転職知識

【失敗しない】転職の手順を紹介!転職活動は退職してからするべき?

更新日:

 

本記事では転職活動の手順について解説していきます。

まず、転職活動の手順で迷ってしまうのが「退職してから転職活動をするのか」「働きながら転職活動をするのか」です。

 

この2つの選択肢にはどちらにもメリット・デメリットがあります。

もし、自分に合った選択を間違ってしまうと、転職活動がスムーズにいかなかったり、転職してから後悔してしまうリスクがあります。

 

今回はそんな転職活動をどのように始めればいいのか、また全体的な手順や流れを紹介していきます。

転職活動で迷っている方は本記事を参考にして正しい転職活動をしていきましょう。

 

退職するときの2つの選択肢

 

まず、転職を決めたときに決めないといけないのは「退職してから転職活動をするか」「働きながら転職するか」です。

 

どちらが正解というものはなく、今の置かれている現状や業務の忙しさなどで判断しなければいけません。

ただ、安易にどちらかの選択肢を間違ってしまうと、転職がスムーズに進まなくなる可能性があります。

 

ここでは、そんな転職を決めた時の2つの選択肢のメリットとデメリットをわかりやすく紹介するので、自分が今置かれている現状に合わせて判断していきましょう。

 

退職してから転職活動するメリット・デメリット

退職してから転職活動するメリット・デメリットは以下の表になります。

 

メリット デメリット
転職活動に集中できる 収入がないので貯金、またはアルバイトをする必要がある
落ち着いて自分に合った転職先を吟味できる 正社員でない空白期間が長くなると、転職が不利になる
資格などのアピールポイントを増やせる 同僚や上司が冷たくなった対応をする期間が長い
しっかりと面接対策、書類対策ができる 自己管理をしっかりしないと、だらけた生活になってしまう
たくさんの企業に応募できて将来の選択肢を増やせる 転職活動中は無職なので、周りが不安がる

 

仕事を退職してから転職活動を始めれば、時間を有意義に使って転職活動が行えます。

ただ、その分、なかなか転職先が見つからないと、お金の面で困ってしまう可能性が出てくるでしょう。

 

退職してから転職活動を始める人は以下に当てはまる様な人におすすめです。

  • 貯金が3か月分ある
  • 実家暮らしなどで生活費が安く済む
  • たくさんの企業に応募したい
  • 資格などを自分をお高めたい

 

このように、自分の転職先の候補をできるだけ知りたい人にはおすすめです。

 

退職する前に転職活動を始めるメリット・デメリット

退職する前に転職活動を始めるメリット・デメリットの表は以下になります。

 

メリット デメリット
社員が冷たくなっても期間が短い 現職の業務が忙しいと転職活動に支障をきたす
同僚や上司が冷たくなっても短期間で去れる 仕事があるので転職の予定が決めにくい
収入がない状態を避けれる 新しい資格などの取得が難しい
現職があるので、強気の希望条件を交渉できる なかなか面接対策などをしっかりするのが難しい
勤め先が決まっているので、上司から退職を渋られにくい 引継ぎが短くなるので恨みを買って退職する可能性がある
ある意味、労働条件を吟味して転職できる 急いで転職を進めた場合労働条件が悪く泣てしまう

 

現職に在籍中で転職活動を始めれば、生活費に困ることも少ないので、退職してからの転職よりも精神的ストレスは小さいでしょう。

 

ただ、仕事をしている状態というわけなので、どうしても面接日程が合わなかったり、理想の転職先を見つけづらいというデメリットがあります。

在籍中に転職活動を始めるのにおすすめな人は以下の様になります。

 

  • できるだけストレスなく転職をしたい
  • 労働条件にこだわりたい
  • 転職先が見つからなかったときのリスクカバーが欲しい
  • 家庭がある(絶対に生活費が必要)
  • 無職の期間を作りたくない

 

このように、生活の安定を重要視している方にはおすすめの選択肢です。

 

2つの選択肢に迷った時は?

  • 仕事を辞めて転職活動した場合、働く先がなかなか見つからなかったらどうしよう
  • 仕事を辞めずに転職活動した場合、良い企業と巡り合うチャンスを逃していたらどうしよう

 

このように、なかなか転職活動をどのように悩む方も多いでしょう。

どうしても、この2つの選択肢をなかなか決めれない場合は、転職エージェントに相談してみる自分の市場価値を調べるという解決策があります。

 

まず、転職エージェントですが、あなたにマッチした転職活動のアドバイスをしてくれます。

生活のライフスタイルやあなたのキャリアを考慮して、どのように転職活動をすればいいのか提案をしてくれます。

 

求職者のサポートたくさんしてきたプロですから、きっとあなたに適した転職アドバイスをしてくれます。

アドバイスを貰う上でおすすめの転職エージェントは以下になります。

 

サービス名 特徴
リクルートエージェント 支援実績から的確なサポート受けるのであれば
doda アドバイザーが平均的に優秀、支援実績も多数あり
マイナビエージェント 20代の信頼度No.1
type転職エージェント 満足度の高い手厚いサポートに定評あり

 

次に、自分の市場価値を調べ得るという方法は、転職サービスでもスカウト機能に特化してみるものを利用してみて、どれくらいの企業からオファーが来るのかによって判断する方法です。

 

たくさん企業からオファーが来れば、自分の市場価値が高いということです。

なので、退職してから転職活動をしても、いっろいろな企業から内定を貰いやすいということになります。

 

反対に思ったより少なければ、自分の価値がまだ認められていないということです。

現職に在籍しながら転職活動を行った方が良いのかもしれません。

 

このスカウトサービスが優秀な転職サービスは以下になります。

サービス名 特徴
ビズリーチ ハイキャリア向けのの求人なら
AMBI 合否判定可能システムで内定を貰える可能性がわかる
キャリトレ AI機能で自分に適した仕事を見つけてくれる

 

自分に当てはめるだけ!おすすめ転職活動の手順

 

ここでは実際に転職をするか、どうかの判断から転職活動と内定を取るまでの手順を紹介します。

転職するかどうか迷っている際はぜひ、ここで紹介する手順に自分を当てはめてみて行動してみてください。

 

自分を当てはめて行動することで、自分がどのような行動を取れば正しいのかわかります。

誤った選択をして転職で後悔してしまうのを限りなく低くするでしょう。

 

手順は以下になります。

  1. 退職する理由を振り返る
  2. 転職エージェントに登録
  3. 退職の意思を伝える
  4. 会社の引継ぎ
  5. 退職
  6. 応募・選考
  7. 内定・入社

 

全部で7ステップまであります。

めんどくさいと感じるかもしれませんが、将来を後悔してしまうか、してしまわないかの重要な人生の分岐点にもなります。

 

しっかりと、冷静にこなしていきましょう。

 

1.退職する理由を振り返る

転職するか・しないかで迷った時には「自分がなぜ転職したいのか」をはっきりさせましょう。

転職願望の理由を知ることで、自分が本当に転職すべきなのか、または現職で頑張るべきなのかがわかってきます。

 

例えば、職場の人たちと仲が悪いのが理由としましょう。

この場合、自分が周りとのコミュニケーションを拒否しているのか、周りがあなたとのコミュニケーションを拒否しているのかがわかります。

 

前者の場合ですと、転職してもまた同じような繰り返しになるかもしれません。

反対に後者ですと、職場環境が劣悪なので早く会社から離れるべきだと分かります。

 

このように、本当に転職するべきかどうかを、客観的に判断していきましょう。

もし、どうしても判断がつかない場合は転職エージェントの面談で相談するのも一つの手段になります。

 

2.転職エージェントに登録

退職を決めたのであれば、次に行うのは転職エージェントの登録です。

転職エージェントを選ぶ基準としては以下の基準を設けることが必要です。

  • 保有案件数が多い
  • 案件の質が高い
  • サポートの充実具合
  • 提案力がある

このように、総体的に能力が高いエージェントに登録しましょう。

 

サポートなどは、人と人とのやりとりになってしまうのでどうしても相性が良い、悪いが出てきます。

誰があなたに担当してくれるかという、運の要素もあるので、もし「自分にこの人は合わない」と感じたのであれば、どんどん他のエージェントも活用していきましょう。

 

総体的な評価の高いエージェントは以下になります。

サービス名 特徴
リクルートエージェント 支援実績から的確なサポート受けるのであれば
doda アドバイザーが平均的に優秀、支援実績も多数あり
マイナビエージェント 20代の信頼度No.1
type転職エージェント 満足度の高い手厚いサポートに定評あり

 

また、これら以外にも第二新卒、既卒向け、ハイキャリ向けなどの様々なエージェントがありますので、自分のニーズ合った特化型の転職エージェントを使うのも良いでしょう。

 

特化型の転職エージェントを知りたい方はこちら

>>【2019年最新】おすすめ転職エージェントランキング16選!人気の転職サイトと比較!

 

3.退職の意思を伝える

次に退職の意思を上司に伝えます。

退職の旨を伝える際にはアポを取り、上司には時間の余裕を持って貰いましょう。

 

いろいろと引継ぎの話や具体的に何日に辞めるかなどを決めないといけません。

もし、転職先を決めてから退職をするのであれば、このステージは後回しにしましょう。

 

内定を貰った後に退職の旨を伝えると良いです。

 

退職を円満にする手順をもっと詳しく知りたい方はこちら

>>転職報告を円満にしたいなら!上司からも納得してくれるベストなタイミングは?

 

4.会社の引継ぎ

会社の引継ぎはゆとりをもって行いましょう。

ベストなレベルとしては、自分が抜けても会社が円滑に回るくらいです。

 

ただ、もちろん請け負っている業務の量にも変わってきます。

最低限、会社が回るくらいまでは引き継ぎましょう。

 

5.退職

退職の際には、挨拶文などを用意しておくことをおすすめします。

もし、転職先が同じ業界であれば、どこで出会うかはわかりません。

 

こういったリスクも考えて、できるだけ退職する際には円満な形を目指してください。

 

6.応募・選考

応募したい、気になる会社があればその会社についての情報を集めていきましょう。

そして、自分が納得できる会社であれば、どんどん選考に応募していってください。

 

気になる会社に関しては、自分で調べて探すよりも、転職エージェントに希望条件を伝えて紹介して毛包が効率が良いです。

できるだけ、短期間で理想の転職先を見つけたいのであれば、転職エージェントをどんどん活用していきましょう。

 

7.内定・入社

内定が決まり、新しい企業に入社したのであれば、できるだけ早く新しい職場に馴染めるようにしましょう。

即戦力になることを意識してもいいですし、コミュニケーションを図るでもいいです。

 

とにかく、仕事に慣れることを最優先していきましょう。

 

最後に、、、転職活動は客観的に!

 

自分の置かれている立場や状況に臨機応変に対応して転職活動をしていきましょう。

転職活動は正しい選択しをしていかないと、なかなか転職に集中できなくなったり、転職が長引いたすることもあります。

 

特に、転職先を決めてから退職するか、しないかという2つの選択肢はどちらもリスクがあります。

転職するメリットだけに目を向けるのではなく、しっかりと転職したときに起こりえるデメリットもしっかり理解して転職活動に励んでください。

 

もし、判断に困った場合は転職エージェントなどを、どんどん活用して第三者からの意見を聞いてください。

友達や親に相談してもいいですが、中には心配して転職するべきなのにさせないことを提案してくる人もいます。

 

転職エージェントもしかりで、転職しなくてもいいのに転職を進めてくる人もいます。

これを防ぐためには、できるだけたくさんの意見を集めましょう。

 

一つの意見にこだわらず、多くの意見を集めて客観視することを心がけてください。

転職の意見をたくさん集めたい人はこちら

>>【2019年最新】おすすめ転職エージェントランキング16選!人気の転職サイトと比較!

 

-転職知識

Copyright© 就活と転職情報が集うキャリアの城 , 2019 All Rights Reserved.