転職知識

転職するか迷う時の判断方法を紹介!転職して後悔する人の80%が持つ特徴とは?

更新日:

転職をする・しない」で迷うのは今の時代なら、誰にでもありえます。

ほんの少しの転職するかの迷いであれば「もう少し様子を見よう」で終わるのですが、この記事に辿り着いたということは転職するか本気で迷っているのではないでしょうか?

 

転職に迷う時間が増えているのであれば、転職する・しないかを決めなければいけません。

なぜなら、仕事のストレスが溜まりすぎている、または自分のキャリアアップの妨げになっているかもしれないからです。

 

転職というのは人生の分岐点と言っても過言ではありません。

そこで今回は転職に迷った時に、どのような選択をすればいいのか、また転職をするべきかの判断方法などを紹介します。

 

転職する・しないべきかを正しく判断して、後悔のない選択をしていきましょう!

 

転職を迷ってもするべきでない人の特徴

 

ここでは転職に迷ってもするべきでない人の特徴をご紹介します。

ここに当てはまっているからと言って、転職したら失敗するとは言い切れません。

 

ですが、大抵の転職を迷った挙句にして、後悔する人の特徴になります。

転職で後悔する人の特徴は以下の4つになります。

  • 何をしたいか決まっていない
  • 漠然と給与上げたいと思っている
  • キャリアアップへの強すぎる情熱
  • スキルへの自信過剰
  • 人間関係が良くない

 

この5つ全てに共通することは、自分の将来が豊かになるという過信です。

正しいタイミングと方法で転職すれば「転職して良かった」と思える可能性は高くなります。

 

ですが、あまりにも漠然と自分の将来が豊かになると過信した状態で転職してしまうと転職しなければよかった」と後悔してしまう可能性が高いです。

もちろん、自分が上手くいくというポジティブ思考も重要ですが、しっかり自分の足元を見失わないで冷静に転職をすることが重要です。

 

5つを更に詳しく解説していくので、自分に当てはまっていないかどうか判断していみてください。

 

何をしたいか決まっていない

将来どんな仕事、役員につきたいかなど決めていない状態で転職をしようとする方がいます。

もちろん、今その人が働いている環境によっても転職するべきか、そうでないかの判断が必要です。

 

ただ、ある程度に自分のしたいことやビジョンを持っていなければ、新しく入社した企業で働いてもやりがいを感じれないということが多々あります。

  • 「本当にこのままでいいのか」
  • 「仕事中に何をしているのかわからなくなる」
  • 「そもそものやる気が出ない」
  • 「仕事が面白くない」

このようなことを仕事で思ってしまうのは、自の本当にしたい仕事を理解している自分が何がしていないかわからないのどちらかです。

大抵の方は、後者の何がしたいかわからないに当てはまっています。

 

もし、後者に当てはまっているかもと思った方は、一度、自分が何を将来したいか自問自答してみてください。

 

漠然と給与を上げたいと思っている

漠然ともっとお金が欲しいと思っていませんか?

もし、思っているのであれば注意が必要です。

 

給料が高い職業というのは、やはりその給料に見合ったスキルが必要になります。

安易に、この会社の方が給料が良いと思って転職してしまえば、仕事が定時で終わらなくて残業が増えるなど、しんどい思いをするかもしれません。

 

現職で明らか正当な評価が貰えていないというのであれば話は別です。

しかし、漠然と給与を上げたいと思っている方は、今の自分にはいったいどれだけ価値があるのか考えてみましょう。

 

キャリアアップへの強すぎる情熱

キャリアアップへ強すぎる情熱があっても、転職を失敗する可能性があります。

キャリアアップと言えば、基本的には上の役職を目指すか、今よりも規模の大きい会社へ行くかになります。

 

ただし、どのような会社へ行くかざっくりと決めていたり、自分の身の丈に合っていない会社ではないと転職を失敗してしまいます。

 

最終的に、転職する前より評価してくれない会社に入社してしまうなどキャリアアップを妨げてしまうリスクがあります。

キャリアアップを考えている方は転職サービス利用して、企業からオファーが来るスカウトメールが送られてくるかなどで試してみてください。

 

ある程度、スカウトメールが来れば、あなたの市場価値が高いと判断できます。

送られてこなければ、まだ自分の求めている市場価値にはまだ達していないと判断できます。

 

こういった自分の市場価値を調べる転職サービスとしては、AMBIやリクナビNEXTなどスカウトサービスに特化したのがおすすめです。

 

>>AMBIを詳しく知りたい人はこちら

>>リクナビNEXTを詳しく知りたい方はこちら

 

スキルへの自信過剰

自分自身を過大評価して転職するのも危険です。

こういった場合も、転職しても自分のスキル会社が求ているスキルについていけないリスクがあります。

 

自分のスキルが今現在どれくらいかを調べるのも、やはり転職スカウトサービスがおすすめです。

自分の経歴書などを登録しておけば、それを読んだ企業があなたを魅力的に感じればオファーを送ってくれるからです。

 

特にハイキャリアを目指すのであれば、AMBIが良いでしょう。

特にこだわりがないのであれば、大手の転職サービスに登録しておけば、多くの企業があなたの職務経歴書を読んでくれます。

 

大手の転職サービスでスカウトメールがおすすめなのがリクナビNEXTが良いでしょう。

 

>>AMBIを詳しく知りたい人はこちら

>>リクナビNEXTを詳しく知りたい方はこちら

 

人間関係が良くない

同僚と気が合わない、上司が漠然と好きではないなどの理由で転職するか迷っているのも危険な状態です。

結局、転職したからと言って、人間関係が良くなると言い切ることはできないからです。

 

仕事とというのは人間関係ももちろん大事ですが、あくまで重要なのは仕事内容です。

 

まずは、現職の関わりある人とできるだけ関係性を改善していった方が解決策に繋がります。

もちろん、上司などのパワハラなどは別問題です。

 

転職しても後悔しない人の特徴

 

次に、転職を迷った時に転職をしたほうが良い人の特徴を紹介します。

転職を迷った時に、転職をするべき人の特徴は以下になります。

  • 実績が評価されていない
  • 明らか現職がブラック
  • 会社に未来を感じれない
  • 将来のビジョンがしっかりしている

この上の4つのどれかに当てはまっていれば、転職を本格的に考えても良いでしょう。

それぞれ詳しく解説していきます。

 

実績が評価されていない

仕事で結果を残したのに、賞与などに反映されていない場合は転職を考えてもいいでしょう。

特に、評価されない理由もわからないようでしたら、他の会社で活躍したほうが得策です。

 

評価されないとキャリアアップも望めませんし、困るのは最終的には自分自身です。

正当に評価される会社へ転職したほうがやりがいも感じますし、将来のキャリアップに繋がるでしょう。

 

ただ、勢いで辞めるのではなく、もし評価されないのであれば一度、上司と相談してみましょう。

明らかおかしい理由を提示されたのであれば、思い切って転職することを視野に入れてください。

 

明らか現職がブラック

  • サービス残業させられる
  • 休日出勤を強いられる
  • 上司のパワハラ
  • 有給を取らしてくれない
  • 明らか他社よりも平均以下の給料

このような状況に多々強いられるのであれば、転職を考えたほうが良いでしょう。

 

やりがいや、将来のキャリアアップ以前に会社そのものがおかしい場合です。

ダラダラと迷っていればストレスで鬱になったり、身体を壊してもおかしくはありません。

 

身体を壊す前に転職を考えましょう。転職を迷う理由もないです。

 

会社に未来を感じれない

  • 会社の方針が明らかズレている
  • 社風がおかしい(長時間労働を美化したり等)
  • 上司または社長等に将来を負かせるのが不安

このように、将来この会社に在籍していても不安だという場合があります。

 

もちろん、ズレていると思った会社方針が実は合理的だったなどのパターンもあります。

ですが、周りの友人ないし、同僚たちもあなたと同じことを考えているのであれば、転職を踏み切ってもいいのかもしれません。

 

キャリアアップの計画がしっかりしている

あなたがこういったキャリアアップを将来的には実現したくて、今が転職のタイミングと思うのであれば、転職を決めるべきでしょう。

迷いすぎて、転職のタイミングを逃したなんてことになれば後悔するのは自分自身です。

 

しっかりとした計画をもって、このままキャリアアップを実現していきましょう。

自分の強みを常に最大限生かせる職場こそが、キャリアアップへの近道です。

 

転職したときのメリット・デメリット

 

次に転職したときのメリットデメリットをご紹介します。

転職したときのメリットとデメリットの声をまとめたベスト5の表は以下になります。

良かったという声 悪かったという声
1位 やりがいを感じれる 前の職場の方が良かった
2位 正当な評価を得れる 評価が落ちた
3位 給与がアップした 業務が忙しくなった
4位 労働条件が良くなった 新しい職場の人と馴染めない
5位 身体・精神的な負担が減った 給与が落ちた

 

当サイトが独自に調査した転職後の声は上のようになります。

やはり転職をして後悔している人の特徴は安易に転職してしまった方が多いのが現状です。

ただただ、漠然とやりがいを求めたり、勢いで仕事を辞めてしまった方が多いです。

 

反対に、転職をして良かったと感じる人は、将来設計がしっかりしていたり、自身のスキルレベルの理解度が高かった人が多かったです。

 

このように、転職するか迷った挙句に安易に転職してしまう方は、その後ももう一度転職をしたりする方が多かったです。

この転職癖がついてしまうと、転職の回数が多くなっていくにつれてキャリア設計が上手くいかなかったりするので注意してください。

 

転職回数が多いと企業も「この人はすぐにまた辞めるのではないか?」と疑ってきます。

そして、勢いに任せて転職する人ほど、転職してきた理由がチープな傾向があります。

 

最終的には、面接時などに転職回数が多い時の理由説明が難しくなり、自分の首を絞めてしまうのです。

転職する際に利用する、エージェントサービスなどは転職回数が多すぎると、サポートを拒む傾向があります。

しっかりとした将来プランをもって転職していくことが大切です。

 

もし、転職しようか迷うことが増えたのであれば次に紹介する、「転職を迷う特が増えたときに取るべき行動〇選」を試してみてください。

 

転職を迷う時が増えたときに取るべき行動4選

 

ここでは実際に、転職するか迷った際に、具体的にどういったことをして判断する方法を紹介します。

ここで紹介する方法は以下の4つになります。

  • 理想と現実を書き出して比べてみる
  • 自己分析をする
  • 周りに相談してみる
  • 転職エージェントを利用してみる

 

それぞれ、自分に合った方法で転職するのか迷っている状況を解決しましょう。

それでは詳しく解説していきます。

 

理想と現実を書き出して比べてみる

自分の理想の職場、労働条件と現実の職場と労働条件を書き出して比べてみる方法です。

紙に書きだすことで、自分の頭だけで考えるより、自分の考えが整理され解決策を思い浮かびやすくなります。

 

  • 労働条件
  • 給与面
  • 上司や同僚
  • 残業どれくらいか
  • 仕事内容
  • 通勤の距離

などなど、転職でよく悩む場面の時に、自分が一体どんな状態のときかを全て書きだしてみてください。

そして、書き終えた後に、自分の理想を書いていきます。

 

理想と現実の2つを比べることによって転職するしか解決方法はないのか?」「転職しなくても解決できる」かが判断できるようになります。

例えば、給与や仕事内容には不満がなく、転職を悩まされるのが以下の項目だったとします。

現実 理想
同僚と絡みずらい 気軽にコミュニケーションを取れる

 

この場合、転職するよりも同僚とできるだけコミュニケーションを取る工夫をしたほうが良いわけです。

ただ「同僚と絡みずらい」ではなく「上司のパワハラ」であれば、転職を考えたほうが良いと分かります。

 

手軽に一人でできる方法なのでぜひ、転職を悩む機会が最近増え始めた人は試してみてください。

 

自己分析をする

次に紹介するのが自己分析です。

自己分析の具体的なやり方自体は特に指定しません。慣れた方法で良いでしょう。

 

自己分析をすることによって、自分が仕事の中で何を大事にしているのかや、どういった仕事が向いているかがわかります。

 

仕事にやりがいを感じなくなり、転職を悩み始めた方には、自己分析でもう一度自分を見つめなおすというのはおすすめです。

また、もし手軽に自己分析をしたいのであれば、マイナビNEXTや○○といった転職サイトやエージェントを利用すれば、質問に答えるだけで自己分析を終わらせることができます。

もちろん無料でできます。

 

周りに相談してみる

次に紹介する方法が、仕事の同僚や信頼できる上司、友達に相談してみるという方法です。

第三者の意見を求めることによって、自分の選択が果たして正しいのかどうかを判断できます。

 

「現実と理想を比べてみる」「自己分析をする」の最終確認のために、この方法を試してみるのもおすすめです。

 

注意点としては、一人だけに相談するのではなく、なるべく複数人からの意見を聞いてください。

友達、上司、家族のようにできるだけ多くの方に相談したほうが、個人の偏った意見にならず正確な判断ができるようになるからです。

 

転職エージェントを利用してみる

次におすすめなのが、転職エージェントに登録して、アドバイザーの意見を聞いてみる方法です。

転職エージェントには必ず利用前に、面談というものがあります。

 

面談では必ず転職のプロアドバイザーがあなたに対応してくれるでしょう。

その際に、転職するのを迷っていることを伝えれば、アドバイザーが転職するべきか、そうでないかの判断をアドバイスしてくれます。

 

先ほどの「周りと相談してみる」の延長線上で転職エージェントを利用してみてもいいでしょう。

 

「転職を決めていないけど大丈夫?」と思う方もいますが、基本的には相談だけでもOKのエージェントサービスがあるので、頼れるものには頼ってください。

何より、無料で転職のアドバイスを聞けるのは、かなり大きなメリットです。

 

転職エージェントを利用する際に気を付けること

ただし、転職エージェントを利用する際にも注意点があります。

それは、一つのエージェントだけに頼りすぎないということです。

 

プロのアドバイザーの中には転職を強要してくるところもあります。

結局、転職エージェントは利用者を転職させて、初めて報酬が入るからです。

 

できるだけ、転職エージェント利用する際は、2~3個くらい登録しておき、常にいろいろな方向からのアドバイスを貰えるようにしておきましょう。

次の章ではに転職するか迷った人におすすめの転職エージェント、サービスも紹介するので参考にしてみてください。

 

転職するか迷う人が利用すべきエージェント4選

ここでは、転職する・しないで迷った際に、相談する手段として利用してもらいたい転職エージェントを5つご紹介します。

ぜひ、自分のキャリアや置かれている立場にマッチしたサービスを利用していきましょう。

 

リクルートエージェント【実績をもとにアドバイスが欲しいなら】

 

株式会社リクルートキャリアが提供してくれるサービスの一つです。

リクルートの他サービス「リクナビNEXT(求人サイト)」は自分でたくさんの仕事を探さないといけない手間があります。

しかし、リクルートエージェントは、膨大なリクルートの求人の中からエージェントがあなたに合った求人を見つけてくれます。

 

転職支援実績No.1」というのもエージェントたちの「サポートの質の高さ」と「紹介できる求人の多さ」の裏付けでしょう。

 

圧倒的な求人の多さが売りなので、他のエージェントや転職サイトの求人数が少ない時の補助的な役割で登録する方も多いようです。

転職活動を始めるならまず登録しておきましょう。

 

 

type転職エージェント【キャリアアップを前提に転職したいなら】

 

type転職エージェントは20代から30代メインの転職サイトで、知名度は低いですが古株のサービスになります。

大手取引先も多くサポートが丁寧と評判がいいです。

 

ただ、主要都市の求人は豊富なようですが、地方などの求人は少ない傾向です。

 

主要都市を狙うのであれば、利用するか検討してみてもいいでしょう。

地元の場合ですともっと求人数が多い大手のサービスなどを利用するのをおすすめします。

 

 

マイナビエージェント【質問に答えるだけで自己分析が可能】

 

20代利用者の信頼度がNO.1 という実績があります。

 

マイナビエージェントはサポートが手厚く、求人数が大手業界の3、4番手あたりにもかかわらず、満足度が一番高いのが特徴的です。

サポートが手厚い分、エージェントとのやりとりも多いので、中には頻度が多すぎて重たいと思ってしまう方もいるようです。

 

また、中小企業の独占求人も他のサービスよりかなり多く取り扱っており、優良企業と巡り合う可能性も高いと言われています。

20代で転職のプロと綿密な話し合いをして、しっかりと企業を選びたい方には必ず登録してほしいサービスになります。

 

 

doda【アドバイザーの質に安定を求めるなら】

 

求人数も多く、特に以下の通信、営業、企画系の3つがdodaの転職先では人気です。

もちろん、大手ということもあり、上3つの職種以外にも多くの求人があります。

 

エージェントのサポートの質には定評があるものの、あくまでどこかの業界に特化した転職サービスではないので、専門性の高い職業ではエージェントの知識不足があるという不満点を持つ利用者もいます。

 

担当してもらうアドバイザーには知識不足という当たりはずれはあるものの、優れたサポートには定評があるので「転職は初めてでどのように対策すればいいのかわからない」と思っている方は、丁寧にサポートしてくれるdodaはおすすめです。

 

 

自分の市場価値を知れる転職サービス

ここでは、自分の市場価値を測れる転職サービスを紹介します。

主にスカウトメールに特化したサービスになります。

 

リクナビNEXT【大量の企業にあなたを知ってもらうなら】

 

リクナビNEXTの特徴は何といっても求人数の圧倒的な多さです。

数が多い分、あなたの希望に近い職場と出会える可能性が高く、20代向けの求人も多数あるので活用するといいでしょう。

 

じっくり、いろいろな求人を見て良い職場を見つけたい方にはおすすめな転職サイトです。

検索機能も充実していて求人を見つけにくいという心配も必要ありません。

 

また、リクナビNEXTは同じ会社のリクルートキャリアの転職サービスの一つ、リクルートエージェントとも提携しています。

リクナビNEXTとまとめて簡単に登録できるので、併用して活用できれば、スムーズに自分の希望先に合う仕事を見つけやすくなるでしょう。

 

 

AMBI【独自の合格可能性判定システム】

 

AMBIは利用者の大半が20代ということと、年収500万円以上を望んでいる人にターゲットを絞っているのが特徴です。

また、3段階で企業に内定を貰えるか診断してもらえる、合格可能性システムのマイバリューも人気です。

 

年収500万円の求人に特化していることは、求職者自身にも求められるスキルが多くなるので、20代前半というよりは20代後半のキャリアアップを考えている人向けかもしれません。

 

ヘッドハンターからのスカウトのサービスもあるので実力を試したい20代にはうってつけの機能でしょう。

手取りは圧倒的に高くなる可能性を秘めているので「給料を増やしたいが、自分の市場価値がわからない」というような方は一度、年収500万がどのようなスキルが必要なのか確認がてら登録してもいいでしょう。

 

大企業を狙う方にも是非、登録してもらいたいサービスです。

 

最後に、、、転職に迷ったら慎重に

いかがでしょうか?

転職に迷たときにはぜひ、本記事で紹介した方法をお試しください。

 

特に自己分析や紙に書く方法などはお手軽にできるので、迷った際には実践しましょう。

転職というのは自分の今後の生活もかかっているので、ぜひ慎重に考えてください。

 

どうしても、結論が見いだせないという時には、ぜひ転職エージェントを頼ってプロの意見を参考にしてみてくださいね。

 

転職エージェントを詳しくまとめたページはこちらです。

>>【2019年最新】おすすめ転職エージェントランキング16選!人気の転職サイトと比較!

-転職知識

Copyright© 就活と転職情報が集うキャリアの城 , 2019 All Rights Reserved.