転職知識

みんなが転職する時のきっかけ12選!迷った時の判断方法も紹介!

更新日:

 

「このきっかけで転職で転職するのが正しいのか、そうでないか?」というのは気になりますよね。

 

ですが、結論から言うと、きっかけだけで転職決めてしまうのは危険です。

転職のベストなタイミングというのは、自分の今置かれている環境やキャリア、そして保持しているスキルなどから生まれる自分の市場価値によっても変わってくるからです。

 

ただ「転職したいと思ったきっかけ」というのは転職で成功するか、失敗するかの将来に大きく影響を与えます。

なぜなら、転職活動では魅力的だと感じて応募した企業の採用選考で必ず問われるトピックだからです。

 

間違ったきっかけ、タイミングで転職してしまえば、必ず採用選考で人事の人から「この人はすぐに辞めそう」などのレッテルが張られます。

いくら上手に話そうが嘘の転職理由というのは、どことなく不信感を人事の人や面接官に違和感を与えてしまうものだからです。

 

どことなく嘘を言ってしまえば、そわそわしたり目が挙動不審になったりしますので、面接官にも不信感を与えてしまいます。

人事部も人を見分けるプロですから、そういった些細なところに気づいたりする可能性が非常に高いでしょう。

 

そして、もし気づかなかったとしても、わざわざ前職の会社に電話して評価などを確認する会社もあります。

求人を出している側からすれば、優秀な人材をできるだけ採用したいということです。

他の理由としては人事部の評価にも関わる会社もあります。

ミスマッチな人材を採用してしまえば、それだけ会社に損益を出してしまうからです。

 

本記事ではそんな、転職の行方を大きく握る「転職しようと思ったきっかけ」と「後悔しないための転職を決意する判断基準」の2つをメインに紹介していきます。

自分のきっかけが果たして正しいのか、本記事を参考にして判断していきましょう。

 

みんなが転職を決断したきっかけ12選

 

この章では、転職する人たちが、どのようなきっかけで転職を決意するのかを紹介していきます。

転職市場は今、需要が高まっていると言われていますが、まだまだ転職で後悔してしまう人も多いのが現状です。

 

だからこそ、安易に転職活動をはじめようとするのではなく、自分も後悔するリスクがあるのかもしれないというリスクを把握しつつ慎重に始めないといけません。

まずは、どういったきっかけで転職活動をはじめる人が多いのかを知り、転職活動をはじめるかの判断活用してみてください。

 

以下が今回、本記事で紹介する転職のきっかけ12選全てになります。

 

  • 会社や業界への将来性が不安
  • 給与が少なすぎる
  • 周りや上司との人間関係が劣悪
  • 将来のキャリアアップのため
  • 仕事内容にやりがいを感じられない
  • 不規則な勤務体制への不満
  • 評価がされにくい
  • スキルアップのため
  • ヘッドハンティングされた
  • 体調不良や家庭の事情で仕事を変えざる得なかった
  • 結婚・出産・育児
  • ハラスメントがあったから

 

それぞれ詳しく解説しきますので、自分と同じ理由だと感じたきっかけが正しいのか吟味していきましょう。

 

会社や業界への将来性が不安

業界やその業界のサービスや商品を取り扱っている会社には少なからずトレンドというものが存在します。

繁盛するときは繁盛しますし、不景気な時には不景気になります。

 

生きていくためには生活費というコストがかかるので、仕事というのは切り離せません。

ほとんどの人は、できるだけ生活に困りたくないという不安から転職を決断する方が多いです。

 

ある意味、投資に近い考え方です。

投資はできるだけ損を減らすために損切りという作業をしなくてはいけません。

損切りとは投資した証券や株、外資などを売って損失を決めてしまうことです。

転職でも現職をどのタイミングで切り離すかということです。

 

転職の場合ですと、転職した後に前職の会社が不景気になって給与が下がっているという場合もありますし、反対に不景気になると思ったら盛り返したという場合もあります。

 

このきっかけで転職する方は、しっかりと業界の把握と自分の会社の将来性を吟味する必要があるでしょう。

 

給与が少なすぎる

給与が少なすぎると、どうしても私生活に影響を与えます。

あまりに低い給与は、自分の自由時間でさえも制限されてしまいます。

 

交際費や家族の生活費などは当然一定のお金がかかりますし、娯楽などリラックスする時間にも、あらゆる場面にお金は必要になってきます。

どうしても、こういった息抜きでさえも満足にできなくなると転職を考えてしまう方は多いです。

 

人には常に息抜きという時間が必要です。

どうしても仕事にはしんどい部分もありますから、ストレスが溜まってしまいます。

 

こういった不満が溜まり、満足にお金も使えないままストレス発散もできなくなった時に転職という決断に至るのでしょう。

 

周りや上司との人間関係が劣悪

上司と正確が合わない、同僚とうまくコミュニケーションが取れない方も転職する方は多いです。

働いてこそわかる、その人の人間味などは少なからずあります。

 

どうしても、改善の余地がないと感じて転職をする方は多いです。

 

ただ、現状の人間関係の悪さが自分が原因だったりする時もあります。

もし、こういった人が気づかずに転職してしまえば、新しい職場で同じような問題も起こる可能性があります。

 

転職したときに同じ問題を繰り返さないためにも、人間関係がきっかけの場合は全てを周りのせいにするのではなく、自分に非がないかもしっかりと判断していくことが大切になります。

特定の人が嫌で転職を考えている人というのは特に注意してください。

 

将来のキャリアアップのため

将来の夢や目標がある人はこういった、キャリアアップのための転職をする人が多いです。

この転職方法はアメリカなどの実力主義を重んじる国で主流の考えになっています。

 

どうしても、年功序列を重要視する会社だと、キャリアアップや出世に時間がかかってしまいます。

年功序列などで限界を感じた方はベンチャー企業や外資系の企業に転職する方が多いです。

 

ベンチャーや外資系というのは良い意味で実力を重要視され、悪い意味で切り捨てられやすいという特徴があります。

 

女性も現職で男女でのキャリアアップのしやすさが違った時に転職を選ぶ選択を取っている方が多いです。

 

このきっかけで転職を考えている人の注意点としては、できるだけ自分の市場価値を過信しすぎないということです。

結局、転職も極端に自分に見合っていないスキルを欲求される会社には入社できません。

 

キャリアアップを求めて転職活動をはじめた方には「思ったより転職先が少なかった」という方も多いので、まずは自分の市場価値を知ってから転職活動をはじめるようにしてください。

 

仕事内容にやりがいを感じられない

「こんなことをするために入社したのではない!」と理想と現実に差を感じた方だけでなく、部署の異動なので自分の仕事にやりがいを持てなくなってしまった方も転職してしまう人が多いようです。

特に異動でやりがいを感じられなくなった人は入社したときに、やりがいを感じていた状態を知っているので、やりがいを感じられない状態というストレスが大きいです。

 

こういったきっかけで転職をする場合には、自分がどのような仕事でやりがいを感じるのか、応募した企業で働いたらどういった仕事が任されるかなどを細かく把握することが大切です。

 

不規則な勤務体制への不満

残業が多い会社との勤務体制が合わないのが転職のきっかけになる方もいます。

 

4月に高卒で正社員になりました。
自分で好きな仕事に就き、仕事の内容自体嫌なものではないのですが会社の人間関係と制度(残業の多さなど)に困っています。
夜全然寝れなかったり仕事に行くたびに頭痛とめまいがしたりほんとに辛いです。
この間「ストレスで体調が悪いので2.3日休みます」といって休んだのですがそれだけで上司の対応が変わる訳でもないし…。

なので、友達や恋人に相談して転職した方がいいという決断に至りました。

引用元:YAHOO知恵袋

 

この上の方のように、自分の体に鞭をうって無理して働いている人もいます。

不規則な体制に耐えられなくなり転職を決断するきっかけになる方が多いです。

 

評価がされにくい

社内で実績を出しているにもかかわらず、評価されず渋々に転職を決める方がいます。

どうしても、評価が低い状態ですと給与アップなども望めません。

最悪な場合にはキャリアアップの妨げになります。

 

こういった先のことを考えると、転職した方が良いと考える方が多いようです。

 

このきっかけで転職するときは、本来この業界ならどれくらいの給与が貰えるのかを知る必要があります。

もし過剰な自分自身の自己評価は転職を失敗させてしまいます。

 

できる限り同じ業界への転職を考えているのであれば、自分の評価がどれくらいなのかリサーチしましょう。

 

スキルアップのため

更に高いスキルを求めて、転職する方もいます。

目的意識がはっきりしている方や、キャリアアップしたい気持ちが強い方は転職する傾向にあります。

 

どうしても、会社の規模によって任される仕事のレベルというのは決まってしまいます。

現職に慣れてスキル面的にも十分と感じたときに転職を選ぶのでしょう。

 

また、仕事量が圧倒的に少なすぎる社内ニートに当てはまる方も、将来性に不安を感じこういったスキルアップを求めて転職を決意する方が多いです。

社内ニートについてもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみてください

>>社内ニートが転職するのは危険?するべきことがない原因と対策を紹介!

 

ヘッドハンティングされた

こちらは、実績やキャリアを積み、スカウトされたという方たちが当てはまります。

主に、20代後半から30代後半の方たちが多いです。

 

このヘッドハンティングされるメリットは何よりも給与アップを望めるという点です。

基本的にスカウトは実績や職務経験が豊富な人にしかされません。

なので、スカウトする会社もその実績を見込み、スカウトする人たちにはある程度の給与を提示して誘うことが多いです。

 

スカウトされるためには、ヘッドハンターなどが優れている転職サービスに登録する必要などはありますが、基本的にはサービスに履歴書を登録した後は連絡を待つだけなので忙しい方に手軽な転職になります。

 

稀に、役職についている人がいきなり退職したとき、緊急でスカウトしてくる企業もあるので、そんな企業からオファーが来ればかなり好条件を提示してくるでしょう。

もちろん、転職したときには高い給与の分だけ求められるスキルも高いですが。

 

自分のスキルに自信がある、かつキャリアアップを目指している方にはおすすめの転職サービスになります。

 

体調不良や家庭の事情で仕事を変えざる得なかった

何らかの病気や家庭の事情で通勤できなくなるなどの理由で、転職を余儀なくした方です。

病気などによる長期的な休養になると、企業側も雇えないという場合があります。

 

こういった場合は、もちろん企業から退職を余儀なく通告される方と、企業に対して迷惑になるかもっしれないという理由で自主退職する方もいるようです。

ただ、たとえ病気や家庭の事情で余儀なくされても、求人を出している企業側からしたら関係ありません。

 

結局、求人を出している企業にあるのは「いかに良い人材を雇えるか?」です。

 

こういった病気などでも「待ったなし」なのが転職です。

ある程度のビジネススキルがないと、転職先がなかなか見つからず困ってしまう方もいます。

 

結婚・出産・育児

結婚や出産、育児を機に転職をする方もいます。

独身時代と比べると、家事や育児、妊活などでライフワークが変わってしまう方が多いようです。

 

そんなときは専業主婦になるか、はたまた出勤の融通の利くところに転職する方が多いです。

特に看護師の様な不定期なシフトの仕事であったり、残業が多い職場の場合、転職を余儀なくさせられたりします。

 

ハラスメントがあったから

パワハラ、セクハラだったりなどの場合があります。

パワハラやセクハラの場合は当サイトでは、できるだけ早く転職してしまうことを推奨しています。

 

自分はパワハラにあい、うつ病になり、会社を退職して、1年以上経ちました。
働かなければと思う反面、履歴書を見るだけで吐き気がしてしまいます。

医者はゆっくりで良いですよ、とは言っ

てくださるのですが、両親もいつまでも生きている訳ではないので働かなければ!と、焦ってしまいます。

でも、履歴書とにらめっこをして時が過ぎる毎日です。

履歴書を見ると以前働いていた会社であった怒鳴り声など思い出してしまい気持ち悪くなります。

引用元:YAHOO知恵袋

 

死にたいです。
でも、こわいです。
社会人一年目で頑張って頑張って頑張って
ひどいセクハラに耐えられなくなって
精神科通って3ヶ月目の休職。

引用元:YAHOO知恵袋

 

これらのように、知らないうちにストレスが心に溜まっている可能性があります。

なってからでは遅いので、できるだけ早めに転職活動を行いましょう。

 

【転職支援プロ推奨】後悔しないための転職の判断方法4選

 

ここまでは、様々な転職のきっかけを知れたと思います。

この章ではより正確に、今が転職活動をはじめるベストなタイミングなのかを正確に見極めるための判断方法を3つ紹介します。

 

本記事の冒頭でも話した通り、転職するきっかけも重要ですが、転職者その人自身のスキルや実績、職務経験などが重要です。

ということは、転職というのは一概に「この人がベストなタイミングだ」とは断定しにくいんですね。

 

転職のタイミングを見極めるのはきっかけだけで決めず、自分自身のキャリアも必要だということです。

この章を参考にして自分自身のベストなタイミングで転職活動を始めて、自分の納得できる企業から内定を貰ってていきましょう。

 

紹介するのは以下の4つになります。

  • 自分の市場価値を調べる
  • 自己分析をうまく活かす
  • 自分にゆずれない基準を作る
  • 転職エージェントに相談してみる

 

この4つの方法を全部試せばより正確な判断ができますが、忙しい人はどれか1つでも試してみましょう。

それでは解説していきます。

 

自分の市場価値を調べる

1つ目は自分の市場価値を調べるという方法です。

方法はいくつかあります。

 

おすすめな方法としてはMIDAS無料診断を受けてみるということです。

200万人の年収データと7万人の転職実績データから自分の市場価値を診断してくれます。

手軽なのでおすすめです。

 

または、ハイクラスの転職を目指すのであればスカウトサービスに特化したビズリーチに登録してみて、スカウトが来るか、来ないかで判断することもできます。

 

転職する目的別に分けて利用すると良いでしょう。

自分の市場価値をわかることによって、ある程度自分がスムーズに転職活動ができるのか、そうでないかの予想がついてきます。

 

ビズリーチを詳しく知りたい方はこちら

>>ビズリーチの評判と口コミはどうなの?年収を上げたかったら利用すべき?

 

自分にゆずれない基準を作る

転職活動を行う前に自己分析をすると思います。

この過去を振り返っていると、自分が譲れない企業への基準が見えてくるでしょう。

 

例えば、給与や仕事内容、どんなサービスを取り扱っているかなど、細かく作成していくと良いでしょう。

作成することにより、現職が自分に適しているのかがわかってきます。

 

もちろん、給与などが高すぎる基準というのは、たとえ現職が合っていなくても、転職先が見つからないということがあります。

なので、この作業をした後に、次に紹介する転職エージェントを利用してみたり、先ほど紹介した自分の市場価値を調べてみる方法と併用することをおすすめします。

 

転職エージェントに相談してみる

次に転職エージェントで相談をするということです。

転職エージェントのサービスには面談というものがあります。

 

その時に自分のキャリアでは、どこまでのレベルの企業に転職できるかを知ることができます。

あなたの満足いける会社に就職できそうなのであれば、転職活動を始めてみても良いでしょう。

 

ただし、転職エージェントでは営業感の強いサービスを選べば、転職を強要されるときがあります。

残念ですが、こういった営業感の強いエージェントとうのは、どこにでもいます。

転職エージェントは、転職してもらってから初めてお金を企業から利益としてもらえるからです。

 

この対策として、少し手間はかかりますが2~3社に複数登録しましょう。

 

複数登録することによって、様々なエージェントの評価を貰うことができるので、正確な自分が転職できそうなレベルの企業が把握できます。

当サイトでおすすめする転職サイトは以下になります。

 

サービス名 特徴
リクルートエージェント 支援実績から的確なサポート受けるのであれば
doda アドバイザーが平均的に優秀、支援実績も多数あり
マイナビエージェント 20代の信頼度No.1
type転職エージェント 満足度の高い手厚いサポートに定評あり

 

利用は無料なので、時間がある方は相談しに行って、ベストな転職タイミングというものを逃さないでください。

また、他の転職エージェントを詳しくまとめたページはこちらになります。

>>【2019年最新】おすすめ転職エージェントランキング16選!人気の転職サイトと比較!

 

自分に合った転職エージェントをもっと知りたい方は一度目を通しておく良いでしょう。

 

最後に、、

転職のきっかけというのは、人によって様々です。

最終的に転職というのは自己責任です。

 

「誰かのせいで、転職を失敗した」「仕事のせいで転職ができない」というのは、周りからすればどうでもいいことなのです。

転職に悩みすぎて、せっかくの転職するタイミングを逃さないでください。

 

その為にも、本記事で紹介したきっかけが当てはまった方は、迷わず転職するべきかの判断方法を実践していきましょう。

 

-転職知識

Copyright© 就活と転職情報が集うキャリアの城 , 2019 All Rights Reserved.