転職知識

転職で後悔する事例4選とパターン別解決策!転職で守るべき大原則とは?

投稿日:

 

転職で後悔している人、または後悔してしまうかもしれないという人には、いくつかの決められたパターンがあります。

その人自身が転職について、どのような考えや認識を持っているかで同じスキルや経験の人達でも明らか転職で成功するかの結果が変わってきます。

 

というのも、転職でどのような部分を疎かにすれば後悔しやすいかという部分を把握しておかないというのは、目的地の道中に迷っているのに、適当に予想した道を決めつけて歩いているのと同じ状態です。

迷っている状態で無暗にさまよっても目的地に着くことは限りなく不可能ということです。

 

納得いく転職が目的地とすれば、その過程である転職の考え方というのは転職を正しい方向に進めていく道しるべなのです。

 

本記事ではそんな納得いく転職をするために、後悔してしまう事例とパターン、そして解決策を紹介します。

後半の内容では、実際にどのようなルールを守れば後悔しない転職が実現できるのかについて紹介していきます。

 

転職を失敗したくない、転職で納得いく自分が活躍できる職場に就きたいと強く思っている方は、本記事を参考にして正しい後悔のしない転職を実現させてください。

 

転職で後悔した事例4選

 

ここでは、実際に転職して後悔してしまった方々の事例を紹介していきます。

後悔した転職にピンとこない方や、実際に自分が転職で後悔しているのかしていないのか、似たような事例があるのか判断してみてください。

 

まずは、いかに後悔した転職がストレスが溜まってしまうライフワークになるのか把握して、事例と同じようなことを繰り返さないようにしましょう。

 

1.後悔事例

SE 26歳 男性

人間関係で悩み、転職してしまったのを後悔しています。転職した先では面接時に言われた仕事内容とは明らか違いますし、専門性のない仕事になりスキルアップもできなくなりました。

そして、何より転職した職場は上司の嫌がらせで辞めた後に人の後釜として採用されたらしく、上司の嫌がらせがうっとおしいです。転職して3か月ですが、仕事へ行くと気持ちわるくなり憂鬱な気分になってしまいます。

転職を再検討していますが、転職するまでの期間が長いので、転職活動を行った際に不安になります。

 

2.転職事例

事務 24歳 女性

転職で後悔しています。

現在2回目の転職活動中です。1回目の転職は、繁忙期に残業時間がかなり多くなり、ブラック企業だと思って退職しまいました。しかし、転職した先は基本給などが良くて入社したものの、サービス残業、休日出勤やノルマなども厳しく正真正銘のブラック企業なんだと知りました。

新卒枠で入社した会社は、ただただ私の知識不足や世間知らずで辞めてしまったことを後悔しています。

 

3.後悔事例

マーケティング 32歳 男性

身体を壊してしまい転職を余儀なくしました。

2社目は残念ながらレベルが下がった会社でした。将来的なキャリアアップも考えていたので、いろいろな経験をしたいと思いましたが、転職先では自分が反対に業務を教える側の立場になり、スキルアップなどの経験ができませんでした。周りを引っ張るという経験はできましたが、業務内容もレベルが低かったので、そこまでキャリアに繋がる経験ができたとは思っていません。

3社目でやっとやりがいを持てる転職が実現できましたが、今思うとその期間を無駄に使ったと思うと、自分のスキルに見合った転職をしなかったのは後悔です。

 

4.後悔事例

営業 29歳 男性

転職して1か月になりますが、すでに「なぜここに転職してしまったのだろう?」と後悔の気持ちがいっぱいで仕事も辞めたいと考えています。

後悔した1番の理由としては仕事になかなかついていけないということです。「早くしろ、なんでここもっとできないの?」など、怒鳴られるわけではありませんが精神的にストレスをかけてきます。確かに、自分の要領が悪いのは理解していますが、教える側も特に会社で統一されたノウハウを教えてくるのでもなく、学ぶより慣れろというスタイルです。

精神的に追い込んでくるときも、慣れろという部分のところなので、なぜそこまでグチグチに言ってくるのかわかりません。転職した会社の面接にも、まだ経験が浅いということは伝えて承諾されているのに意味が分かりません。

 

まだまだ紹介できる事例はたくさんあります。

ですが、転職で後悔してしまう事例というのは紹介すればキリがありません。

 

というのも、今のご時世では転職で後悔してしまう人というのは約30%程います。

 

企業30万社、190万件に及ぶ就職や転職関連の口コミを掲示する大手サービスの一つの転職会議の調査でも、約30%の方が後悔していると判明しています。

 

ただ、多くの転職者の後悔している約30%というのは、4つのパターンに分けることができます。

「この上司がこう」「ここの残業の手当てはいくらだから…」のように細かく細分化していけばいろいろとありますが、ざっくり分けるとたった4つだけなのです。

 

次章ではこの4つのパターンが何なのかについて解説していきます。

 

自分がどのパターンで後悔しているのか、そしてしそうなのか判断材料にしてみてください。

 

転職で後悔してしまうパターンとは?

この章では、実際に転職で後悔してしまう4つのパターンを紹介します。

4つのパターンは以下になります。

 

  • 仕事内容が合わない
  • 職場に馴染めない
  • 待遇が悪い
  • 仕事についていけない

 

この4つのパターンで自分がどれに当てはまるかを把握することにより、具体的な解決方法が見えてきます。

1つしか当てはまらないパターンもありますし、全てが当てはまるパターンもあります。

 

自分がどのような原因で後悔してしまうかを知ってからこそ、解決策もわかってきます。

まずは、自分が後悔していく原因を知っていきましょう。

 

仕事内容が合わない

  • やりがいを感じない
  • 自分のしたいことではない
  • 仕事内容が簡単すぎる
  • キャリアアップに繋がらない

 

上のような感情を転職先で抱いているのであれば、このパターンが当てはまります。

特に、このパターンのドツボにはまってしまうと、答えが見つからない自分探しのように転職を繰り返し後悔してしまう危険があります。

 

こういった、上の感情を抱くということは、仕事に対して気持ちが満たされないことになります。

ダラダラ仕事をするようになったり、自分が何のために働いているのかが曇ってしまいます。

 

職場に馴染めない

転職した後に職場に馴染めてないというのもよくある話です。

社内の雰囲気というのは、職場の上司や会社のトップによって全然変わってきます。

 

明るくこまめにコミュニケーションを社内で取っていくことを推奨している企業であれば、職場は元気が良い雰囲気の可能性が高いです。

反対に、真面目な雰囲気で業務を淡々としていく企業であれば、職場全体の雰囲気は緊張感のある雰囲気の可能性が高いです。

 

一概に会社のトップだからこういう雰囲気の職場であるとは言い切れませんが、職場の雰囲気を作っているのは今の社員を採用した会社側が作っているもので、社員を教育している上司になります。

 

類は友を呼ぶという言葉はありますが、会社の方針に賛成の人が会社に採用されているということです。

もし、こういった会社の方針に対して反対の人が多ければ、その会社は離職率が高くなっていると予想できます。

 

基本的には「こういう職場の雰囲気だと知らなった」という後悔してしまうよりも前に、職場がどういった雰囲気であるかをリサーチしていたほうが良いです。

職場に馴染めない問題を解決するのに、特定の人であったり職場全体の雰囲気を変えないといけないので業務内容以外に労力を割くことになるからです。

 

未然に防ぐ方が労力的にも少ないのです。

 

待遇が悪い

「急ぎの転職でとにかく内定を貰いたかった人」「面接官や転職エージェントのアドバイザーに流された人」というのはこのパターンに多いです。

面接などで、業務内容を面接官から聞いてもその話が本当に正確であるという保証はありません。

 

というのも、そもそも面接官は人事部であまりあなたの希望する部署に対して理解度が低いかもしれませんし、労働条件通知書に記されている業務内容があなたが実際に就職した際の労働なのです。

面接官から聞かされた仕事内容だけで、労働契約を結ぶのか判断するのは安易な考えです。

 

その他のにも、会社によってどのような働き方を推奨しているのは様々です。

例えば、残業が多いところ、少ないところなど様々です。

 

このように、待遇面なども面接の際に慎重にリサーチしていかないといけません。

 

仕事についていけない

未経験の職種や中途採用に即戦力を求めている企業に転職した場合に起こりやすいパターンです。

 

企業からすれば、中途採用をする目的は「即戦力を得れるから」と考えているところも多いです。

特にこのような考えが強くあるところでは、いきなりハードな仕事を任してきたり、業務を教えるのが簡易的な傾向があります。

 

未経験な職場で働く人材だと分かっていても、中途採用は即戦力になるという考えから、教えるのが雑であったりする場合もあります。

企業側が中途採用の際に応募者の市場価値を見誤っているので、まずは自分のスキルレベルをしっかりと把握してもらうのが解決する第一歩になります。

 

また、仕事を任せる側、任される側の両方にストレスが溜まりやすいパターンでもあるので、なるべく早く解決しないといけません。

 

【パターン別】転職で後悔した場合の解決策

 

この章では、具体的な前章のパターンの解決策を紹介していきます。

転職にはスキルアップやキャリアアップするためであるステップアップの転職と、現状から離れたいという逃げの転職の2種類があります。

当然、転職するのであれば前者の方が良く、勤めている会社のグレードを落とすのは後者の方が多くなります。

 

こういった現実を考えても、できるだけ転職をする際には前者を目指すのがおすすめです。

まずは、自分の職場でスキルアップやキャリアアップができないかを考え、できそうであるのであれば本章で紹介するパターン別の解決策を試してください。

もし自分のためにならない、転職した方が良いかもと思うのであれば、次章の「転職で後悔しないための大原則」を意識しながら転職活動に励むと良いでしょう。

 

それでは、まずパターン別の解決策について詳しく解説していきます。

 

仕事内容が合わない

仕事内容が合わない場合は、まず「自分がどのような仕事に適しているのか?」ということを仕事を振ってもらう上司の人たちにに知ってもらう必要があります。

「自分どういった仕事をしたいか」や「どういった仕事をすれば結果を残せるか」を上司の人に伝えてもいいです。

 

こういった意思を上司に伝えたときに「断わられたらどうしよう」と躊躇ってしまう方も中にはいますが、伝えたほうが自分のためにもなりますし、最終的には上司や会社のためにもなります。

とういうのも、自分が一番のパフォーマンスを上げれる仕事ができれば、実績を残す可能性が高くなります。

そして、実績を残せば会社の利益に貢献したということになります。

 

最期に、結果を残したあなたの評価も上がりますし、その仕事を任せた上司の評価も上がるわけです

 

かなり簡易的な流れにはなるのですが、会社の利益とは社員一人一人の集合体なようなものです。

だらだら仕事をして、何の価値も見出さない会社員のままなのか実績を残し、自社だけでなく他社から求められる会社員のどちらの方が良いかということです。

 

もし、任された仕事自体の難易度が低いのであれば本格的な、スキルアップやキャリアアップのための転職を目指してください。

解決しようとしたけど、会社内の仕事レベルではどうにもならないということです。

 

次章の後悔しない転職の大原則を守って、自分のレベルに合った転職を目指していきましょう。

 

職場に馴染めない

人間関係などで職場に馴染めない時には、できるだけ馴染めない人たちに馴れてしまうという解決策が一番です。

というのも、周りを変える努力をするよりも、自分が変わる努力をしていたほうが明らか労力というのは少ないですし、早く現状も変わります。

 

注意点としては、あくまで周りに合わせるのは相手から気に入られようとする目的ではないということは覚えておいてください。

 

周りに合わせるのは人間関係のストレスなどで、仕事に支障をきたさないためです。

無茶な絡まれ方であったり、自分が譲れない部分というのは常に持つようにしましょう。

 

特に人間関係で悩んでいる人は、自分の我を出すのが苦手将来を心配している傾向が高いです。

もちろん、自分の我を出しすぎたり、将来を楽観的に考えすぎるのもダメですが、こういった自分の軸を曲げないことは人間関係においては大切になります。

その人それぞれ曲げられない部分を尊重し合うのがコミュニケーションなわけで、尊重を辞めればただのパワハラされる部下と上司の関係性と似てしまうことになります。

 

転職が簡単とまでは言い切りませんが、明らか尊重を全くしてくれないのであれば転職する手段もあるという気持ちで、弱気な人は行くと良いでしょう。

反対に、我が強すぎる人は双方が納得できるコミュニケーションを目指すようにしてください。

 

待遇が悪い

待遇が悪い場合には、急いで転職したなどの場合がほとんどですし、そういった契約をしてしまったの解決しずらいという部分があります。

こういった場合には、転職を考えるのが一番手っとっり早い解決策となります。

というのも、契約を結んでしまった条件というのに、変更を加えることは難しいからです。

 

続ければ身体を壊しそう、ストレスに耐えられそうにない場合には転職という選択肢を選ぶと良いでしょう。

転職する際には、前回はどうして後悔する会社に転職してしまったのかなどを考えて、同じミスをしないように心がけて下さい。

 

仕事についていけない

仕事についていけない場合の解決策としては、2つあります。

それは「自分のレベルに合った企業に転職する」か「必死に今の会社に食らいつく」です。

 

もし、自分の目指している市場でついていけないんであれば、それはグレードを落とした企業に転職しないといけない可能性がかなり高くなります。

というのも、もし今努めている会社がホワイトな場合、仕事についていけないというのは自分自身のスキル不足ということは明白だからです。

 

自分のスキルアップに繋がるのであれば、必死になって食らいつくことをおすすめします。

ただし、上司の教え方が下手であったり、周りが冷たいという場合には転職という選択肢を選んでも良いでしょう

 

転職で後悔しないために守るべき大原則

ここでは、実際に後悔しない転職を実現する上で絶対に外せない大原則を紹介します。

大原則は以下の4つになります。

 

  • 転職エージェントを鵜呑みにしない
  • 自分のアピールポイントを知っておく
  • 自分が転職する目的を知っておく
  • 市場選びに力を入れる

 

これらの4つが転職活動を行う上で全て重要なので、押さえておいてください。

それでは詳しく解説していきます。

 

転職エージェントを鵜呑みにしない

まず、1つ目に転職エージェントや転職サービスに100%頼ろうとすることはやめましょう。

というのも転職エージェントないし、転職サービスというのは利用者が転職してもらって、企業から報酬を貰うという形をとっています。

 


引用元:リクルートエージェント

 

いわば、転職エージェントも慈善サービスではありません。ビジネスです。

面談をしてくれる人、あなたを担当してくれるアドバイザーすべてが給与のために少なからず働いているということになります。

 

賞与などがある転職エージェントであれば、あなたを言葉巧みに操り、適当に入社しやすい企業にあたかも適しているように紹介してくるかもしれません。

もちろん、的確なアドバイスをしてくれるという口コミなども、それぞれ転職エージェントの利用者の口コミでは見かけます。

ですがその反面に「営業感を感じる」「利用を拒否された」などの、売上目的な対応をされたという不満の声も、どのエージェントの口コミでも見られました。

 

もし、あなたが売上目的の転職エージェントに丸め込まれてミスマッチな企業に転職しようと、だれも責任を取ってくれません。

転職は自己責任なのです。

 

どの転職エージェントを利用するという考えよりも、まずは自分がどういった考えのもとこの企業に応募するのか、この企業に就職するのかというしっかりとした自分の意思を持つことが重要なのです。

あくまで、転職エージェントないし、サービスにあなたの転職活動の主導権を握られないように注意しましょう。

 

自分のアピールポイントを知っておく

転職エージェントの仕組みを知った上で、自分がどのようなアピールポイントがあるのかについて知っておかなければいけません。

 

  • 自分のスキル、経験がどの市場や職場において評価が高くなりやすいのか?
  • 自分のスキルや経験が自分の実現したいキャリアアップに繋げることができるのか?

 

こういった自分自身である程度、どのようなキャリアアップに繋がるのかというところを把握しておかなければいけません。

今持っているスキルや経験がどこに活かせるかを知ることによって、先ほど紹介した「転職エージェントを鵜呑みにしない」にも繋がります。

 

転職エージェントのアドバイスに流されやすい人というのは、どうしてもアドバイザーの言葉を鵜呑みにしやすいです。

というのも、転職の知識はもちろんのこと、自分自身への理解度も低いからです。

 

この自分自身の理解度が低い状態だと、自分に本当にマッチしている仕事と、していない仕事の区別がつきません。

 

基本的に騙される人というのは、知識不足のパターンが多いです。

 

  • ねずみ講に騙される学生=ビジネスの知識不足
  • 投資で騙される人=投資全体への知識不足
  • いらない商品を交わされる人=いらない商品への知識不足
  • 転職で失敗する人=転職への知識不足

 

このように転職以外でも後悔してしまう人というのは全ては、自分の知識不足から招いている結果なのです。

転職で後悔しないためには、自分がどのような企業で活躍でき、そしてスキルアップに繋がるのかというところを押さえておかないと、ミスマッチな企業に就職してしまう可能性が一気に上がります。

 

自分が転職する目的を知っておく

次に自分がどういった目的で転職するかを決めておかなければいけません。

 

  • どういったスキルを活用したいのか
  • どういったキャリアップをしたいのか
  • どういった仕事をしたいのか
  • どういった職場環境なのか

 

この4つを決めていれば、自分のやりがいを感じる仕事に転職しやすくなります。

そして、特に現状から離れるための転職や急ぎの転職の場合は特に、この目的を意識するようにしましょう。

 

目的意識がない転職活動をしていると、少し高い給与で内定を決めたり、後々調べてみると「自分のスキルを活かせる職場はこっちの企業だった」なんてことが起こってしまいます。

現状から逃げる転職をしようとしている人こそ転職に対しての目的意識をはっきりするべきなのです。

 

特に、自分のスキルや経験というのは自分自身の市場価値を高めている要素になります。

 

市場価値はを上げることは、最終的に周りに評価されるような人材になり、やりがいの持てる仕事に就けることに繋がります。

反対に、給与面などだけで転職してしまうと、自分のスキルや経験というものが活かせなくなり、長期的に見るとリストラ候補になりやすい人になります。

 

リストラ候補になる人というのは基本的には給与に対してスキルが伴っていない人がほとんどになります。

給与のわりに、質が低い仕事をしてしまっているからこそ、転職して新しい職場でも活躍するまでがマイナスまたは、ゼロからのスタートになります。

年齢にもよりますが、活躍できる幅が制限されている人材になってしまうので、会社からは評価の低い人材としてリストラ対象になりやすいのです。

 

次の「市場選びに力を入れる」にも繋がりますが、転職ではいかに自分のスキルを活かし、活躍できる場でいかに市場価値を上げれるのかが大切なのです。

 

市場を選びに力を入れる

市場が伸びているサービスや商品を取り扱っている企業を選ぶのがポイントになります。

というのも、こういったサービスや商品を取り扱っている企業というのは、働くだけで市場価値を高く見られやすくなるからです

 

市場が上がってくると、後から似たようなサービスや商品を出してい来る企業が出てきます。

ソフトバンクがiPhoneを発売したのがいい例です。

 

iPhoneが発売してから今では、他の通信会社であったり、画面の修理屋さんなど様々な企業がiPhoneという商品に対して、後を追ってきています。

iPhoneによってアプリなどの市場も伸びてきました。

こういった、これから伸びてくる市場に転職するというのは、後から追うサービスを取り扱おうという企業から高い評価を得やすくなります。

 

市場が上がっている企業にだからこそ、将来的にも安定しやすくなりますし、万が一に転職という道を歩むことになっても、市場価値が高い人材と判断され、ハイキャリアの転職を実現しやすくなります。

反対に市場が衰退しているサービスや商品を取り扱っている所に転職してしまえば、そもそも長く企業が続くかわからないですし、替えが利く職種という可能性が高いので、あなた自身の市場価値も低く見られやすくなります。

 

市場が伸びるかの判断方法としては、後追いのライバル会社も成長してきているかや、広告にどれだけ知名度が出ているかなども判断基準になります。

新サービスなどのベンチャー企業に転職するべきだとは言いません。

 

ですが、中には「長期的に見れば大企業になるかもしれないベンチャー企業もある」ということは知っておくと良いでしょう。

長期的に見たときに、いかにその会社の製品が先を言っているのかを考えて、勝負する市場を選んでいきましょう。

 

今の時代、大手だから良いとは限りませんし、長く続く保証もありません。

予測がつきにくいからこそ、努力してどの市場がこれから伸びるかを判断していかないと転職では成功できません。

 

最期に、、

転職で後悔するのは大きく分けて4つのパターンです。

そして、その4つのパターンに合わせた解決策をしていかないといけません。

 

もし、転職という考え向いたのであれば、本記事で紹介した転職で後悔しないための大原則を徹底的に守ってください。

 

仕事にストレスがかかってしまうと、どうしても仕事を早く辞めたいという焦りの気持ちが出てきて、冷静な転職活動ができなくなってしまいます。

結果、転職エージェントのアドバイザーに紹介されたところに面接を受けていき、再び後悔を繰り返すのです。

 

もちろん、転職エージェントを利用することを反対しているわけではありません。

むしろ、転職に利用する手段としてどんどん活用していってほしいとは思っています。

 

ただ、自分がどういった転職に対する考えや、キャリア形成の計画を持っているかということだけで転職活動の質は全然変わってくるということです。

まず今現在の職場で迷っているのであれば解決策を試してください。

 

そして、改善の余地がなければ転職活動を恥じめる決意をして良いでしょう。

転職活動を始める際には、大原則を外さないようにすれば、比較的後悔のない転職活動ができるようになります。

 

大原則をマスターしながら転職エージェントを利用したい方はこちら

>>【2019年最新】おすすめ転職エージェントランキング16選!人気の転職サイトと比較!

-転職知識

Copyright© 就活と転職情報が集うキャリアの城 , 2019 All Rights Reserved.