転職知識

【焦りは禁物】早めの転職で失敗する人の特徴5選!成功するための3つのコツ

投稿日:

 

転職は早めの方が良い」「転職は3年間働いてから」など転職のタイミングでは様々な意見があります。

実はどの意見も正解であり、不正解でもあります。

 

なぜなら、転職というのはその人の状況やスキル、そして性格に合ったやり方をしないと失敗してしまうからです。

 

転職を早めにして後悔したという人もいますし、転職を早めに決断して良かったという人もいます。

では、その人たちにはどのような違いがあるのでしょうか?

 

本記事では、そんな転職を早めに決断し失敗してしまう人の特徴や、具体的な転職はどのような方法を実践すれば良いのかについて解説していきます。

早まって転職を決断し後悔する前に「自分のキャリアアップに繋がる転職は何なのか?」「今、転職決断するのは本当に正しいのか?」という疑問の答えを理解してから転職の決断をしましょう。

 

もしくは、現職に留まる判断をしましょう。

 

早めの転職は良いことなのか?

 

冒頭でも解説したように、早めの転職が必ずも良いということにはなりません。

確かに、これから先、何十年も働くことを考えると、できるだけ自分に合った職場を早く見つけることは重要です。

 

ですが、必ずしも早めに転職をしたからと言って、転職が絶対に成功するという根拠はないのです。

 

企業側もできるだけ、即戦力になる人や将来性が高い人を採用したいわけですから、自分のスキルが企業側の環境に活かせれるかが重要なのです。

自信過剰になって、今よりも良い条件の企業に応募しても、企業から「力不足」と判断されれば簡単に振り落とされてしまいます。

 

スキルもないのに給与アップを望んでも非常に難しいのが転職業界の本音です。

 

転職会社がCMなどで好条件の求人を流したりしていますが、実際そんな好条件の仕事に就ける人というのはかなりレアなパターンです。

ほとんどの人は転職を行っても、給料が少しアップするだけであったり、悪くなれば労働条件が劣悪なところに入ってしまうのが現状です。

 

早めの転職を考えているのであれば、CMなどの転職したい欲求をくすぐられる外的な要因からではなく、自分のスキルや経験、将来プランなどから考えていくのが重要です。

 

大抵、転職を成功させている人の特徴は、内面的な要因からです。

内面的な要因で転職活動をする人は、常に自分の先の将来を見据えているのでミスマッチな企業に転職しにくい傾向があります。

反対に、外面的な要因から転職している人は、あたかも転職した方が良いのかと「隣の芝は青く見える」現象に陥って、転職してから後悔することが多い傾向があります。

 

もちろん、すぐに転職するべき場合もありますので、それについては記事後半の「早めに転職しないといけない状況例」で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

 

早めの転職で後悔してしまう人の特徴5選

 

ここで紹介するのは外的要因で転職したくなりやすい人の特徴です。

つまり、隣の芝が青く見えている状態であり、他の職場の方が待遇が良いと思い込んでしまいやすい人になります。

 

このような状態に陥っている人は、CMや広告などを見て簡単に転職を決断してしまいやすい傾向があります。

当然、このような状態で転職を行うと、後々に後悔しやすくなります。

 

まずは、自分がそのような状況に陥っていないか確認しましょう。

もし、この特徴に少しでも当てはまっている可能性があるのであれば、転職についてもう一度考えなおしてください。

 

転職を成功させるには、転職のモチベーションがどこから来ているのかを知るということは非常に重要なことです。

はたして「ただただ、今の状態から逃げ出したいのか?」「しっかりとした理由をもって転職活動を決断しようとしているのか?」など、内面を見つめなおすことこそが転職を成功させるカになります。

 

以下はそんな転職したい人の特徴になります。

  • 人間関係がうまくいっていない
  • 給料に不満を持っている
  • 安定志向が強い
  • 転職したら解決すると思っている
  • 20代で市場価値が落ちると思っている

それぞれ詳しく解説していくので、確認していきましょう。

 

人間関係がうまくいっていない

転職を考えてしまう要因の一つに、人間関係が上手くいっていない人が当てはまります。

同僚や上司と折り合いが合わなかったり、どこか周りの人に苦手意識を持っている人などです。

 

人間関係を良くする努力もしていない、特定の仲のいい人だけで飲みに行って、愚痴だけを言う状態なのであれば危険な状態です。

 

パワハラなどは別問題です。

ですが、過度に自分が意識しすぎているせいで、人間関係が悪くなっている場合には注意が必要です。

 

この状態で転職をしても、また新しい職場で同じような問題が起こるかもしれないからです。

結局、今ある人間関係というのは、少なからず自分が原因になっています。

 

あなたがどのようなコミュニケーションを取るかで人の反応というのは変わってきます。

 

もし、人間関係が転職したい欲を駆り立てているのであれば、自分がどのようなコミュニケーションを取っていて、相手ともっと仲良くなる方法はないのか模索しましょう。

 

給料に不満を持っている

給料が少ないというのも、転職したい欲を掻き立てる一つの要因です。

明らか業界よりも評価を低く見られる、サービス残業が多いなどは別になります。

 

基本的に、会社内で正当に評価されているのであれば、厳しい話ですが今の現状があなたに見合った労働の評価だということです。

 

転職をしたとしても「結局そこまで給与も上がらなかった」「上がったけどほんの少しで、転職した意味もそこまでない」ということがほとんどです。

こういった場合は、転職を急いで行うのではなく、まずは実務経験や実績を積み自分自身の市場価値を上げていった方が、後々のキャリアアップに繋がります。

 

安定志向が強い

安定志向が強い人も転職活動をするには危険な状態です。

どうしても転職というのはリスクを伴います。

 

給与が下がったり、人間関係が良くなくなったりと様々な現状よりも悪くなる可能性を多く含んでいます。

大抵、安定志向の人は現状にやりがいが感じなくなっていたり、マンネリ化した状態に嫌気がさしている感情が転職に繋がることが多いです。

 

やりがいがないからと安易に転職を考えていても、さらにやりがいのない職場に転職してしまうのが関の山です。

まずは転職を考えるのではなく、現職でいかにやりがいを見つけれるかにフォーカスしましょう。

 

他の仕事を請け負ってみたり、日々の仕事で目標やノルマを作成するのも良いでしょう。

安定志向の方はまず、現状を変える努力を行っていきましょう。

 

転職したら解決すると思っている

転職をとにかくしたら、現状が良い方向に変わると信じている方に当てはまります。

確かに転職すれば、上司や周りの同僚、仕事の業務内容全て変わるので、現状もがらりと変わります。

 

ですが、必ずしも良い方向に向かうとは限りません。

 

最初にお話ししたように、転職というのは自分の価値に見合った評価をしてくれる会社が、あなたに採用という通知を渡します。

大抵この心理状態で転職して良かったと感じる方は、前職の職場にパワハラが充満していた、評価が明らか低い、労働条件が劣悪というマイナス地点からゼロ地点に修正された転職です。

 

なので、軽い気持ちでの転職して、給与や職場雰囲気が一気に良くなるということはかなりレアなパターンです。

博打を売っているようなものです。

 

転職活動には将来プランや、自分がどのようなキャリアプランを築いていきたいなどの理由がとても重要になります。

まずは漠然と転職を考えるのではなく、本当に自分の将来的に考えると転職が必要かどうなのかを考えていきましょう。

 

20代で市場価値が落ちると思っている

20代じゃないと自分の市場価値が落ち、後々の転職に困ると急かされて転職を決めるのも危険です。

確かに、20代の労働力と30代以降の労働力では将来的に見れば20代の労働力の方が良いでしょう。

 

ですが、30代以降には20代にはない、それまでに培った実務経験や仕事での実績があります。

転職活動に応募した際に、会社側も即戦力になると判断して内定を貰いやすくなる場合もあります。

 

また、役職付きの転職を実現したいのであれば、転職よりも実務経験や実績を出すことにフォーカスしたほうが有利に進みます。

あくまで、20代以降になっても評価が上がるような実績などがない場合は、若さを売りにした20代の転職の方が有利という話なだけです。

 

しっかりと実務経験や実績を積みさえすれば、企業側から「ウチに来ないか?」というスカウト形式の転職も可能なのです。

 

20代でないと市場価値がなくなると感じている方は、今の会社で自分がどこまで経験を積めそうか、どこまでキャリアアップに繋げれそうかを考えてください。

もし、考えた際にここの会社では厳しいと判断してから、転職活動を行っても遅すぎることはないでしょう。

 

【警告】早めの転職しないといけない状況とは?

 

ここでは、早めに転職すべき場合について解説します。

転職を行う時は基本的には慎重さが大事です、

 

ですが、一刻も早く転職を決断した方が良い状況もあるんですね。

そんな転職を決断した方が良い状況というのは以下になります。

  • パワハラをしてくる
  • サービス残業が当たり前
  • 労働条件が劣悪
  • 同じ業界の会社よりも平均を下回る評価しか貰えない

 

上の様な状態に、現職が一つでも当てはまるのであれば、転職を考えた方が良いでしょう。

このような状態は、身体や心を壊す可能性もありますし、将来的にも未来がありません。

 

すぐさま転職を決断をするのが正しい選択です。

詳しい転職方法は次の章でも解説するので、参考にしてみてください。

 

どうしても転職したい人へ!早めの転職を成功させるコツ3選

 

ここでは、早めの転職で後悔しないために絶対に押さえておきたいコツを紹介します。

「早めの転職で失敗する人の特徴」では、いろいろと自分がどう動いていくのかが重要だと解説していきました。

 

ですが、中には自分を変える努力はしたが、結果はあまり変わらなかったという方もいると思います。

また、「【警告】早めの転職しないといけない状況とは?」に当てはまる場合もです。

 

ここではそんな、転職しか選択肢が残されていない人に向けて、どうすれば転職を成功させれるのかについて解決策を解説していきます。

紹介する3つのコツは以下になります。

  • キャリアアップの具体的な計画がある
  • しっかりと実務経験を積んでいる
  • 常に自分から動いている

この3つのコツ全てを踏まえれば転職で後悔をしてしまうリスクは限りなく減らすことができるでしょう。

 

もしかすると、めんどくさいと感じるかもしれませんが、先のことを考えるとキャリアアップにも、仕事のやりがいにも役立ってきます。

しっかりとコツを抑えて、転職の準備を進めていってください。

 

それでは詳しく解説していきます。

 

キャリアアップの具体的な計画がある

まず、転職する上で重要なのは自分がどのようなキャリアアップをしていきたいかということです。

この、どうしていきたいかという軸がしっかりあると、転職でも自分と合わない間違った企業に応募したり、大量の求人に迷ってしまうことを防げます。

 

結果、多くの求人の中から自分の適した仕事が見つかりやすくなり、転職活動を失敗なく早めに終わらせることに繋がります。

「どこでもいいから労働条件の良い職場を見つけたい」という方も、この自分がどういうキャリアアップを実現したいかというのは考えてください。

 

仕事というのは、長い目で見ないといけません。

どんなに労働条件が良くても、自分に合わない仕事選んでしまえば最終的にはまた転職をしたくなるか、後悔してしまう可能性が高いのです。

 

大手企業に勤めていても仕事を辞めてしまう人が多いのも、この「自分が何をしたいかがわからないから」です。

厚生労働省の平成30年の調査では離職してしまう25%近くの理由が、この「自分には合っていない」という調査結果も出ています。

 

この調査結果から考えても、仕事に長期的な目標を持たないということは、離職や後悔に繋がりやすいと考えられます。

 

では具体的にどうやって自分のやりがいを感じることを見つければいいのかというと、自己分析が大事になります。

キャリアアップを具体的にしていくには自己分析が一番手っ取り早いです。

 

自己分析では自分がどのようなことに感動するのか、喜びや、やりがいを感じれるのかにフォーカスしてください。

そして、自分がどのような職業に当てはまる、また自分の今持っているスキルが生かせるのかを吟味しましょう。

 

しっかりと実務経験を積んでいる

しっかりと実務経験を積んでいきましょう。

できれば、何かしらのプロジェクトにかかわったりするのがベストです。

 

少し、転職活動のテクニック面のお話になりますが、実務経験で実績を積んでいれば企業側にその実績をアピールすることができます。

当然、アピールできる部分が多ければ多い程、内定を貰える可能性は高くなりますし、キャリアアップに繋がる転職が可能になります。

企業もあなたのことを即戦力の人材と見てくれやすくなりますから。

 

転職をどうせ行うのであれば、誰もが現状維持よりも給与アップを実現したいはずです。

そして、キャリアアップの転職というのは今ある仕事で結果を出し、できるだけ応募する企業から優秀な人材だと思わせることが重要なのです。

 

常に自己責任であることを把握する

転職活動は自己責任です。

他人に転職の相談をして、転職することを促されても、それは自分で選んだ行動です。

 

誰かのせいにしてはいけません。

 

「○○さんが転職なんか勧めるから……。」など悔やむくらいでしたら転職活動は行わないほうが良いでしょう。

こうならないためにも、できるだけしっかりとした自己分析であったり、自分が将来したいことをフォーカスすることが大事です。

 

内面的な動機から転職の決断を判断することで、より自分が納得できる答えを出すことができ、最終的に納得できる転職ができるようになります。

そして、どうしても外面的な動機から転職を始めてしまうと、モチベーションの維持が難しくなります。

 

常に自分が自分のために転職を選んでいると考えてください。

 

早めの転職を成功させる具体的な方法

 

ここでは具体的な転職方法について紹介します。

転職を決断してどこでつまずきやすいところを中心に解説していくので、一通り目を通して自分にはどのような転職活動が適しているのか考えてみてください。

辞めてから or 働きながら転職どちらが正しいか?

まず転職でつまづいていしまうのが、この「働きながら転職するか」「退職してから転職するか」です。

この2つの選択肢に正解、不正解はありません。

 

転職を早めにするか、しないかと同じように自分の今置かれている状況に合わせた転職をすればいいのです。

どちらの選択肢にもメリットとデメリットがあり、そこを把握して自分に適した転職を選ばないといけません。

 

辞めてから転職か働きながら転職を始めるかのメリットデメリットをまとめた表にまとめました。

まず、働きながら転職するメリットとデメリットは以下になります。

メリット デメリット
退職を知ってからの職社員が冷たくなっても期間が短い 現職の業務が忙しいと転職活動に支障をきたす
同僚や上司が冷たくなっても短期間で去れる 仕事があるので転職の予定が決めにくい
収入がない状態を避けれる 新しい資格などの取得が難しい
現職があるので、強気の希望条件を交渉できる なかなか面接対策などをしっかりするのが難しい
勤め先が決まっているので、上司から退職を渋られにくい 引継ぎが短くなるので恨みを買って退職する可能性がある
ある意味、労働条件を吟味して転職できる 急いで転職を進めた場合労働条件が悪く泣てしまう

 

そして、退職してからのメリットとデメリットは以下になります。

メリット デメリット
転職活動に集中できる 収入がないので貯金、またはアルバイトをする必要がある
落ち着いて自分に合った転職先を吟味できる 正社員でない空白期間が長くなると、転職が不利になる
資格などのアピールポイントを増やせる 同僚や上司が冷たくなった対応をする期間が長い
しっかりと面接対策、書類対策ができる 自己管理をしっかりしないと、だらけた生活になってしまう
たくさんの企業に応募できて将来の選択肢を増やせる 転職活動中は無職なので、周りが不安がる

 

このように、どちらの選択してもデメリットというのはたくさんあります。

自分がどのように転職したいかをしっかりと考慮して、転職活動がスムーズにいくような工夫をしましょう。

 

また、転職活動を退職してから行うか、行わないかの具体的な方法はこちらの記事にまとめてありますので、気になる方は一度目を通しておくと良いでしょう。

>>【失敗しない】転職の手順を紹介!転職活動は退職してからするべき?

 

転職エージェントを利用する

次に、転職活動を行う時にはできるだけ、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用することで、書類対策や面接対策、そして倍率が少ない非公開案件の確保をすることができます。

 

また、エージェントによっては、企業ごとにどのような質問が面接で質問されやすいかなど、内定率をグッと上げるサポートもしてくれるので、内定率をできるだけ上げたい方は利用しておくのが良いでしょう。

他にも、転職を早めにするか、現職で実務経験を積むかの判断も、転職エージェントの面談で相談すれば正しいアドバイスをいただけます。

 

このように転職活動で転職エージェントを利用しないのはかなり、損をしている行動になります。

転職エージェントを利用するデメリットと言えば、面談など少し行動するのに時間が取られるくらいでしょう。

 

ですが、登録する面倒を避けて転職を円滑に進めることを諦めるか、転職エージェントを利用して転職活動を円満に進めるのか、どちらが正しい選択肢かというのは明白です。

できるだけ、転職に迷った段階で転職エージェントを利用することをおすすめします。

 

おすすめの転職エージェントと利用法

ここでは、転職活動をするなら利用しておきたい転職エージェントを紹介します。

どの転職エージェントを利用するかを選ぶ基準としては、以下の基準を設けることが必要です。

  • 保有案件数が多い
  • 案件の質が高い
  • サポートの充実具合
  • 提案力がある

このように、総体的に能力が高いエージェントに登録しましょう。

 

そして、総体的な評価の高いエージェントは以下になります。

サービス名 特徴
リクルートエージェント 支援実績から的確なサポート受けるのであれば
doda アドバイザーが平均的に優秀、支援実績も多数あり
マイナビエージェント 20代の信頼度No.1
type転職エージェント 満足度の高い手厚いサポートに定評あり

 

まずは、この4つのエージェントのどれかを利用していくことをおすすめします。

そして、利用に慣れてきたら、これら以外にも第二新卒、既卒向け、ハイキャリ向けなどの様々なエージェントがありますので、自分のニーズ合った特化型の転職エージェントを使うのも良いでしょう。

 

特化型の転職エージェントを知りたい方はこちら

>>【2019年最新】おすすめ転職エージェントランキング16選!人気の転職サイトと比較!

 

転職エージェントを利用する際の注意点

ここでは、転職エージェントできるだけうまく利用し、使い切るための注意点を紹介します。

 

転職エージェントを利用する注意点としては、できるだけ転職エージェントを利用する時は複数登録するようにしましょう。

転職エージェントのアドバイザーによっては、営業感の強い方もいます。

 

どのエージェントサービスでも少なからず、営業を感じたという利用者の口コミは見られました。

複数の転職エージェントを利用することによって、転職エージェントの意見に簡単に流されることを防ぐことができます。

 

自分の利益しか見ていないアドバイザーが自分の担当になった時は、他のエージェントを頼るなりと対応に柔軟性を見せましょう。

 

最後に

いかがでしょうか?

転職は早めに決断した方が良いなどの意見も良く耳にします。

 

ですが、結局は自分の状況に合った転職活動を行わないと、たとえ早めにしても意味がありません。

 

どうしても、転職するか決められないと感じたときは転職エージェントに相談してみても良いでしょう。

転職エージェントに申し込んだからと言って、絶対に転職しないといけないという決まりはありません。

 

反対に、強引に転職を勧めてくるようでしたら、そこのエージェントは少し疑った方が良いでしょう。

客観的な正しい意見を集め、最終的には自分で転職を判断することこそが大事なのです。

 

誰もあなたが転職を失敗したからと言って責任を取ることはありません。

常に転職という決断は自己責任で行いましょう。

 

-転職知識

Copyright© 就活と転職情報が集うキャリアの城 , 2019 All Rights Reserved.