転職知識

転職の成功不可避!転職活動がうまくいかない人の特徴12選とその解決策!

投稿日:

1社落ちただけでは「転職はこんなもんだ」と余裕をもって気持ちを楽に切り替えることが可能です。

ですが、それが何社も続くと「なんで転職がうまくいかないんだ」と段々と落ち込む頻度が多くなったり、焦る気持ちが強くなってくるのではないかと思います。

今回はそんな転職活動がうまくいっていない状態を、うまくいくようにさせるポイントについて詳しく解説していきます。

 

転職活動が思った通りに行っていない人は、本記事で紹介する方法をしっかり実践していただければ今の状態を180度か変えることができるでしょう。

本記事では主に転職活動がうまくいかない人の特徴とうまく進めるための具体的な解決策をメインに紹介していきます。

ぜひ最後まで目を通して、転職活動に活かしてください。

 

応募する会社を妥協するべき?

転職活動が上手くいかないからと言って、応募する企業を妥協する必要はありません。

なぜなら、たとえ妥協して内定を企業から貰ったとしても、やりがいも感じることもできず転職を後悔してしまう可能性があるからです。

もちろん、案外入社してみたら良かったという場合もあります。

 

ですが、ほとんど場合は「こんなはずではなかった」と後悔し、再び転職したいと思うようになるのが関の山です。

普通に定年まで会社員をすると考えると、仕事というのは人生の約30%を閉めます。

転職する年代にもよりますが、何十年も働くことを考えると、できるだけ妥協せず転職を進めたほうが良いのです。

 

キャリアアップに飛び級はない

妥協をしないべきと考えているからと言って、自分の身の丈に合っていない企業を選んでもいけません。

もし、自分の求めている企業の理想と現実とのギャップを埋めたいのであれば、何回か転職をするプランを実行す必要があります。

 

このプランとは、現職で実績を出したのちに、転職を繰り返し最終的にはハイキャリアの会社に在籍することを実現していくという計画です。

転職活動を繰り返していたら、不利になると考えるかもしれませんが、それは出戻りや転職と転職の間が短い時だけです。

キャリアアップのために転職を繰り返すのは多くても4回くらいでしょう。

 

そして、ある程度、実績を残していけば、自分から応募して面接を受ける攻めの転職ではなく、自分を求めている企業からスカウトを貰っていく待ちの転職が可能になります。

企業が転職者を魅力に感じるのは、実際に働いた時に生み出した実績、または実務経験です。

初めての転職では役職がなくても、次第に実績を伴ったキャリアアップをしていくと企業から「私のところで働きませんか?」というお誘いが来るようになります。

※もちろん、スカウトを貰うためにも転職スカウトサービスに登録することは必要です。

 

転職を繰り返し、キャリアアップしていくという方法は楽なものではないですが、いきなりキャリアを目指して転職するよりは無難な方法です。

一つのキャリアアップの戦略として覚えておくと良いでしょう。

 

転職活動をうまくいかない人の特徴

ここでは実際に、転職活動でうまくいかない人の特徴について紹介していきます。

安易に「自分はダメだから」と転職活動で気を落とす必要はありません。

 

転職でうまくいかない人の特徴を知り、自分にも当てはまっているかもしれないところを修正すれば、転職活動はうまくいくようになります。

転職活動でうまくいっていない人の特徴を大きく分けると以下の4つの要素になります。

  • リサーチ不足
  • 応募数に問題がある
  • 書類選考でうまくいかない人の特徴
  • 面接でうまくいかない人の特徴

この4つをそれぞれ詳しく解説していきます。

転職活動でうまくいかない人の特徴を修正していけば、内定を貰える可能性もグッと上がるので参考にしてください。

 

リサーチ不足で転職をダメにする人の特徴2選

リサーチ不足にも2つの種類があります。

それは「自分のリサーチ」と「企業のリサーチ」です。

 

自分のリサーチとは?

自分のリサーチとは主に自己分析や、自分の今あるスキルがどの程度のレベルなのかということです。

この自分のリサーチを怠ってしまうと、以下の結果を引き起こしてしまいます。

  • 自分にやりがいが感じる企業がわからなくなる
  • 自己PRや志望動機の内容が薄くなる
  • 自分の市場価値がわからなくなる

このような上の状態ですと、転職しても前の会社に戻りたくなったり、そもそもの内定率が下がってしまいます。

解決策としては、ノートなどに自分の将来どうしたいかの願望であったり、今持っているスキルなどを書き出してください。

 

自分の内面と向き合っていくうちに「自分が将来的にどんなことを成し遂げたいのか?」「自分がどんな職業に向いているのか?」がわかってきます。

この内面の軸を基準に転職活動を進めていくと、転職先で失敗することはなくなるでしょう。

 

そして、この自分の内面を書き出す作業は職務経歴書や面接にも使えます。

できるだけ応募した企業が求めているスキルなどを中心に面接や書類などの対策を練っていくと、企業が求めている人材であることをアピールできます。

自分のスキルを把握することで、応募する企業にはどのようなスキルをアピールすれば人事の人に「欲しい」と思われるか考えることができます。

 

 

企業のリサーチとは?

企業を応募する前、または面接前日までには応募する企業の以下のことを最低限調べておかなければいけません。

  • 応募した会社の社風はどうなのか?
  • どんなサービスや商品を手掛けているのか?
  • どういう計方針なのか?

このように、内定を目指すのであれば、自分で応募した会社の最低限の理解は必要です。

 

この3点を把握しておかなければ、どうしても転職活動に使用する自己PRや志望動機の内容が薄くなってしまいます。

働きながら転職している人や、応募している会社が多い人ほど、転職活動後半になるにつれて疲れて疎かにしてしまう傾向があるからです。

自分に合っている社風なのかもしっかり判断するためにも必要な事なので、しっかり応募する会社をリサーチしていきましょう。

 

応募数に問題がある人の特徴2選

 

応募数に問題には以下の2つのパターンがあります。

  • 応募数が少なすぎる
  • 応募数が多すぎる

応募数は少なすぎても、多すぎてもダメです。

ここでは、この2つがなぜだめなのか、そしてどう対処していけばいいのかについて解説していきます。

 

応募数が少なすぎる

その人それぞれのライフワークがあるので、この応募数が少なすぎると言い切ることのは難しいです。

例えばでいうと、働きながら転職活動している人と、退職してから転職活動している人では応募した会社に対応できる数は変わってきます。

上の例で言うと、働きながら転職活動している人の応募数は、退職してから転職活動をしている人からすると少ないです。

 

このように、少なからず応募数という問題には、転職活動している人の生活によって変わってくるのです。

 

ただし、あまりにも労働条件にこだわりすぎていたりしてしまうと、応募する企業が少なくなり、内定を貰える可能性が減ってしまいます。

応募した企業から100%内定を貰えるのであれば、厳選に厳選を行い応募してもいいでしょう。

ただ、絶対に100%内定を貰える人なんていません。

 

選びすぎてしまうという人は、100%納得できる条件を求めて応募するようにすることを辞めてください。

目に入った会社が70~80%くらい納得できる条件であれば、自分の対応できる限り応募していきましょう。

 

なぜ、70%からなのかというと、もし応募した会社で少し気になるところがあるのであれば、交渉できるからです。

自分で交渉するのは少し難易度は上がりますが、転職エージェント経由で応募した会社であればあなたの担当者が交渉して条件を上げてくれる場合があります。

交渉力が強い転職エージェントは本記事後半で紹介します。

 

そして、応募数も増えるということは必然的に内定を貰える可能性も上がるということです。

複数内定を貰った後に、本当に自分に合っている会社はどこなのか迷っても、遅くはありません。

 

応募数をもっと増やせそうな人はぜひ参考にしてみてください。

そして、この応募数が多すぎてしまうパターンというのが次に紹介するものになります。

 

応募の数が多くなりすぎている

応募数が多くなりすぎていると、応募した会社をしっかりとリサーチすることができなかったり、対策に時間かけることが難しくなります。

そうなってしまうと、面接官からも志望度の低い応募者と見られてしまい、内定を貰いにくくなってしまうでしょう。

応募数が多くなってしまう人の特徴としては、以下の2つの理由が考えられます。

  • 転職に焦りを感じている
  • 自己分析(自分のリサーチ)ができていない

 

転職活動で企業に応募しすぎてしまう人は、転職活動で焦りを感じている人が多いです。

そして、焦りを感じる人の多くは、退職してから転職活動をしている方に多いです。

無職の期間が長引くと、転職が不利になる」「生活費に困る」という焦りの気持ちが原因でしょう。

 

まずは、転職活動で焦りを感じている人は、その焦りこそが転職活動を失敗させてしまう根本だということを知りましょう。

この焦りというものが、自分の対策が取れるキャパ以上に会社に応募してしまう結果を引き寄せてしまいます。

 

自分のキャパを超えてしまうと、質の悪い面接の対応に追われたり、もしくは魅力的な書類を作る余裕がなくなる原因になります。

確かに、生活費などもかかっている転職活動は精神的にストレスがかかるでしょう。

ですが、この追い込まれているからこそ、自分に合った企業を選ぶために自己分析を入念に行ったり、自分の実現したい将来をしっかりと見定めることが必要なのです。

 

安易に応募数を増やしすぎてしまうと、最終的には「転職しなければよかった」「前の会社の方が良かった」などの後悔を引き起こしてしまいます。

まずは転職活動に焦りを感じているのであれば、焦りを感じているかこそ、

  • 自分は何をしたいのか
  • 自分のスキルは何なのか
  • どのスキルを活かしたいのか
  • 将来はどんなことを実現させたいのか
  • 転職先に譲れない条件は

などのように、冷静に分析していくことが大切です。

 

書類選考でうまくいかない人の特徴3選

ここでは、書類選考でよく振り落とされてしまう人の特徴を解説していきます。

書類選考の段階でよく振り落とされる場合は、ぜひ参考にしてみてください。

 

書類選考で落ちてしまう人の特徴は以下になります。

  • 写真の移りが悪い
  • 文章が読みにくい
  • 自己PR・志望動機が魅力的でない

それぞれ詳しく解説していくので確認していきましょう。

 

写真の移りが悪い

まず、履歴書や職務経歴書などこだわりがない人は、証明写真がおろそかになっている傾向があります。

できるだけ、機械で撮影したものより、プロのカメラマンに撮影してもらったものを転職の書類には使用しましょう。

 

人の見た目というのは少なからず、その人の印象を有利になったり不利になったりします。

美人の方が生涯賃金が高くなる研究結果もあります。

ここでは、元の顔をとやかく言いたいのではなく、爽やかな雰囲気を写真で出したりの最低限のこだわりが必要だということです。

 

書類の内容で勝負できるのは人事部や採用担当者の人が、証明写真などの見て「この人は良さそう」と判断した後です。

写真写りが悪かったりすると、どうしても履歴書や職務経歴書を最後まで読んでもらったりしても、「この人はダメな人」とレッテルを張られてしまい内容が頭に入りずらくなります。

まずは書類類の証明写真にこだわり、できるだけ「良い人そう」だと思われることが書類選考では重要になります。

 

文章が読みにくい

文章はできるだけ読みやすい構成にしましょう。

どうしても、わかりずらい文章だと、内容を理解するのにストレスがかかり、内容が良くても読み手に伝わりずらくなってしまいます。

文章を読みやすくするポイントとしては、以下の5つのポイントを押さえると良いでしょう。

  • 一文を「、」などを使いすぎない
  • 表現はイメージがしやすい
  • できるだけわかりやすい言葉で
  • 口調「です」「ます」や主語「私」で統一されている
  • 主張に一貫性がある
  • 字数は約300字

もし、転職エージェントを利用しているのであれば、添削もしてもらいましょう。

転職エージェントを利用していないのであれば、友達や家族に読んでもらい、わかりにくい表現はないかを確認してもらうようにしましょう。

 

上の6つのポイントを守ることによって、読み手側にできるだけストレスを感じさせない文章を作成することが可能になります。

読み手に「簡単にスラスラ読んでしまった、だけど魅力を感じた」と思われるような文章を目指しましょう。

 

自己PR・志望動機が魅力的でない

次に自己PRや志望動機の内容自体が魅力的ではないパターンです。

どれだけストレスの感じさせない文章を書こうとも、魅力的でない内容の場合は書類選考を通過することはできません。

自己PRや志望動機などの書き方もさらに細かく解説すれば、気にしないといけない部分はたくさんあります。

 

ここでは、そんな文章の内容を書く上で一番重要になるところを紹介します。

それは、自分本意ではなく、企業の目線になって書いていくということです。

この考え方は特に、未経験の職種にチャレンジしたい方には必須のスキルになります。

 

企業にも少なからず、採用する人材像というの求人を募集した時点で設定されています。

例えば、自分の任された仕事を責任もって黙々としてくれる人材を求めている企業に対し「周りをまとめてみんなで協力できる」という自己PRや志望動機を書いても、企業はそんな人を欲しいとは思わないわけです。

応募した企業側が「仕事を責任もって黙々としてくれる人が欲しい」と思っているのであれば、応募者側の自己PRや志望動機もそのニーズに合った内容を作成しないといけないのです。

 

この企業側の目線に立って、自己PRや志望動機を書いていくというのは、文章の構成であったりのテクニックをこだわるよりも重要になってきます。

どんなに文章構成が優れていても、企業が求めていない内容だと、文章構成がガタガタだけど企業が求めている内容に負けてしまうのです。

まずは企業側がどのような人材を必要としているかを把握して、どのような内容を書いていけばいいのかを履歴書や職務経歴書の作成の時にはこだわってください。

 

面接でうまくいかない人の特徴5選

ここでは、書類選考などはうまくいくのに、面接でいつも落とされてしまう人の特徴について解説していきます。

面接で落とされる人の特徴は以下になります。

  • 面接のマナーがなっていない
  • 対応力がない
  • 企業に雇ってもらうメリットを伝えきれていない
  • 深掘りされたことに答えれない
  • 面接のマナーがなっていない

それぞれ詳しく解説していきますので、面接で落とさられてしまうことが多い人はしっかりと対策していきましょう。

 

面接のマナーがなっていない

当たり前ですが、面接を受ける者としてのマナーがあります。

中途採用は研修がほとんどないので、ビジネスマーの指標としている企業も多々あります。

社会経験が長い人ほどこういった基本のマナーをできていると思ってしまいがちになります。

 

例えばですと、ドアをたたく回数や席へ座る時のマナーなど探せばたくさんあります。

マナーに関しては100%自信があるという場合であれば、気にする必要はありません。

 

ただ、少しでもマナーに関して疑問に思うところがあるのであれば、本などで確認してもいいですし、転職エージェントで質問しても構いません。

当サイトでも以下の記事で面接のマナーについては、かなり基本的な部分から詳しく解説しているので参考にしてみてください。

転職者は知らないと損!90%の印象が決まる面接マナー20選

  転職で面接マナーを軽視してしまうと、どんなに良い内容を担当者に伝えたとしても、内定を貰うのが難しくなります。   「うまく自己PRを言えたのに落ちた」「終始、面接官の機嫌が悪か ...

続きを見る

 

対応力がない

面接というのは常に用意した回答だけで、面接官の質問にすべて答えれるというわけではありません。

 

質問の中には「こんな質問をされるとは!」と思わず焦ってしまう場合もあるでしょう。

企業の用意した質問には大抵の場合「質問してくる意図」があります。

もちろん、不意に意図がわからない質問には答えようがないです。

 

ですが、せめて自分の回答に関しては、どんな角度から質問されても答えれるようにはしておきましょう。

面接においての対応力は大抵の場合、自分と応募した企業のリサーチをどれくらいするかによって決まってきます。

自分の軸をできるだけ深く理解し、自分を魅力的に語れるかです。

 

「自分だったらこうする」という常にブレない考えがあると、企業も納得してくれやすくなります。

また、時事ネタを話題にした面接官もいるので、スマホや新聞で常に世の中の動きというものはチェックしておきましょう。

 

企業に自分を雇ってもらうメリットを伝えきれていない

これは面接で自分をどのようにアピールするかについてです

どうしても面接は緊張してしまいます。

 

緊張しないというのも、企業側からすれば「なんで堂々としているんだ?」という不信感を与えてしまう可能性があるのでおすすめはしません。

ですが、緊張しすぎてしまうというのも、話す内容を忘れたり自分のアピールポイントがわからなくなるので気を付けたほうが良いでしょう。

特に、用意していた質問の答え通りに応えられなくなる人は注意が必要です。

 

目を見て話すのが苦手なのであれば、眉間を見たりする工夫をしましょう。

話す内容が飛んでしまうのであれば、忘れないくらい練習してください。

練習方法としては、ひたすら面接の場面を想像して、用意している回答を話すのがおすすめです。

 

この時にできるだけ、面接の場面であったりを鮮明に想像して行うことで、本番の面接でも用意した回答をしっかりと答えれるようになります。

本当は、転職エージェントの担当の方に頼んで模擬面接などをしてもらうのが良いのですが、企業に応募するたびに模擬面接ができるわけではありません。

一人で練習するときは、できるだけ本番さながらの練習をしておけば、本番でも過度の緊張を防ぐことができます。

 

深掘りされたことに答えれない

「対応力がない」でお話したことと若干似ている部分がありますが同じではありません。

対応力というのはいわば自分に関してのトピックを横に広げられた時のことです。

 

反対に、深掘りというのは自分の回答を縦に深く掘り下げられ場合です。

面接では、あなたが面接官に応えた質問に対し、深掘りの質問をしてきます。

この質問に答えられない場合、面接官から考えが浅い人などという印象を与えてしまい、内定から遠ざかってしまいます。

 

この対策で、必要になるのが自分の内面をいかに深く掘り下げられているかということです。

職務経歴書で書いた自己PRや志望動機などに対し、5W1Hの質問で自問自答する作業を行ってください。

5W1Hとは?

  • なぜ
  • いつから
  • 誰と
  • どこで
  • どうやって

この質問を自分の作成した職務経歴書にできるだけ質問していってください。

この確認作業で答えれなかった場合、本番の面接で深掘りされた時に応えることが難しいと想定できます。

しっかりと回答を考えておくと良いでしょう。

 

内定を貰うための転職者の必須マインド

ここでは内定を貰うためのマインドを紹介します。

人というのは考え方ひとつでガラリと雰囲気が変わります。

 

例えば、あなたが面接官だとして、持っているスキルは同じレベルの人が2人対応したとします。

1人は以下のようにポジティブと熱意に溢れて答えたとします。

「御社では○○に従事、○○のスキルを活かしていきたいと思います」

そして、もう1人はよそよそしく以下のように答えたとします。

「私の今まで培った○○のスキルは御社で活躍できるかわかりませんが、頑張ります」

当然、面接官からしても前者の方が印象が良く映るはずです。

このように、同じスキルの持ち主でも見え方が変わるのは、細かく言えば口調や姿勢などになります。

この口調や姿勢というのは、本人の持っているマインドが影響してきます。

 

いわば、マインドをしっかり持っておかなければ、どんなに自分のスキルを持っていても上手く伝えるのが難しいということになります。

こういったマインドの部分で、落とされる人は少なくないので、しっかりと自分の心と向かい合いましょう。

転職活動をうまくいかせるために必要なマインドは以下になります。

  • ポジティブである
  • 全てに100%の力を入れない
  • 内定へと近づいていることを自覚している

それぞれ詳しく解説していきますので、自分のマインドが転職を有利にするものなのか確認してみてください。

 

ポジティブである

転職活動は常に不安と隣り合わせです。

内定を思ったより取れない時、どうしてもネガティブになってしまうことでしょう。

ですが、ネガティブな状態で面接などを受けてしまうと、面接官にも暗い印象を与えてしまうリスクがあります。

 

自分がネガティブな状態だと感じたら、スポーツや自分の趣味に時間を当て気分をリラックスさせましょう。

そして、自分の気分がポジティブになった時に転職活動を再開していけばいいです。

 

全てに100%の力を入れない

たまにの息抜きは、転職活動にも必要です。

どうしても頑張りすぎてしまうと先ほど紹介したように、ネガティブな感情が生まれてしまいます。

転職活動は短期間で決めたいと思いますが、力み過ぎずマラソンに似ていると考えてください。

 

普段は自分のコンスタントに良いパフォーマンスを出せるくらいにセーブして、本番の面接などだけ全力を出すイメージで良いでしょう。

転職活動で常に全力疾走していては気持ちが持ちません。

もちろん、短期間で転職を終わらせたい場合はそれなりの労力が必要になってきます。

 

ですが、転職がうまくいかないと思い始めた時がガス欠の合図で、頑張りすぎているという証拠です。

うまくいかないと感じたときは転職活動のペースを落としたり、自分の体力を回復させるようにしましょう。

 

内定に近づいてると自覚している

常に転職活動中は内定に近づいていると思ってください。

面接で例え落とされても、それは自分に何か落とされる要因があったということです。

この落とされる要因を修正していけば、自ずと内定を貰える人材になっていきます。

面接で落ちても、すぐに気持ちを切り替えて「どこが悪かったのか?」という次の面接に焦点を当てていきましょう。

 

もっと転職をもっとうまくいかせるには

転職をもっと生かすには、転職エージェントの利用をおすすめします。

もちろん、本記事で解説したことを実践してくれれば、限りなく内定を貰える可能性は上がります。

ですが、もっと具体的な自分専用の解説が欲しいと感じている方も多いはずです。

そんな時は転職エージェントを迷わず利用していきましょう。

 

転職エージェントは面談を通し、あなた専用のアドバイザーが内定を貰うための的確なアドバイスをしてくれます。

自分では気づいていなかったマイナスな部分も見つかるかもしれません。

以下がそんな優秀なアドバイザーがいると当サイトで調査し、おすすめだと言い切れる転職エージェントになります。

サービス名 特徴
リクルートエージェント 支援実績から的確なサポート受けるのであれば
doda アドバイザーが平均的に優秀、支援実績も多数あり
マイナビエージェント 20代の信頼度No.1
type転職エージェント 満足度の高い手厚いサポートに定評あり

転職エージェントを利用する注意点としては、できるだけ転職エージェントを利用する時は複数登録するようにしましょう。

転職エージェントのアドバイザーによっては、営業感の強い方もいます。

 

どのエージェントサービスでも少なからず、営業を感じたという利用者の口コミは見られました。

複数登録して、しっかりと自分に合った転職エージェントを選んでください。

転職エージェントを詳しくまとめたページはこちらです。

【2019年最新】おすすめ転職エージェントランキング16選!人気の転職サイトと比較!

  最近では、転職エージェントや転職サイトの登録は転職活動に必須です。 ただ、転職サイトやエージェントは探せばたくさんあり、どれが自分に合っているのか判断しずらいのが現状です。   ...

続きを見る

 

最後に、、、転職はしっかり対策すればうまくいく

転職活動がうまくいかなくても、しっかり対策を取っていけば次第にうまくいくようになります。

その為には自分がどのがダメだったのか、本記事でしっかりと確認してください。

 

また、早く転職活動をうまく進むようにしたいのであれば、転職エージェントを利用するようにしましょう。

転職エージェントを利用すればピンポイントで、あなたが知らずにつまずいているポイントをアドバイスしてくれるからです。

おすすめ転職エージェントをまとめた表は以下になります。

サービス名 特徴
リクルートエージェント 支援実績から的確なサポート受けるのであれば
doda アドバイザーが平均的に優秀、支援実績も多数あり
マイナビエージェント 20代の信頼度No.1
type転職エージェント 満足度の高い手厚いサポートに定評あり

また、転職エージェントは非公開求人が多いので、同じ企業に応募しているライバルが少ないというところも利用する上で魅力の一つになります。

転職活動にめげずに、納得いく結果を貰っていきましょう。

転職エージェントを詳しくまとめたページはこちらです。

【2019年最新】おすすめ転職エージェントランキング16選!人気の転職サイトと比較!

  最近では、転職エージェントや転職サイトの登録は転職活動に必須です。 ただ、転職サイトやエージェントは探せばたくさんあり、どれが自分に合っているのか判断しずらいのが現状です。   ...

続きを見る

-転職知識

Copyright© 就活と転職情報が集うキャリアの城 , 2019 All Rights Reserved.