転職知識

仕事が合わない原因9つ!辛い時の対処法と我慢すべき人の判断基準も!

仕事が合わない原因と辛い時の対処法

今の仕事が合わないと悩んでいませんか?

実際、仕事が合わないと悩んでいる人は少なくありません。

というのも、今の時代は3分の1の社会人が現職を続けたくないと思っています。

アドバイザー加藤
これは厚生労働省の調査でも明らかです。

人によっては、ダラダラと会社に勤め、何十年も仕事が合わないと悩み続けるリスクもあるでしょう。

上記のような将来はできれば避けたいですよね、

 

この記事ではそんな仕事が合わあい時の原因や対処法を紹介します。

他にも仕事が合わなくても続けるべき人の判断基準もまとめました。

仕事が合わないと悩んでいる方は参考にしてください。

 

仕事が合わない問題は甘えなの?

仕事が合わないという問題は良く「甘えだ」と言われがちです。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

実際、長年勤めていないとわからない仕事の楽しさもあるでしょう。

しかし、ほとんどの人は仕事が合わないのが現状です。

 

3人に1人は仕事に不満を持っている

以下は2019 年2月8日(金)~2月 11 日(月)の全国を対象の社会人600人を対象にした満足度調査の結果をまとめた表になります。

引用:仕事・会社に対する満足度

この表を見てわかるように、男女関係なくどの年代も35%の人が仕事に対して不満を持っていることがわかります。

もちろん、上記の表に関しての仕事の不満が全て「仕事が合わない」と思っている人が全員ではありません。

アドバイザー加藤
ただし、一定数の割合で「仕事が合わない」と感じているという証拠にはなります。

仕事が合わないストレスがひどくなるとうつ病や体調不良にも

実際、仕事が合わない理由にもなりますが、下手にストレスを溜め込むとうつ病や体調不良につながります。

病は気から」とよく言いますが、あながち嘘ではありません。

ストレス性の病気はありますし、病気にはならなくても疲れが取れないなど様々な影響を身体に与えるからです。

 

すぐに治るのであればかまいません。

しかし、人によっては数十年と働くことを考えると、さすがにきつくないですか?

このように、影響は低くても慢性的なストレスで悩まされる可能性がかなり高いのです。

アドバイザー加藤
だからこそ、仕事が合わないでストレスが溜まるなら解消しないといけません。

仕事が合わないと思ってしまう原因9つ

では、実際に仕事が合わないと感じてしまう原因とは一体何なのででしょうか?

ここではそんな、仕事が合わないと感じてしまう原因を以下の項目に分けて紹介します。

それぞれ詳しく解説していきます。

 

上司や部下との人間関係が原因

まずは上司や部下との人間関係が微妙で「仕事が合わない」と感じるパターンです。

人付き合い良い悪いだけで、仕事の満足度というのは変わります。

例えば、同じ業務でも周りと一緒に頑張りながらと、1人でコツコツでは満足度が違うでしょう。

アドバイザー加藤
もちろん、人によっては1人でコツコツできる人もいるということが大前提です。

そして、満足度が低くなれば、仕事が合わないと感じやすくなります。

このように、人間関係によって仕事が合っていないと感じるのは珍しくありません。

なので、仕事が合わない人は人間関係に悩んでいないか振り返ってみると良いです。

 

業務がつまらないと感じる

次に業務自体があなたと合っていない「仕事が合っていない」と思いやすいです。

まさに現職がシンプルにあっていないパターン。

これは、今の職種があなたとマッチしていないと思うしかありません。

もちろん、企業によって多少なりとも仕事のやり方は違います。

 

しかし、業界は変われど職種が同じであれば、大きな変化はありません。

業務内容が合っていない人は、今の職種が自分に合っていないと思ってください。

アドバイザー加藤
残念ながら、自己分析や企業分析が微妙だったということです。

会社の雰囲気が合っていない

会社の雰囲気が合っていない場合です。

例えば、職場の雰囲気が体育会系チックなところに勤めているとします。

 

体育会系が合っている人にはベストな仕事と感じるかもしれません。

しかし、マイペースのような雰囲気が好きな人も当然います。

こういった、社風や職場の雰囲気で仕事が合っていないと感じることもあるのです。

 

また、職業によっては「こういう雰囲気の職場が多い」などもあります。

なので、自分の業界はどのような職場の雰囲気が多いのかを把握しておきましょう。

休みが少ない

次に仕事の休みが少ないと合わないと感じやすいです。

例えば、夜勤や昼勤など、法律は大丈夫ですが休日が取れない仕事などに多いです。

やはり、休みが少ないと仕事が合わないと感じてしまうのは珍しくありません。

 

というのも、休みが少ないと、どうしても体力的な限界がきつくなり仕事の満足度が下がるからです。

エンジニアや看護師など、専門職に休みが少ないパターンが多いです。

 

業務量のわりに給料が安い

次に業務と給料の割合が合っていない場合。

例えば、営業職で結果を出しているのに、なかなか評価してもらえないなどが多いです。

やはり、評価をしていないと仕事の満足度が下がり「合わないのでは?」と思ってしまいやすいです。

アドバイザー加藤
結果を出しているにかかわらず評価されないのは、仕事のモチベーションを保つのは簡単ではありません。

業務量の割に給与が低いと、仕事にやりがいを感じていても合わないと感じてしまいます。

まず同じ業界の知り合いがいれば、今の自分の評価が正しいか比較してみてください。

そうすることで自分が本当に今の会社の評価が正しいのかわかりますよ。

もし、過小評価をされているのであれば、待遇UPを交渉してみるのがベスト。

 

残業が多い

次に残業が多い場合です。

これはしっかりと給与を貰えているパターンもです。

今の時代は昔と比べると残業代も多くはありません。

 

特にバブルの時期などはやればやるだけ、信じられない給料が発生していました。

しかし、今はむしろ「残業<<プライベート」の時間の方が大切な傾向があります。

だからこそ残業が多く満足度が下がると仕事が合わないと感じやすくなります。

 

将来性を感じられない

次に仕事に対して将来性を感じられない場合です。

例えば、ダラダラと仕事をこなしたりしていませんか?

他にも仕事に対して「将来が不安だな」と感じたりなど。

 

実際に、株式会社レソリューションが実施した20代から30代を対象にした調査によると、以下のような結果も。

引用:「自分らしい働き方」に関する意識調査

このように20代~30代の約8割の人が将来に不安を感じているというデータもあります。

将来的な安心というのは仕事の満足度に繋がります。

だからこそ、今の仕事が好きすじゃない以外は「合わないのでは?」と感じやすいです。

 

妥協して仕事している部分がある

次に、妥協して仕事をしている場合です。

例えば、今務めている企業が第三希望の就職先であったりです。

やはり生活のために働くことは避けては通れません。

 

なので、生活のために仕事をしている人は理想と現実とのギャップで「仕事が合わない」と感じやすいです。

全く仕事に対してやりがいがない時は、妥協して仕事をしているのが原因なのかもしれないです。

 

やりがいを感じることができない

次にやりがいを感じることができないという場合です。

仕事に対してやりがいを感じていないと「今の仕事は合っていない」と思わざるえません。

やりがいを感じれない人の多くは、プライベートが充実していない人が多いです。。

アドバイザー加藤
恋人と遊ぶためであったり、趣味で遊ぶためなど仕事自体にやりがいを感じなくても働く理由があれば頑張れるもの。

このようにプライベートも寝て起きて仕事の繰り返しの人も仕事の満足度が下がり「仕事が合わない」と感じやすいのです。

 

合わない仕事を「辞めたい」と思っても我慢するべき判断基準

ここでは仕事が合わなくても「辞めたい」という感情を我慢するべきかの判断基準を紹介します。

紹介する内容は以下になります。

それぞれ詳しく解説します。

なので、仕事が合わないで辞めるべきか迷っている方は参考にしてください。

 

業界や職種に今後需要があるか?

まずは、仕事の将来性を分析する判断基準です。

将来的に今の仕事で得られる経験やスキルが、今後需要があるかどうかを分析してみてください。

アドバイザー加藤
辛くても将来が保証されているから続ける価値のある仕事はあります。

現実的な話、完全にマッチしている仕事を探すのは簡単ではありません。

今のご時世は特にです。

だからこそ、離れた視点から仕事を続けるかを判断するのも1つの選択肢ですよ。

 

自分が役に立っている

次に仕事が合わないと思っていても、周りの同僚よりも明らかにあなたが優秀な場合です。

好きな仕事と、活躍できる仕事というのは違います。

活躍できる仕事の場合は、辞めたいと思っても継続するのは間違った選択ではありません。

 

というのも、今後のキャリアアップにも繋がるからです。

もし、今の仕事で十分に成果を出せているのであれば、給与UPや待遇面の改善に挑戦すると良いでしょう。

 

改善されるチャンスが多い

次に仕事の改善をされる可能性が多い場合です。

例えば以下のような状況になります。

  • スキルがあれば待遇が変わる
  • 上司が改善を試みている
  • 意見を幅広く取り入れられる職場環境

上記のような場合は、今の仕事を辞めなくても十分に改善の余地ありになります。

なので、改善のされる予定があるならば、いきなり辞めるのではなく現職内で改善に挑戦してみるのも良いでしょう。

 

合わない仕事が辛い時の具体的な対処法3つ!

ここでは合わない仕事が辛い時の具体的な対処法を紹介します。

紹介する内容は以下になります。

それぞれ詳しく解説していきます。

 

まずは自己分析をしてみる

まず、仕事が合わないと感じるのであれば、自己分析をしてください。

今の仕事に満足がいっていないということは、少なからずあなた自身の理解が足りない証拠。

 

自分のことを理解し、しっかりと自分に合った職種や業界を選べていれば「合わない」という悩みがないからです。

なので、この機会に本当の自分に合うべき職場環境や仕事を見極めるために自分自身を徹底リサーチしてください。

アドバイザー加藤
転職するにしても、自己分析をしないとまた同じ悩みに当たるかもしれません。

ぜひ、仕事が合わないと思う人は丁寧に自己分析をし直してください。

今の会社に居続けるも、転職するにしてもまずは自分を再確認しないと初まらないです。

 

自己分析を効率化したいならミイダス!

ミイダス

自己分析は以下のようにめんどうだと思う人も多くはないですか?

  • 一から振り返るのはめんどう
  • 短時間で終わらせたい
  • どうすれば良いのかわからない

そんな時はミイダスの自己分析ツールの利用がおすすめです。

ミイダスは転職サービスの中でも以下の3つの自己分析ツールを利用することができます↓

診断の種類 特徴
コンピテンシー診断 あなたのストレスが感じやすい点や相性の良い上司や部下がわかる
市場価値診断 今の適正年収を簡単にチェックできる
パーソナリティ診断 自分の生まれながらの個性を発見し、どのような場面で活躍できるかわかる

上記の診断を利用することによって、以下のように一目で自己分析ができます。

他にもあなたに合った職種や、ストレスを感じない職場の雰囲気、あなたの市場価値などが一目でわかります。

なので自己分析をしたいという方は利用して損はありません。

アドバイザー加藤
また、今の仕事が適しているか知りたい方にもおすすめです。

転職エージェントなどがちょっと気が進まない時はぜひ利用検討してください。

>>ミイダスの診断を無料で受けてみる

 

仕事とプライベートのバランスを整える

次に仕事とプライベートのバランスを整えるという方法です。

もし、今現在で仕事の割合が多いのであれば、プライベートな時間を増やしてみてください。

休みと仕事のバランスを整えるだけでも全然仕事に対しての満足度は変わります。

  • 夜勤と日勤がバラバラな人はできるだけ統一
  • 残業が多い人は残業を減らしてみる
  • 有給をフルで取得する
  • 仕事の効率化を図る

上記のように休みが増える工夫をできるだけしてみてください。

正直、これらの改善はかなり難しいです。

というのも、ある程度は会社があなたのストレスのたまる状況を容認しているからです。

アドバイザー加藤
ほとんどは会社の上の人が変わらないと変えられないことがほとんど...。

もし、現職が自分に合っていない、かつ改善は難しい場合は次に紹介する「転職エージェントに相談してみる」を参考にしてください。

 

転職エージェントに相談してみる

次に転職エージェントに相談をしてみるという方法です。

利用すると転職支援のアドバイザーから「あなたがどんな転職ができるのか?」を教えて貰えます。

なので、自分にはどんなキャリアの可能性があるか知りたい方は相談して損はありません。

アドバイザー加藤
アドバイザーと相談できるだけでなく、あなたが転職可能な求人を紹介してもらえます。

どの転職エージェントを利用するべきかわからない方は下記の記事を参考にしてください。

>>【目的別】おすすめ転職エージェント16選!正しい使い方も!

 

まとめ、、合わない仕事を改善するのは現実的に難しい

自分に合わない仕事は早急に解決するべきです。

というのも、今後何十年も耐えると考えるとかなりのストレスに溜まりますし、人生レベルの後悔に繋がるからです。

ただし、こういった仕事が合わない問題というのは、会社自体が慢性化しているので、解決するのが簡単ではありません。

 

なので、まずは何が原因かなのかを自己分析で解明してください。

参考

手軽に自己分析をしたいのであればミイダスがおすすめ!

>>ミイダス公式サイトはこちら

また、どうしても改善が難しい場合は転職しかありません。

ただし、やみくもに転職活動を始めても、成功させるのは難しいです。

 

なので、まずは転職エージェントに相談をしてください。

というのも、あなたにはどんな転職が可能かを知ることができるからです。

その後に転職をするか、しないかを決めても遅くはありません。

アドバイザー加藤
今のあなたにとってのベストな対処をしていきましょう。

コロナ時代は転職エージェントが必須!

転職エージェント

転職サイトを見れば求人はたくさんあります。しかし、優良企業はごくわずかなんですよね。。。

働いてみるとブラック企業…ということがあるのも現状です。

また、コロナの影響もあり優良な求人は減っています。

できるだけ情報を掴んで求人を探す必要があります。

今、転職を成功させるためには、転職エージェントが必須の時代です。

ただ、転職エージェントは100を超える会社があります。

おすすめのエージェントや選び方については↓でまとめているのでチェックしてみてください。

>>おすすめ転職エージェント16選&正しい選び方!!

エージェントはもちろん無料で利用できるので、少しでも良い企業に転職したい場合は、使っておいて損はないでしょう。

-転職知識

Copyright© キャリアの城 , 2020 All Rights Reserved.