見る

転職エージェント・転職サイトおすすめ16選
【目的別】おすすめ転職エージェント・サイトの比較ランキング16選!正しい使い方も!

転職エージェントや転職サイトの登録は転職活動に必須です。 自分に合った転職エージェントとサイトを上手く活用できるほど、納得のいく転職ができる確率が上がっていきます。 なぜなら、あなたが満足のいく求人と ...

続きを見る

上司が暴言を言ってくるなら退職しろ!対処法とやり返す方法も解説!

「上司の暴言に耐えられない」 「暴言にどう対処したらいいのか?」 「暴言を吐かれた上司をやり返す方法を知りたい」 このように、思っている方は本記事を参考にしてください。 暴言を吐く上司の対処法、やり返 ...

続きを見る

 

-転職知識

Copyright© キャリアの城 , 2020 All Rights Reserved.