転職知識

会社の人手不足は気にする必要なし!辞められない時の対応方法を紹介!

人手不足サムネ

会社が人手不足で辞められないと困っていませんか?

  • 「上司に引き留められて辞めるのがめんどう」
  • 「私が辞めるとみんなに迷惑をかけてしまう」
  • 「人手不足がマシになるまで待とう」

↑のように思っているといつまでたっても、辞めることはできません。

 

本記事ではそんな人手不足で会社を気にする必要はない理由と、引き留められた時の対応策を紹介します。

また、記事後半では辞める際の同僚との接し方なども紹介していきます。

人手不足の会社を辞めたい方は参考にしてください。

 

会社の人手不足を気にする必要はない

人手不足の状況は気にする必要なし

人手不足を気にする必要はない理由について解説していきます。

多くの人手不足で辞められないと悩み過ぎていることが多いです。

そこで、ここでは会社の人手不足の問題は、あなたが気にしなくても良い理由について解説していきます。

 

人手不足で会社を辞めるのが申し訳なく思う方は参考にしてみてください。

 

そもそも人手不足は会社の責任

会社が人手不足の問題を抱えているのは、そもそもあなたの問題ではなく会社のマネジメントの問題です。

あなたが人手不足で会社を辞めるのを申し訳なく思うのは、ただの自意識過剰であることがほとんどです。

世の中、人手不足で悩む会社もありますが、社員が働きやすい環境作りを作り上げて辞める人が少ない会社もあるのが現実です。

 

こういった辞めにくい環境作りは、一社員が改善するのが難しく会社のトップが意識しないと改善できません。

なので、まず現状が人手不足なのは会社が悪いと思ってください。

会社の責任なのにわざわざあなたを巻き込むことはないのです。

 

新しい人材を補充すればいい

結局、人手不足が起こるのは、そもそも所属している社員の数が少ない、業務内容が異常に多いのが問題です。

そして、あなたが会社を辞めた後、会社の人材が足りなければ新しい人材が入ってきます。

人手不足が原因にもかかわらず新しい社員が入らないのは、そもそも会社にブラック気質があるのか、給与の条件などが悪いからでしょう。

 

基本的に福利厚生や給与面が正当であれば、後は求人さえ出せば業務内容に興味を持った人が「働きたい」と思って会社の面接に申し込んできます。

今の時代、新卒が3年以内に会社を辞める離職率は30%以上と言われています。

なので、働き場所を探している人はたくさんいますし、会社の利益と人件費などの両立が取れていないのが問題なのです。

 

引継ぎすればそれほど迷惑は掛からない

基本的に引継ぎをしっかりしておけば、あなたが辞めた後でも迷惑がかかることはありません。

一時的に同僚や上司の負担が大きくなるかもしれませんが、後々は慣れるのがほとんどです。

そもそも、社員1人抜けて経営が大きく傾く会社に未来を感じますか?

もし、将来性を感じないのであれば、そこまで人手不足を気にする必要はないのです。

 

大事なのは自分自身

人手不足を気にするよりも自分自身のキャリアや将来を何よりも重要視してください。

結局、人手不足問題も解決しようと思えば可能です。

ただ、解決しないということは会社のマネジメントが部下を気にしていない、または部下を甘く見ている他なりません。

 

会社はあなたのキャリアに責任を持つことができません。

また、今の時代は終身雇用に頼るのも難しいです。

後悔をしないキャリアを進めていった方が、将来的にも実績が積み重ねやすくキャリアアップに繋がります。

参考

今の時代、転職活動では転職サービスの利用は必須。

ただ、転職エージェントは100を超える会社があります。

どの転職サービスを利用すれば良いのかわからない方は下記の記事を参考にしてください。

>>【目的別】おすすめ転職エージェント・サイト16選!

人手不足の会社が引き留めてくる時の対応方法

引き留めた時の対応方法

人手不足の会社は当然辞めにくいです。

必ず上司はあなたのことを引き留めてくると想定して良いでしょう。

 

ここではそんな引き留められた時の対策方法を解説していきます。

よく引き留められるパターンは以下になります

  • 待遇をよくすると提案される
  • 引継ぎが終わるまで
  • 代わりの人材が補充できるまで
  • 辞められると業務が回らなくなる
  • 脅してくる

それぞれ詳しく対策を紹介していくので、参考にしてください。

 

待遇をよくすると提案される

あなたが辞めると「給与アップする」「もう少し負担を減らす」など、様々な提案をされるときがあります。

そもそも、この引き留められた原因はあなたが会社に対して不満を含んだ退職理由を伝えてしまった時に起こります。

なので基本的には、会社に不満を持った退職理由を伝えるよりも、一身上の都合と伝えるのがベストです。

 

もし、上司から「不満があれば改善するから」と言われた時は「自分のキャリアを作りたい」「将来、この業界にチャレンジしたい」など、将来に目標があるような内容を伝えましょう。

ポイントは今現在、改善してもどうしようもないことを伝えることです。

 

引継ぎが終わるまで

そもそも、1カ月や2か月前に辞める事を伝えていれば、仕事の内容にもよりますが期間に合った引継ぎ作業が可能です。

なので、この引き留め方が来る時点で「しっかり引継ぎを間に合わせる」と伝えれば大丈夫です。

もし、引継ぎ作業を間に合わせるのが難しい場合は、業務内容をまとめたマニュアルなどを作成すれば、引継ぎしたことになります。

 

新人に自分の業務を引き継がせるのは大変ですが、同僚の場合だとあなたと業務内容が似ていることが多いので、そこまで引継ぎに労力はかからないでしょう。

 

代わりの人材が補充できるまで

「すぐに辞められては困る」「代わりの人が見つかるまで」と人手不足な会社はよく言ってきます。

そもそも辞める前日に言うわけでないですし、よほど資金繰りが悪い会社でない限りも1カ月もあれば新しい人材の補充は可能です。

なので「新しい転職先がすでに決まっている」「延長するのは難しい」と伝えましょう。

 

人件費を節約しようとする会社は、基本的に求人掲載も嫌がる傾向があります。

というのも、転職サービス経由で人材補強できた場合、20~30%の年収を転職サービスに報酬として支払わないといけないからです。

もし、転職サービスから年収が300万円の条件で人材が確保できたのであれば、最低でも60万~90万円のお金を会社は転職サービスに支払わないといけません。

 

ただこの裏側を知ったところで、あなたには関係のない話ですし、そこまで気にする必要はありません。

自分のキャリアを優先して動いていきましょう。

 

辞められると業務が回らなくなる

「辞めると今の業務が回らなくなるから待ってほしい」「今の会社に必要不可欠だから考え直してほしい」と言われる場合もあります。

プロジェクトリーダーなどの場合は、しっかりとプロジェクトの終わりを見越して辞めるタイミングを決めたほうがスムーズに辞めやすいです。

しかし、どうしても長期的なプロジェクトで終わりが見えない場合は「しっかりと引継ぎ作業をする」など、言ってください。

そこで「人材が足りない」などの言い訳が来たとしても、人材が足りないのはあなたの責任ではなく会社です。

 

なので「引継ぎをしっかりします」と伝えるようにしましょう。

少し申し訳ない気持ちも出てくるかもしれませんが「辞める気持ちは変わらない」姿勢を貫いてください。

社内の人たちからも「あなたは裏切者だ」と言われるかもしれませんが、そもそも見方してくれない時点でそれだけの関係性だということです。

 

脅してくる

パワハラ気質な上司だと「今やめたらどこにも通用しない」「無責任だ!責任取れるのか?」など、ひどい言葉を使ってくるかもしれません。

ただ、他の会社で通用しないなんてことはないですし、そもそも人材が不足しているのは会社の方針が悪いからです。

上司の脅しを本気でとらえず辞める姿勢を崩さないようにしましょう。

 

もし、退職届けを受け取ってもらえなかったりするのであれば、他の上司に渡すのも良いですし、内容証明で退職届けを送っても構いません。

最悪、今の時代は退職代行などもあるので、辞め方は色々あります。

 

人手不足でも大丈夫!同僚との付き合い方

人手不足の同僚との付き合い方

「人手不足で辞めたら同僚に嫌われるかもしれない」「同僚に迷惑かけたくない」と心配している方も多いでしょう。

ここでは、そんな人手不足の会社にいる同僚達との付き合い方を紹介します。

円満に退職したいと考えている方は参考にしてください。

 

そこまで気にする必要はない

まず、同僚のことはあまり心配しなくていいです。

というのも、まともな会社であれば人材が補強されますし、ブラック企業であれば他の同僚も転職するからです。

あくまで会社を辞めてからはあなたの領分ではなく、その会社がどう動くかで決まります。

 

もし、同僚に責められても、それはお門違いだということです。

そもそも本当に仲のいい同僚であれば、転職を応援してくれます。

応援せず、文句を言ってくる人は長期的なお付き合いを望むだけ無駄などで、気にする必要はありません。

 

とりあえず謝っておく

もし、辞める時に同僚の仕事が増えるのであれば一言だけ「仕事が増えてごめん」と伝えておきましょう。

基本的に、周りがあなたのことを嫌いでない限り、謝っておけば退職を責める人はいません。

むしろ「気にせず次の職場でも頑張って」と応援されます。

 

何も伝えない状態でいきなり辞めれば反感を買いますが、ほとんどは引継ぎ作業さへしっかりしておけば恨まれることはないでしょう。

 

ある程度に仲が悪くなることは仕方ない

あなたの転職に対して、不快に思う人は一定数どうしてもいます。

転職すれば今の会社との関係性は薄れますし、転職してしまえば前職の人たちとの関わりはほとんど消えるでしょう。

退職するのであれば、今の人間関係よりもその先の人間関係の方が重要です。

 

なので、あなたに対して不満を持つ同僚達は流しておけばいいでしょう。

 

去る者追わずの人間関係を目指そう

仲がいい人だけ相手にしていれば良いです。

辞めることで仲が悪くなる人たちにエネルギーを使うよりも、今後を応援してくれる人と仲良くしましょう。

人はそれぞれの考え方を持っているわけですから、仲良くなりやすい相性があります。

 

「今後も今の会社の人と仲良くしたい」「円満退職したい」と思うのであれば、応援してくれる人だけ仲良くすればいいのです。

悪い印象から良い印象にするのは難しいので、去る者は追わないようにしてください。

参考

今の時代、転職活動では転職サービスの利用は必須。

ただ、転職エージェントは100を超える会社があります。

どの転職サービスを利用すれば良いのかわからない方は下記の記事を参考にしてください。

>>【目的別】おすすめ転職エージェント・サイト16選!

人手不足の会社を辞める具体的な方法

ここでは具体的な人手不足の会社を辞める方法を紹介します。

「どう辞めることを伝えたらいいかわからない」と悩んでいる方は参考にしてください。

 

絶対に辞めることを伝える

まず、引き留めには動じない意識を持ちましょう。

そもそも、中途半端に辞める意思を動かせてしまえば、職場ではれ物扱いされたりして職場の居心地が悪くなる可能性があります。

なので、いついつまでに辞めると決めたら、絶対に妥協しないと決断してください。

 

まずは、絶対にやめる気持ちを始めるところから始めましょう。

 

まずは時間貰うことから

そして「いきなり辞めます」と上司に伝えたところで「はいそうですか」と簡単に辞められることはありません。

必ず辞めると伝えたらその後に話し合いがあります。

有給消化やいつまで働く、引継ぎはどうするかなど決める必要があるからです。

 

なので、直接上司に「お話したいことがあるので、お時間いただけないでしょうか?」と伝えても良いです。

直接、上司に伝えるのが難しいと感じる方はメールやLINEなどで良いでしょう。

まずは1対1の時間の確保をしましょう。

基本的に人手不足の会社はあなたが抜けた穴をどうするかに悩むので、引継ぎなどをどうするか具体的に考えておくとスムーズに話が進みやすくなります。

 

退職理由を会社のせいにしない

間違っても「今の業務がしんどい」「もっと割のいい会社に転職したい」など、会社のせいで辞める発言はしないでください。

「改善するから」など提案されて、退職の撤回を打診されると辞める話が進まなくなります。

それに、あなたの勤めている会社が長期的に人手不足なのであれば、改善される可能性は低いです。

 

というのも、人手不足が容認されている可能性があるからです。

なので「他の業種でチャレンジしたい」など、ポジティブな理由で退職するようにしましょう。

 

転職活動を始めてしまう

もし、辞めると決断したのであれば、転職活動を進めることをおすすめします。

というのも、転職先を先に見つけてしまえば、絶対にやめないといけない理由にもなるからです。

また、転職先が見つかっていなくても、本格的に転職活動をするときにスムーズに進めることが可能になります。

なので、前準備として転職活動を進めておくと良いでしょう。

 

転職エージェントが必須の時代!

転職エージェント

今は求人数が多い時代です。しかし、優良企業はごくわずかなんですよね。。。

結果、求人に載っているウソの情報に騙され、働いてみるとブラック企業…ということがあるのも現状です。

転職エージェントを使えば、求人を見る段階で内情も分かるので希望の職場に出会えるんです。

今は、転職を成功させるためには、転職エージェントが必須の時代です。

ただ、転職エージェントは100を超える会社があります。

おすすめのエージェントや選び方については↓でまとめているのでチェックしてみてください。

>>【目的別】おすすめ転職エージェント16選&正しい選び方!!

エージェントはもちろん無料で利用できるので、少しでも良い企業に転職したい場合は、使っておいて損はないでしょう。

 

辞めれない雰囲気に困っている人向け関連記事

上司が嫌いで転職サムネ
上司が嫌いで退職はあり!例外パターンもあるから注意しよう!

「上司が嫌で退職するのはありなのか?」と、会社で上司との付き合いが上手くいっていない人は思っていませんか? 結論を言ってしまうと上司が嫌で退職するのは「あり」です。 本記事では、なぜ上司が嫌いで退職す ...

続きを見る

仕事の人手不足が辛すぎる
仕事の人手不足で辛いのは改善が不可能?どうしてもの対処法も紹介!

仕事場が人です不足でいい加減に辛い どうにかして改善したい そもそも解決する方法はあるのか? 上記のように思っていませんか? 人手不足が深刻な会社で働いている人は、数人分の働きを強いられてることも。 ...

続きを見る

転職エージェント・転職サイトおすすめ16選
【目的別】おすすめ転職エージェント・サイトの比較ランキング16選!正しい使い方も!

転職エージェントや転職サイトの登録は転職活動に必須です。 自分に合った転職エージェントとサイトを上手く活用できるほど、納得のいく転職ができる確率が上がっていきます。 なぜなら、あなたが満足のいく求人と ...

続きを見る

人手不足で仕事が休めない
人手不足で仕事が休めない時の対処法!ほっとくとヤバい理由とは?

「人手不足でなかなか会社が休めない」というように悩んでいませんか? やはり連続勤務が続くと、身体も疲弊しますしメンタルも大変なことに。 自分の心配をするのであれば、早めに対処することをおすすめします。 ...

続きを見る

上司が暴言を言ってくるなら退職しろ!対処法とやり返す方法も解説!

「上司の暴言に耐えられない」 「暴言にどう対処したらいいのか?」 「暴言を吐かれた上司をやり返す方法を知りたい」 このように、思っている方は本記事を参考にしてください。 暴言を吐く上司の対処法、やり返 ...

続きを見る

会社を辞めれない雰囲気を感じる原因3つ!乗り切る方法や具体的な辞め方も!

勤めている会社の辞めれない雰囲気にのまれて、ダラダラと働くのは良くありません。 というのも、実現したいキャリアがあるのであれば、そのキャリアの最短の行動をするべきだからです。 長期的に見ると辞めたいの ...

続きを見る

-転職知識

Copyright© キャリアの城 , 2020 All Rights Reserved.